FC2ブログ

【3801】181123 大阪ハイエンドショウ2018(2)・・・(^^; 

さて、5階へ降りて・・・最初はアブサートロンですかね?・・・

【アブサートロンのブース】
3801-01アブサートロンの1

最初は、真空管アンプでウェストレイクオーディオのブックシェルフを鳴らしてて・・・ジャズを太く濃い艶っぽい音で、ちょっとおっ!と思ったんですが・・・σ(^^)私的には、ちょっと癖が強い印象で・・・惜しい!(汗

で、同じくアブサートロンの手前の部屋は・・・いつもと同じく

【ボルダーだけど】
3801-02アブサートロンの2

アンプはボルダーで、SPはウェストレイクすけど・・・

【アナログ鳴らしてフォノイコを】
3801-03ここがアナログを?

何と、送り出しはレコードで・・・今回の売りはフォノイコ?・・・愛のコリーダがめっちゃビシッと結構ノリノリで鳴ってて・・・

【巨大パワーでウェストレイクを】
3801-04ウェストレイクで

プリとパワーは、去年見た等高線デザインのボルダーのセパレートコンビですから・・・誇張のないしっかりしたスピードの速い音で・・・σ(^^)私的には、SPが今時のガチガチ系ならもっとアンプのポテンシャルが出て、ハイエンドならではの世界をあじわえるのでは?と・・・

ま、音楽的にどうか?ってことで木のスタンドに置いてるのかな?・・・ならば見た目通りハーベス辺りを鳴らすと面白いかも?って思っちゃいました・・・って、結局ボルダーが割りに好きなんですよね・・・(^^;

で、つぎは・・・同じ5階の別部屋でアクシスのブースへ・・・

【エアーのアンプで】
3801-05アクシスのブースで

タンノイみたいな同軸ユニットにウーファーを付けたファインオーディオ?の20諭吉程度のSPをエアーのアンプで・・・

【送り出しはファイル】
3801-06ファイル再生をエアーで

送り出しはファイルで・・・どこのねとワークプレーヤーーかDACか知りませんが・・・エアーのプリで鳴らしてました・・・

音友達の皆さんは、価格からするとSPが頑張ってるなと好印象でしたが・・駆動系がお高いのと・・・・σ(^^)私的にはちょっとツーターの個性と低域ふくらみが気になって・・・(滝汗

つぎは・・・ハーマンのブースでJBLとレビンソンの部屋へ・・・

【JBLの4312?】
3801-07JBLを

お馴染みのJBLの小型モニターを・・・レビンソンで・・・

【レビンソンで】
3801-08レビンソンで

確かアナログを鳴らしてたかと思うんですが・・・何かピント来ない?・・・(滝汗

で、4階へ降りて・・・まずはヨシノトレーディングへ・・・

【ヨシノトレーディング】
3801-09ヨシノトレーディング

ブルーノートのJazzをクリアオーディオのプレーヤーで・・・EARのアンプでLS3/5Aを・・・安心できる音で鳴らしてました・・・(^^;

でおつぎは・・・メースのブースで・・・

【メースのブース】
3801-10メースのブース

アナログを・・・エアフォース3?だかお安くなったけど、お高いプレーヤーで・・・ハーベスを鳴らしてて・・・非常に繊細で艶っぽく綺麗な響きで鳴ってて凄く好印象・・・これはひょっとして?と思ったら・・・マイソニックのシグネチャー・プラチナムに昇圧トランスもSTAGE1030で・・・ま、納得と言うか・・・ちょっと送り出しが反則級過ぎますね・・・皆さんも音は絶賛されてました・・・(^^;

【アキュフェーズのブースは】
3801-11アキュフェーズ

おつぎは・・・アキュフェーズのブースで・・・今年はSPがモニターオーディオ?・・・

【モニターオーディオのフラッグシップ】
3801-12モニターオーディオのフラッグシップ

印象としては・・・モニターオーディオのフラッグシップのポテンシャルが高そうで・・・これを鳴らす部屋があればいいなあ・・・(^^;

で、おつぎは・・・ラックスマンのブースで・・・

【ラックスマンのブースで】
3801-13ラックスマンのブース

ビートルズのホワイトアルバムが鳴ってて・・・足を止めたら・・・

【ホセジェームスを】
3801-14ホセジェームスのレコードを

すぐに、つぎの盤・・・ホセジェームスに・・・音はちょっと・・・でも、このアルバムは凄く興味が・・・でも、今のレコードはお高いんですよね・・・(^^;

っと、続きは次回へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

メースのデモ

メースのブースのハーベスのスピーカーは良かったですね。カートリッジとトランスは、Mt.T2さん記載のとおりで、ターンテーブルがAir Force V、アームがグラハムエンジニアリング、プリアンプ(フォノイコ)とパワーアンプはEARだったと記憶しています。これまでのハーベスのデモやEARのデモで聴いたことのない、アナログの極致みたいな音を出しており、ハーベスのポテンシアルを十二分に引き出していたと思います。当日は風邪が長引いており、ざっとみてすぐに帰りましたが、ここだけは印象に残っています。

Re: メースのデモ

酒仙坊さん、補足情報をありがとうございますm(_ _)m
トランスの情報も当日、酒仙坊さんからお聞きしたものです(汗
送り出しで現代の技術を最大限に活かし、アンプ~スピーカーで音楽の楽しさをを構築するという現代ハイエンドと音楽性の両立をした上手な鳴らし方ってことですね・・・(^^;
ちなみに、σ(^^)私の動向の音友達の皆さんも、こちあのブースの音は絶賛されてましたので、こう言うサウンドは、個人の方向性に関係なく普遍的によいと感じるサウンド傾向ってことなんだなと思った次第です(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3906-183a684e