FC2ブログ

【3757】180909 daisi邸音会(2)箱の鳴りってあった方が?・・・(^^; 

くっそ~!またやりやがった!ゲイツトラップ!・・・ほぼ書き終えてた日記・・・ちょっと目を離した隙に、Windowsアップデートの再起動で勝手に消しやがった!(激怒

完全に気力が失せしまいました。なので今日は急遽休刊と言うことに・・・スミマセンm(_ _)m

ああ、くそ~!もう、腹立つことが連続!・・・常用のPC不調で日記の素材にアクセスできず、おさらいが出来ません・・・日記の再開はちょっと未定・・・スミマセンm(_ _)m

と、書きつつ・・・必至の復旧作業・・・何でこんなことで徹夜せんといかんのや!(激怒

4:20・・・何とかなるか?・・・
7:40・・・
で、悪戦苦闘の末、キーボードの不調と判明・・・以前一度交換したのにまた?・・・さすがに5年も使ったらもうこのPC自体が寿命か?・・・でもPCの交換資金は無いし・・・で、とりあえずUSBキーボードを繋いで、急場しのぎ・・・でも、だからのといっておさらいして日記を書く気力が直ぐに戻るわけは無く・・・m(_ _)m

何とか、気持ちを振り絞って・・・


8:55・・・更新遅れてスミマセンm(_ _)m

さて、初めてのdaisi邸・・・σ(^^)私の音友達の中でも、極めて少ない年下の音友達・・・なのに、何故かそういう音友達の中で・・・音数とか解像度には翻弄されず、好きな音楽を気持ちよく聞きたいと?ヴィンテージ通が多い・・・なんで?(@@;

とは言え、シアターメインのdaisiさん・・・送り出しはフォーマットへの対応もあって新しい機材を入れないわけにはいかず・・・それゆえ?使い勝手と音作りの狭間に・・・複雑な機器構成になるのは仕方ない?・・・(^^;

ま、そんな個性的なdaisi邸のサウンドはどんな音?と興味津々・・・(^^;

まずは、機器の電源投入順の関係から・・モノラル構成から行きましょと・・・

【モノラルから聞きましょうと】
3757-01モノラルを

アルテックのアンプでセンターSPを鳴らす構成で・・・PC音源からモノラルのものを・・・

【フルトヴェングラーでベートーベンの運命を】
3757-02フルトヴェングラー

で、まずかけられたのは・・・フルトヴェングラー指揮ウィンフィルでベートーベンの交響曲5番の運命を・・・

お?・・・年代を感じる録音ながら、中高域の明晰度の高い音調?・・・能率が高く音離れのいいストレートな鳴りっぷりで・・・ただσ(^^)私的な好みではもう少し中低域の緩めの厚みがあると、空間の雰囲気も出るかな?って気も・・・

で、おつぎは・・・声をとのリクエストで・・・

【ビートルズを】
3757-03ビートルズ

ビートルズのThe BeatlesからI Want To Hold Your Handのステレオ音源を・・・

お、なるほど・・・モノラルで聞くには、もうちょっと中低域が・・・

あ、これかけましょうと・・・CDから・・・

【チェットベーカーのCDを】
3757-04チェットベーカーを

OPPOでチェットベーカーのCHET BAKER SINGSからThe Old Feelingを・・・

と、オルフェさんから・・・いいね、全然違和感ないねと・・・なるほど、やはりオルフェさんは中高域のはっきりした鮮明な方向のサウンドをお好みなんですね・・・それと、CD向けのリマスターじゃなく、レコードの雰囲気に近いからじゃないでしょうか?・・・

う~ん、それゆえ、なおさらσ(^^)私的にはモノラル聞くならもう少し中低域のドッシリとカチットとふわっとの共存した雰囲気が欲しいなあ・・・(^^;

と、daisiさんが・・・モノラルを今まで2つのSPで聞いてましたけど、1つのSPで聞くとその方がいいなと思うと・・・

いや、分かります・・・確かに、そのよさは分かるんですが・・・だからなおさら・・・(汗

で、daisiさんいわく・・・このCHET BAKER SINGS・・・元はモノラルだったのが・・・ステレオ盤製作時にこのモノラルマスターにオーバーダビングしちゃって、モノラルマスターが無くなったと・・・その後、日本でモノラルのサブマスターが見つかったのだとか・・・

と、チェットベイカーコレクター?のHJさんのところにはモノラル盤もあるそうで・・・噂に聞くマルチアンプ駆動も合わせてJazz系オリジナル盤を聴く会をしてもらわないとと・・・(^^;

で、モノラルはこんなもんです・・・と、つづけて、スイッチを切り替え・・・ステレオSPでのモノラル再生に・・・

と、オルフェさんから・・・音色は変わらんなと・・・

そうですか・・・やっぱり人によって聞くところが違うんですね・・・σ(^^)私的にはこのバランスの方が断然好みです!(^^・・・STUDERのアンプの個性もあるでしょうけど・・・響きの付き方がかなり違う・・・これって銀箱の箱の鳴りが効いてるってことか!・・・(@@;

いやあ、箱の鳴りってやっぱ大事ですねえ!・・・中低域の厚みと下支え感がグッと増して・・・ちょっぴり緩く暖かな響きが乗ってふわっとした雰囲気が出て来た・・・(^^;

これって、SPが2つだからと言うより・・・やっぱり箱の響きの違いでしょう!・・・中高域の明瞭さが一層際立つ感じで・・・σ(^^)私に取ってこの音触とバランスは、CDとアナログの音触の違いほどのインパクトがあります!・・・(^^;

と、じゃあここでちょっと3ch再生をと・・・ふぅ、疲れた・・・ゆえにつづきは次回へ

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3862-5306a660