FC2ブログ

【3756】180909 daisi邸音会(1)台風一過に初訪問?・・・(^^; 

さて、この日は・・・予てより調整しつつも日程が合わなかったdaisi邸の音会・・・と言ってもご自宅ではなく、事務所の2階とのことですが・・・(^^;

取っ掛かりは、お盆の頃・・・オルフェさんと一緒に、一度聞かせてくださいなって話しをしてて・・・日程合わず、その時は、オルフェ邸の再建途上サウンド確認音会になって・・・結局、クロックの実験をやりまくったわけですが・・・

その数日後・・・じゃ、今度はdaisiさんとこでね?って話から・・・新SPが入りましたってニュースが飛び出て・・・ビックリ!(@@;

これまでのフロントセンターと同じユニット&ネットワークの構成になったとのことで・・・

σ(^^)私的には、こういうSPを・・・daisiさんの求める方向じゃなくなるでしょうけど・・・そこそこの高さのスタンドに乗せてフリースタンディングにして・・・平行法でセッティングして・・・現代ハイエンドで鳴らすと、繊細さも空気感も凄く出る気がする・・・なんてメッセージをしつつ・・・daisiさん流のセッティングでどんなサウンドに?って興味津々・・・(^^;

(私信:メッセージ見返してて気付きました(汗・・・このSPがdaisiさんの求める方向じゃなくて・・・このSPを上の鳴らし方をすると求める方向じゃないって言いたかったの・・・)

ってわけで・・・ここでようやく日程の折り合いがついて、遂にdaisi邸音会の運びとなりまして・・・この日、電車で向かう途中・・・何と!示し合わせてもいないのに、乗り換え駅でバッタリ、オルフェさんと遭遇・・・(@@;

で、電車の道すがら・・・オルフェさんのNWプレーヤーの不調の話で、ルーターの設定が変わったのでは?ってな話に始まり・・・

待ち合わせ駅でdaisiさんと合流の後は・・・数日前の台風被害の話に・・・(^^;

でもって、その話をしつつ・・・駅近くでまずは昼食を・・・で、台風被害の話に戻って・・・daisiさんところの事務所の看板も一部飛んだとか・・・停電は困るなとか・・・大坂なおみの優勝の話とか・・・音楽モノのサラウンドマルチの鳴り方についての話・・・σ(^^)私的なスタンダードは、リアをプラスするとフロントステージの実体感と奥行きが増すような鳴り方って話を・・・そこからシアターの話やシアターのサラウンド調整からトリノフの話とか・・・

ってわけで、お腹を満たして・・・話題の暖機運転?も終えて・・・いよいよdaisiさんのシアタールームへ・・・(^^;

【フロント3ch】
3756-01フロント3ch

おっと・・・センターのサランネット付きの最初のフロントビューの画像を撮り忘れましたが・・・このセンターと同じ30cmユニット・・・アルテックの601-8DとネットワークN-3000Eを入れた銀箱が今回のニューカマーってことで・・・(^^;

で、両サイドの銀箱は国産ですが米松合板の614型方で、コンコン叩くといい音で響くのに対して・・・センターの黒い箱はパーチクルボードで・・・箱をコンコンこついた時の音が、銀箱は響くけど、センターの黒い箱はあまり鳴かない・・・

で、リア側機材は・・・

【リア&サブ兼用SPとプロジェクター】
3756-02リアSPとプロジェクタ

こちらがリアとサブ使用の兼用SP・・・ミニA7風の箱にアルテックのフルレンジ405Aを入れ・・・プロジェクターはビクターJVCのDLA-X70R・・・

で、送り出し機材・・・の前に・・・これがセンター用アンプ・・・

【センター用アンプ】
3756-03センター用アンプ

真ん中のSPをセンターのみで使うのは勿体無いので・・・モノラル聞き用にもと・・・アルテックの128BでEL34プッシュプルのモノラルアンプで鳴らして・・・

【送り出し機材とアンプ】
3756-04送出し機材とアンプ類

プリアンプのマッキントッシュC34Vには・・・プリアウトが計3系統あるそうで・・・これとフィリップスのセレクタLHH-S700を使って、センター出力とモノラルアウトを切り替えるのだそうで・・・ちなみにこの音会の後、プリにはC33も加わってるそうな・・・(汗

で、ラック右奥のTVを見るときは・・・ラック上段に見えてるNmodeのデジタルアンプX-PM2Fで・・・このセレクタでTVと映画視聴時のサラウンドを切替えて・・・上のミニA7風のSPをサブSPとして使ったりサラウンドバックとして使ったりしているのだそうな・・・(難解

でもって・・・メインの銀箱SPを鳴らすのは・・・ラック真ん中際下段のSTUDER A68で・・・モノラル試聴時はOFFにして、ステレオとサラウンド再生時にはONにすると・・・(これも難解

で、映画や録画視聴時は・・・OPPOとレコーダーのHDMI出力を・・・AVプリアンプのMarantz AV8801に入れて・・・プリアウトを一旦Lexicion MC-8Bに入れて・・・レコーダーはTV経由のTOSでLexicion MC-8Bに入れて・・・そこからフロントプリアウトをマッキントッシュC34Vに入って・・・そこからSTUDER A68へと・・・でもってリアはNmode X-PM2Fへ行ってて・・・センターはLHH-S700経由でアルテックの128Bへ行く?・・・(超難解

う~ん、よう分からん?・・・ま多段プリで音作りと・・・入力と再生系の切り替えをすると言う、極めて難解な使用方法を取られてますが・・・その場で説明を聞いた時は・・・なるほど!って納得したわけで・・・おさらいしてみると、理解してなかったことが判明・・・(滝汗

ま、そう言うことで・・・さっそく音を・・・なんですが、残念、時間切れ・・・

なので、つづきは次回へ・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

複雑怪奇ですね(笑)
こうやって文字で書いていただくと、その複雑さがよく分かります。
前にオルフェさんに「シンプルな方が良いと思ってる」と言ったのですが・・・(汗

一点、訂正を。
OPPOのHDMIはAV8801に行ってますが、レコーダーのHDMIはTVへ行き、TVから光デジタルでレキシコンに入っております。

おいでいただいた後、マッキンC34VがマッキンC33に入れ替わり、センターSP用のフィリップスのセレクターがマッキンC29になりました。
C29にはAV8801のセンタープリアウトと、C33のRec Out出力がつながっております。
さらに複雑さを増しており、自分でもウロウロします(爆)

daisiさん、訂正ありがとうございますm(_ _)m
ちょっと直してみました・・・が、合ってるのかどうか?(滝汗
まあ、使い勝手と求める音作りのための必然でしょうから・・・仕方ないですね(^^;
プリの多段使用は、音色と雰囲気作りの高等テクニックなので・・・よろしいのでは?
使い勝手は・・・仕方ないですね(滝汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3861-b363d498