FC2ブログ

【3793】181101 この日届いたレコードで久々のアナログ?・・・(^^; 

さて・・・気付けば、あれだけアナログ一辺倒だったのに・・・そう言えばこのところ結構デジタルソースを聞いてますね・・・(汗

ああ、そうか昨年、長らく悩み続けた・・・ユニットまで弄り過ぎて眠い音になってしまった拙宅システムの現状を聞いてもらおうと、5年振りに行った音会・・・

これに向けた準備の過程で、急激にデジタルソースの再生が増え・・・拙宅音会で、眠いと感じるのはσ(^^)私の耳の趣向がシステムのキャラクターと違うからだと認識したこと・・・

合わせて、この頃オルフェのサンバさんが急遽、外部クロックに目覚められ・・・余り深みに嵌らないようにと・・・クロックの影響の実際が、クロック自体よりケーブルやチューニングよるところが大きいってことを体験してもらおうと・・・ネットでゲットした二重恒温槽式OCXOモジュールを使って簡易的な外部クロックを製作して実験をしたこともあって・・・

で、一気にデジタル音源を聞く機会が増え・・・ずっとアナログ中心に聞いてきた耳に、中高域のソリッドなデジタル音源が、逆に心地よく感じた?・・・

そんな流れから、どんどんアナログとデジタルの聞く比率が逆転して行った・・・(汗

で、そこへDUSSUNの導入~SOULNOTEへのチェンジと・・・メインシステムの変更によって、サウンド傾向も改善が図れたのも合わせ・・・いっそうデジタルが心地よく鳴るように・・・

と、夏におやじが亡くなったことで、一時期レコードをかける余裕が無くなって・・・一時はほとんどCDばかり聞いていました・・・

そんな中で、時折デジタル再生の客観的な確認のためにも、レコードを聞くようになってきまして・・・(滝汗

なんて、長々と後付けのいいわけ?を考えましたが・・・(^^;

久々に、これ聞きたい!ってレコードを見つけてゲットしたのが、こちら・・・

【届いたレコード】
3793-01この日届いたレコード

女声ボーカルばかり4枚・・・あ、最初の左上エラ&ルイは男声とのデュエットか・・・(汗

で、このエラ&ルイから聞いてみると・・・うん、以前に比べるとかなり鮮度感も感じられる音にはなったかな?と(汗・・・

でも、それゆえ、過去に聞いたこの音源の一番インパクトを受けたサウンド・・・ヒモのお師匠さんのGabacho邸で聞いたUSの4トラミュージックテープの音・・・σ(^^)私の生まれる10年以上前の録音を最近録ったかのように感じた生々しさが思い出される・・・(滝汗

ま、眠くてそんなことすら感じれなかったところから、鮮度感や生々しさをイメージできる(くれぐれも再現出来るじゃないので)・・・ってところまで来たことを喜ぶべき!・・・(汗

それに、集合住宅の禁断を破り?・・・もっと音量を上げれば、結構気持ちよく聞けるようにはなって来たことですし・・・(^^;

つづいては、右上・・・ヘレンメリルの来日記念盤・・・ユード・ビー・ソー・ナイス・・・

どうしてもこの人のこの曲となると・・・Withクリフォード・ブラウンを思ってしまうので・・・どうにもイメージが・・・ちょっと軽快なアレンジで・・・う~ん(汗

それに、先のエラ&ルイよりレンジは広いんですが・・・うちのシステムでは、結構高域が眠い録音に感じられて・・・SOULNOTE導入で改善したはずの鮮度感が感じられない(滝汗・・・ま、自然で濃くて滑らかって言い方が出来ないわけでもないのですが・・・

で、おつぎは・・・エセル・エニスのワンス・アゲイン・・・

1964年録音の米盤で・・・う~ん、これも思った程の中高域の明晰さが感じられない・・・あれれ?・・・いつの間にかデジタルソースの刺激性に慣れてしまったのか?・・・確かに濃さや太さや滑らかさはアナログならではなんだけど・・・どこか針先にカーボンスラッジでコーティングされたような曇りに繋がる印象が・・・針先は綺麗なんですが(滝汗・・・で、音量上げたら・・・あら?ちゃんといい感じに鳴る!・・・ってことはまだまだ上手く鳴らせてないってことなんですね・・・(滝汗

で、最後は・・・エタ・ジョーンズのドント・ゴー・ツー・ストレンジャーズ・・・

1960年録音の・・・1964年再発米盤・・・これも先のエセル・エニスの録音の雰囲気に似てますけど・・・ちょっぴり中高域が明晰で・・・でも、やっぱりもっとちゃんと鳴らさないと、多分音源のエネルギー感の半分も出ていないんじゃないのか?って思える程度で・・・(滝汗

ってわけで・・・久し振りにアナログを聞いたら・・・中高域の鮮度感って思い込むほど?デジタルの刺激に慣れてしまってた・・・ってことなんですかね?って話でした・・・(滝汗

次回は・・・映像系のお出かけの話?・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3898-79f0cdca