FC2ブログ

【3806】181124 オーディオセッション大阪(2)閑話休題?・・・(^^; 

さて、オディセッション大阪のトップバッターは昨年同様にSONYのブースで新しいプロジェクターのデモと言うことで・・・

昨年はVPL-VW745って上位機種メインだったのですが・・・元々もう一つ上のクラス?の1000、1100のガラスレンズのクオリティが欲しいとのユーザー要望に応えて、今回5000番と同等のレンズでVPL-VW855が登場したと・・・で、170諭吉が300諭吉に・・・ビックリ!(@@;

価格的にもJVCのZ1に対抗するクラスってことなんでしょうね・・・デモの中でも結構JVCのプロジェクターをライバル視した説明をされてました・・・(滝汗

で、デモの内容を細かくおさらいしようかな?とも思ったんですが・・・

ちょっと体力、気力的に厳しいので・・・スパッと省略?することに・・・(滝汗

と言うのも・・・プロジェクターの価格が、完全にアウトオブ眼中になっちゃって(汗・・・JVCにしてもSONYにしても、エントリーが50諭吉前後・・・次が100諭吉前後・・・200諭吉弱・・・で、その上が300諭吉台ってことで・・・(@@;

でもって、両社4Kネイティブになったってことは・・・これに応えるスクリーンも要るわけで・・・プラス20~40諭吉ってことに・・・(大滝汗

それに・・・σ(^^)私的には、4Kネイティブのプロジェクターを持つなら、それを活かせるソースが必要なわけで・・・UHDのメディアの価格を考えると・・・う~ん(汗

確かに、4K環境に音の再生系もDolby AtmosとかDTS-Xとかをそこそこ整えると、映画館を越える環境になると認識してるですが・・・

少なくとも、絵の4Kクオリティに対応するなら、隣近所を気にせず音量が上げられないと意味無くて・・・うちのような集合住宅では全く無理・・・(滝汗

となると・・・レンタルのBDとか亜麻損プライムをフルHD+なんちゃってサラウンドでもいいかなあ?なんて・・・ああ、元も子もない・・・(滝汗

で、そんな立場から・・・夢的思いで考えると・・・見ちゃったらやっぱZ1や855のクオリティのレンズでないと・・・で、あとはどっちの絵が好きか?ってことになりますかね?(^^;

ま、SONYの担当者さんが言ってた話からの印象としては・・・映画製作スタジオのモニター的な絵を出そうとするSONYに対して、絵作り路線のJVCって感じかな?と・・・

で、音でも行き過ぎ系が好きなσ(^^)私的には・・・両方のいいとこ取りがあればと(滝汗・・・そう言う意味で、もう対向するメーカーがありませんが・・・ネイティブ4KのDLPパネルのプロジェクターが出てくればいいのにと・・・(^^;

でもって、現実的には・・・ホントのエントリークラス20~30諭吉くらいに、4K技術がこなれた頃の絵のレベルに並ぶネイティブ4KのDLPパネルの製品が出てきたら・・・

それまでは・・・プロジェクターは今のままでも、スクリーンをOSのレイロドール辺りにすればまだまだ当面は全く不満は出ないかな?と・・・(滝汗

で、悩ましいのは・・・そうこうしている内に有機ELの大画面の歩留まりが上がれば・・・そっちの方が候補に浮上してくるかも?・・・って何年先を夢見てる?(汗

と言うことで・・・ホントは熱い思いがあるものの・・・資金面では選択と集中を余儀なくされる環境では・・・優先順位を落とさざるを得ない・・・とほほ(;_;

で、オーディオ面でもシアター面でも・・・現在の一番の課題は・・・部屋・・・(滝汗

っとっとっと・・・ショウの話からちょっとぶっ飛び過ぎですね(汗・・・なので本来の続きに戻ろうかと・・・(^^;

と、SONYのブースでは・・・見ちゃうとZ1や855クラスのレンズ性能のレベルが欲しいな・・・けど、今は我慢(ずっと無理)・・・このクオリティがエントリークラスに降りてくるのを待つしかないな・・・って言い聞かせつつ・・・(爆

SONYのブースを出ると・・・大佐とnaskorさんにバッタリ・・・(^^;

で、何年振りかでお会いするnaskorさんとちょっとお話しして・・・また遊んでくださいねって・・・で、大佐から前に伺った時忘れたCDを受け取って・・・それじゃあまたと・・・

でもって、元のメンバー・・・モモンガさんとオルフェさんとdaisiさんで・・・じゃあ上から聞いて回りましょうかと・・・(^^;

ってわけで、7階から順に・・・まずはフォースのブースで・・・

【フォースのブースで】
3806-01フォースのブースで

IKEDAのアームを使ったプレーヤーでアナログを・・・前日のハイエンドとは違ったエネルギー感重視の濃くって楽しいサウンドで・・・流行のMMカートリッジなんですね・・・(^^;

【モニカ・ゼタールンド&ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビー】
3806-02モニカ・ゼタールンド

で、モニカ・ゼタールンド&ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーをチラッと・・・(^^;
でもっておつぎは・・・ネットワークジャパンのブースへ・・・

【ネットワークジャパンのブース】
3806-03ネットワークジャパンのブース

クアドラルのSPでクラシックがかかってて・・・いつもながらに纏まりのいいバランス(^^;

で、つぎは・・・あ、時間切れ・・・スミマセンm(_ _)m・・・寄り道が過ぎましたね(汗

つづきは次回へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

MQAの対応状況その他

2会場の詳しいレポートありがとうございます。オーディオセッションの方も、風邪が長引いており、ざっと見るだけで帰りましたので、参考になりました。MQAの対応については、いくつかのメーカー、ディーラーのブースで質問してみましたが、大半は様子見ということで、すでにレンダラーとして対応している製品のディーラーでも、ファームウエアーの更新情報はHPを見て勝手にやってくれみたいなことで、やる気があるのか、ないのか分からない状況でした。あるメーカーのブースでは、相談窓口の電話が繋がらないというクレームを言いましたが、一方的に情報発信はするが、本当に確かめたい情報を得るのに苦労するのは、この業界の悪いところです。その情報発信についても、Mt.T2さんのレポートにありますように、動作原理やファームウエアーの設計内容を理解しないまま、質問をしても間違った回答をしたり、ユーザーの方で良いと思われる使い方をしてくれというような丸投げみたいな売り方をしている例もあって、困ったことです。

Re: MQAの対応状況その他

酒仙坊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
オーディオセッションは、アクセサリーや製品の金額が比較的小額?なので、共同ブースが多く、担当者が混在していたり、技術的に詳しくない担当だったりすのは仕方ない面もあると思いますが・・・勢いのある伸び盛りの業界では余りぞんざいな対応や、やる気を感じない対応はありえないですね(^^;
と言うか、海外製品の担当ってのが大きいのかも?・・・国内のガレージメーカーには情熱溢れる方が多いですもんね(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3911-1fb0d154