FC2ブログ

【3749】180816 オルフェ邸音会(6)原因探しに迷走?・・・(^^; 

うわっ!また今日も大寝坊(汗・・・おさらい不足でスミマセンm(_ _)m・・・急いで・・・

さて、昨日は一気に行くつもりだったのに・・・途中、かなり色々な話をして紆余曲折したところを端折ったんですが・・・全然、端折り足りませんでした・・・(滝汗

ってわけ、すぐさまつづきへ・・・

前回訪問時に実験済みですが・・・P-02,D-02の外部クロックを個性の強くない拙作のダブルオーブンタイプのOCXOに変えて、手嶌葵の「いつでも夢を」聞いたところ・・・

オルフェさん的には、声の質感が非常に思い通りになったと、外部クロックをこのまま入替える方向で行く!と、好評価・・・(滝汗

でも、自然な感じの方向へ向いたとは言え、前回のサウンドと比べると・・・低域のドーピングと中高域の色付け?見たいのが、思ったほど解消されてないし・・・ピアノとボーカルの前後関係もピアノが前のままだし・・・(滝汗

と、オルフェさんが・・・それは、やっぱりトラポとDACのインシュの影響かな?・・・でもそれは、到着待ちのインシュが来たら変えるから・・・daisiさんはどう?と・・・

っと、daisiさんが・・・声は普通にと言うか、自然になったと思いますよ・・・でも、これで第9を聞くと、低域は薄まるような気はするんですけど・・・ホントは、以前そうてんさんが聞かせてくれた青いヤツがよかったんじゃないですか?と・・・

でも、オルフェさん的には、先のクリニックでインシュをスパイクタイプに変えることになっているので・・・今は、仮に手持ちにあったポリマー系スパイクにしただけなのでと・・・

【インシュと振動吸収子が?】
3749-01スパイクと振動吸収子が

ちょっと待ってください・・・スパイクと受けにされて、高さが上がったと思うんですけど・・・それだと、振動吸収子を底板に接触させるには、高さが足りないと思うんですが・・・そこはどうされました?とお聞きすると・・・

トラポの底板と振動吸収子の鋼球の間に開いた隙間に、以前撤去したオーディオテクニカの金属インシュを入れたとのこと・・・ビックリ!(@@;

いやいや、それはちょっと・・・オルフェさんが、意味ない?と・・・いえ、意味が無ければいいんですけど・・・今の違和感に関係あるかも?・・・(^^;

ってわけで・・・一旦、振動吸収子を一旦撤去して・・・もう一度、手嶌葵の「いつでも夢を」聞いてみると・・・

ボーカルが前に出て・・・低域のドーピングがホンの少し弱くなって・・・声は少しピントが甘くなったかも?・・・これは、やっぱりオーテクのインシュを外して、振動吸収子の高さを稼ぐため・・・とりあえず仮にと葉書の束を1cm厚ほど振動吸収子の下に入れて・・・ホントはもう少し、エプトシーラーが半分くらいの厚みにつぶれるくらいにするといいですが・・・

で、もう一度、手嶌葵を聞いてみると・・・

うん、ピアノの響きの滲みが減って、声が澄んで、かなり自然に・・・まあ、σ(^^)私的には、まだ低域のドーピングは減ってない気がしますが・・・これは、インシュを交換予定とのことなので・・・(汗

と、daisiさんから・・・かなり落ち着きましたね・・・クロック変えたらどう鳴るか?を忘れて来たなと・・・(滝汗

で、オルフェさんは・・・コーラスのハモリが凄く聞き取り易くなってよくなったと・・・

と、daisiさんが・・・こうなるとどれが悪さしてたのか分からなくなって来たと・・・(汗

うん、この時点のσ(^^)私的な印象では・・・クロック変更で音触と質が変わって・・・オーテクのインシュで低域のかさ増しが減って・・・振動吸収子の調整で中域の滲みが減ったって感じで・・・トラポとDACのインシュでまだ低域ドーピングと中高域のアクセントが残ってるってのが気になってるところなんですが・・・(滝汗

で・・・それじゃあ、第9もきいておきましょうってことに・・・(^^;

オルフェさんが・・・これで、4楽章の最初のズズズズって言う弦の沈み込みがどれくらい出るか?ですね・・・さっきのコーラスももう少しギラギラしてるんで見晴らしがよくなってくれるといいんですけどねと仰りながら・・・第9の4楽章を再生・・・

クロック変更で強調感が薄まり、展開が自然になって・・・オーテクのインシュを退けて振動吸収子をちゃんと入れたので、中域から中低域はスッキリしたけど・・・低域のドーピング感はまだ・・・オルフェさんの声のギラギラと仰るのはインシュを変えたら中高域が直ると思うんでいいとして・・・低域はインシュだけで直るのかな?って不安も・・・(滝汗

と、オルフェさんは・・・弦の沈み込みのところは出てるんで、クロックはこっちに変えますわと好評価・・・(^^;

う~ん、σ(^^)私的には・・・コントラバスが弦を弾いてる感じが薄いのと、極低いところでボーボーと言うかボワボワと言うか・・・定在波的なボワつきが気になってて・・・ここは、前回の実験では感じなかったところなんで・・・まだちょっと腑に落ちない・・・(汗

前回は、クロックケーブルが、トラポもDACも産業用を使ったからかなあ?・・・今は?

アコリバとOJIになってて・・・アコリバがもう一本あるんだけど・・・じゃあ、両方アコリバに変えてみましょうか?と・・・(^^;

ってわけで・・・なんだか、何を実験してるか?ますます分からなくなって来てますが・・・本命インシュが到着した際の調整の手掛かりにはなると思うんで・・・

っと、またまた時間切れ・・・なので、つづきはまた次回へ・・・(滝汗

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3854-87869a0d