FC2ブログ

【3762】180909 daisi邸音会(7)音楽モノのサラウンドって?・・・(^^; 

寝不足なのに・・・年末進行でヘロヘロなのに・・・また見てしまった深夜の再放送(滝汗
がんばっておさらいのつづきを・・・ちょっとだけ?(汗


さて、トークタイムのおさらいで、思いの外いろいろ新しい気付きや考えること、興味深いことがつぎつぎと・・・で、取り留めなく備忘φ(..)メモに・・・

ベテランアーティストの作品は、年を経ることでドンドン変化するってことで・・・これは非常に興味深い話・・・ま、本人不在のリミックスとは全く違う次元の音の変化ですね・・・(^^;

と、ここでdaisiさんがかけられたのは・・・おなじみ耳タコ音源・・・10ccのI'm not in Loveをファイル再生・・・

ああ、これは普通のCDの音・・・シュワシュワ感の度合いからするとリミックス盤のサウンドのような気が・・・でも、出音は初期盤的な音調?・・・つまりは、アナログライクな自然なバランスと解像度で・・・曲本来の心地よさに浸れるなって感じで・・・(^^;

で、それじゃあ今度は・・・BD-Audioのサラウンドマルチをとスクリーンも降ろして・・・

と、daisiさんが・・・ビートルズのサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの50周年盤にリミックスの5.1chが入って、音楽の5.1chが意外に面白くて・・・とのことでOPPOで再生を・・・

ああ、なるほど、こちらは音を回すタイプ・・・やっぱりサラウンドだと全体の音の質が底上げされた感じになりますよね・・・劇場用SPがメインなので鳴りっぷりはご機嫌なんですが、2chだとたまに粗さも感じることがありがち・・・でもサラウンドにすると、SP1本当たりが担当する情報が減るからか?SN感や解像度が上がっていいですね!・・・(^^;

ちなみに・・・うちにある黄色いBoxのLOVEにもDVD-Audioの5.1chサラウンドが入ってました・・・と、daisiさんちのラックにも・・・どうもこの盤はお好きではないそうで・・・(^^;

ただ、σ(^^)私はセンターの王様席だったのでサラウンドの効果をタップリ楽しめたのですが・・・daisiさんとオルフェさんにはリアの効果がほとんど感じられなかったとのことで・・・

で、音楽もののサラウンドってどう言うのが普通なの?って話に・・・

σ(^^)私の認識では、初期の頃はサラウンドを強調した横や後からも音が出てるのが分かるタイプが多かったと思うんですが・・・徐々に音の実在感を増し、フロントステージの広がりや奥行きをより自然に立体的に感じさせる方向になったような気がしてて・・・とは言え、音源によりけりですけど・・・(汗

で、それなら・・・今回持参したCDに・・・先日実家へ持ち帰ったSACDが入ってたはず・・・

【グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG】1577-02
1577-02グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUG.jpg

ってわけで、グレース・マーヤのSACDラスト・ライブ・アットDUGの5.1chからOPPOで、まずはルート66を再生・・・

これが、σ(^^)私の思う音楽モノのサラウンドで・・・リアを鳴らすとフロントの実在感が増して広がりと奥行きがハッキリと・・・同時にホールの響きやライブの拍手や歓声が左右~リアに回る感じで・・・リアはこれで鳴ってるの?って思う程度なんです・・・

で、曲を5曲目のモナリサに・・・

リアが入ると、フロントステージの奥行きや並びが増して・・・ギターの弦の響きと艶っぽさが増してフロントステージのイメージがよりハッキリする・・・ボーカルのエコーはふわっと空間の大きさを感じさせる鳴り方で・・・あまりリアが鳴ってるって感じないんです・・・

でもって、この雰囲気や空間をピュア2chで鳴らそうとすると、機材のクオリティーも鳴らすための調整も含めて、相当に大変なんですが・・・究極の高みの世界には極めて辿り着き難いながら、サラウンドマルチでは、そこそこ満足できる空間なら、それこそポン置きでも意外なレベルで鳴らせることが出来て・・・SPに必要とされるポテンシャルもそこそこのレベルで案外出てしまうんですよね・・・(^^;

ただ、AVアンプ自動音場補正を入れると、全体の質がちょっとマスキングされるのが普通で・・・音楽メインで聞くなら、ダイレクトモードで鳴らす方がよかったりして・・・(滝汗

と、daisiさんが・・・今はシアターメインなので、音の濃さとリアリティのために、ちょっとステージ感が真ん中に集中しちゃうけど、レキシコンのプリを入れてます・・・でも繋ぎ替えが発生するんでと・・・(^^;

で、もう一枚・・・2Hくんに教えてもらったSACDで・・・Lynne Arriale Trio Liveを・・・

【Lynne Arriale Trio Live】3647-01
3647-01Lynne Arriale Trio Live

これも、フロントステージの演奏に、より自然な実在感を与える方向で・・・SN感が上がって空間の見通しと密度が上がるんですよね・・・(^^;

で、眠い音のうちのシステムでは、この手のサラウンドを聞くと、音の芯の密度が上がる感じで、よりハッキリした音が出て眠さが緩和されるんですよね・・・ただ、SACDマルチの音源がそんなに多くはないのが最大の課題?・・・(滝汗

それより、BS放送とかのライブが結構高い鮮度とクオリティなので・・・しっかり録画しとけば結構なお宝になる可能性も?・・・(^^;

で、他にもMQAは配信時のデータ量を節約しつつハイレゾ相当の高音質再生も可能ってことで・・・ハイレゾ配信サービス時代には、注目の技術じゃないかな?って話も・・・

と言うことで・・・サラウンドマルチを聞かせてもらって・・・今日のところはお終い・・・

つづきは次回ってことで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3867-739fc659