FC2ブログ

【3851】190202 横浜のM氏邸レコードを聴く会(4)シングル盤すげえ!・・・(^^; 

さて、3年振りの横浜のM氏邸でのレコードを聴く会は、場所をご自宅近くのワイン教室「Le Salon」に変え、これに伴ってシステムもパラゴンからMcIntosh中心の新たなシステムへ・・・

そのサウンドは、パラゴンよりさらにライブ体験そのままのようなご機嫌空間に・・・(^^;

で、横浜のMさんのSadeにはじまり・・・I師匠ご持参のレコードコンサートを一通り終え・・・おつぎはIBさんの番へと・・・

今回のIBさんは、シングル盤をテーマに・・・

【IBさんご持参のシングル盤】
3851-01IBさんご持参のシングル盤

っと、IBさんが持参されたシングル盤を・・・センターのグランドピアノの上に並べられたんですが・・・いきなりビックリ!(@@;

ジャケットが白いもの大半で・・・さらにレーベルも白く手書きのものが大半で(汗・・・どうやら、テストプレスやプロモ盤って貴重な盤が目白押しなようで・・・(滝汗

で、いよいよIBさんの演奏タイムスタート!ってことに・・・と、IBさんが・・・最初はちょっと珍しい33回転のシングル盤で・・・スーパーフライのマニフェスト・・・

2007年のJ-POPシーンに強烈なインパクトを与えたセカンドシングルで・・・元々のSuperflyのROCKな側面を前面に出したパンチのある楽曲!・・・(^^;

冒頭のぶっとい音のベースにギターとドラムがうねり出し・・・ボーカル志帆のダイナミックでパワフルな歌が炸裂!・・・いやあご機嫌なサウンド!すげえ!(^^;

【IBさんのダンシングコンダクト?】
3851-02IBさんのダンシングコンダクト

と、IBさんものっけからノリノリで、正にダンシングコンダクトな状況で・・・皆さんもガンガンに体が動き出す!・・・(^^;

で、曲が終わって、高揚感冷めやらぬままに・・・IBさんから・・・つぎはビーチボーイズのプロモ盤なんですが、音はもう一つでと・・・サーフィンUSAを再生・・・

いやいや、冒頭のお馴染みのギターもクリアでボーカルもコーラスもドラムもご機嫌で・・・一気に南国日差しを浴びつつビーチで野外ライブの様相!・・・音がもう一つなんて、全然いいじゃないですか!・・・ってプロモ盤にしてはってこと?・・・(滝汗

で、つぎはパラゴン用に持って来た盤なんですがと・・・システムが前回と同じパラゴンを想定して持って来られたとのことで・・・

と、横浜のMさんが・・・これはネオパラゴンだよと・・・と、皆さん、確かにそう言う感じですね!と・・・σ(^^)私的には、よりいっそう極上PAでライブを聞いてる感じで・・・(^^;

でかけられたのは・・・サムクックのブルームーン・・・

ほう!・・・やっぱネオパラゴン凄いですね!・・・やっぱシングル盤の鮮度とエネルギー感をこの広い部屋でPAのごとくに鳴らされると・・・部屋の響きが加わって、正にライブを聞いてる感じに・・・

と、おつぎは・・・マイルスの死刑台のエレベーターを・・・

おおお!・・・モノーラルながら、やはり部屋の響きと相まって・・・まるでライブ会場で聴いてる雰囲気・・・トランペット響きがめっちゃかっこよく心地いい!・・・これでセンターにスクリーンがあれば、それこそ当時の撮影シーンに・・・

皆さんも感心仕切りで・・・いいですねえ!凄いですねえ!の連発・・・(^^;

で、おつぎは・・・おおおおお!冒頭のキーボードの音で一気に盛り上がる!・・・ライオネル・リッチーのセイ・ユー・セイ・ミーが・・・

なんて鮮度!・・・ねんてキレのいい太く綺麗なサウンド!・・・やはりライブさながら!・・・シングル盤ならではのインパクトのある音作りもあるのでしょうけど・・・盤自体の力も相当あるのでは?と思わざるを得ない鮮度と実在感!

曲が終わると、自然と皆さん拍手を・・・で、これはいいなあ!これは素晴らしい!と大絶賛

で、つぎはマイケルの素晴らしく綺麗なボーカルを聞いて下さいと・・・かけられたのは、She's out of My Lifeで・・・ひえ~!んと言う澄んだ声のバラード・・・めっちゃ綺麗!

これまた曲が終わると、皆さん拍手!・・・これは素晴らしい!凄い!・・・なんでCDはこう言う音がしないんだ?と・・・(^^;

と、IBさんが・・・余りにネオパラゴンのステレオフォニックがよかったので、1曲挟みますと・・・かけられたのは、ランディ・ヴァンウォーマーのJust when I Needed you most・・・

うわっ!懐かしい・・・ランディ・ヴァンウォーマー!・・・アルバムタイトル曲、邦題アメリカンモーニング・・・σ(^^)私も大好きでこの曲の入ったアルバム持ってます!(^^;・・・でもこんなクリアで鮮度高くはなくて・・・やっぱ飛びっきりのシングル盤の力は凄い!(@@;

余りの懐かしさ・・・そういえばこの頃、J.D.サウザーのユア・オンリー・ロンリーと交互にヘビーローテーションだったなあと思い出に浸りつつ・・・

ああ、一気に最後まで行きたかったんですが・・・ちょっと無理・・・m(_ _)m

なので・・・つづきは次回へ・・・(滝汗

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3957-0edb08c2