FC2ブログ

【3707】180615 オルフェのサンバ邸再訪Part3(4)クロック電源実験1・・・(^^; 

さて、環境修正して、現状のオルフェ邸のサウンドを確認させて頂いた後、持ち込んだPhilips LHH2000との聞き比べ・・・(^^;

その違いに、果たしてオーディオ機器はどこが進歩したのか?って考えさせられ・・・現代ハイエンドで全部出しを目指す意義があるのか?って・・・(^^;

と、daisiさんが試した整振ゲルの効果から・・・部屋中のものが振動して音を汚すのか?との問いが(滝汗・・・ま、影響が少ない方がいいけど一般的には何も物を無くすことは出来ないし・・・共振して不快な音になって、通常のSPからの直接音や壁からの反射音を著しく阻害するほどの振動音にならなければ、人間の耳は上手く処理してくれるはずってことに・・・(^^;

で、ちょっとお茶タイムへと・・・ってわけで、その後のクロック電源のノイズキャンセラ実験や電源比較をさせていただくために・・・毎度の持参クロックの電源を繋いで暖機を・・・

お茶タイムでは・・・2週間ほど後のお出かけの段取り確認と・・・オルフェさんのこの日のLHH2000への反応から・・・ひょっとすると、ヴィンテージに開眼されるかも?なんて話や・・・石井式の部屋の特徴についてとか・・・励磁SPの音についてとか・・・チェンバロの音、録音、響き、音量の話とか・・・

で、オルフェさんからは・・・楽器の本来の音色がPhilips LHH2000で聞かせてもらって、古くて聞けないってことは全く無く、むしろプロ機らしい大事なところをしっかり聞かせてくて、いつまででも聞いていられるって言うのが今日の収穫の一つとのこと・・・刺激が少ないから音が鈍っていると言うわけではなく、音楽を聞くのに必要な所は太くしっかり出しているってことですねってことで皆さん賛同・・・(^^;

ただ、今の若い人達は、原体験が違うので、古い音と捉えるケースもありそうですね・・・

ま、そんな話しで盛り上がってから・・・じゃあ、そろそろ実験三昧へと・・・(^^;

【拙作クロックで】
3707-01拙作クロックに

と、オルフェ邸にお譲りしたダブルオーブンタイプの拙作クロックは・・・御影石ボードの上にオヤイデのスパイク系ミニインシュで設置していただいたと言うことで・・・

まずは、このクロックを繋いだネットワークプレーヤーで、聞きなれた曲をと・・・アーロンネビルを掛けていただくと・・・

うん、戦車クロックにも通じるモリモリ系サウンドのネットワークプレーヤーの音が、拙作クロックで結構ニュートラル系の抜けと伸びが出ているなってのを確認して・・・

【iPowerにDC iPurifierを追加】
3707-02iPowerにDC iPurifierを追加

じゃあ、本日の実験1発目・・・拙作クロックに供給しているifi AudioのACアダプターiPowerの出力にさらにDC iPurifierを追加して・・・もう一度アーロンネビルを聞いてみると・・・

ま、元々ノイズ信号を反転してキャンセルしているはずのiPowerからの出力に・・・さらに同じ機能を持つDC iPurifierを追加して意味があるのか?って話ですが・・・

おお、やっぱり結構変わりますね・・・SN感がアップして音の芯がよりハッキリ、細かな音も明確に・・・ま、ifiのノイズキャンセラーを入れたときの変化をより濃くした感じで・・・

と、daisiさんも、オルフェさんも・・・これ、いいですね!と・・・(^^;

じゃ、DC iPurifierの効果があるってのを確認取れたので・・・次ぎの実験へと・・・

で、まずは、先のオルフェさんちに常設のダブルオーブンOCXOから・・・持ち込んだシングルオーブンOCXOにiPowerで電源供給して・・・もう一度アーロンネビルをかけてもらうと・・・

お、やっぱりクロックの違いで明るくクッキリした音で低域も少し太いかなって感じで・・・これはクロックモジュールの違いによるものってのは前回も確認済み・・・(^^;

で、これにDC iPurifierを追加挿入して・・・もう一度アーロンネビルを・・・

ほう、やっぱこれも変わるなあ!・・・低域の太さ、太鼓の重心の低い力強さがハッキリして、中域の透明感、高域の見通し、伸びも増したような・・・(^^;

【拙作シングルオーブンOCXOを】
3707-03拙作シングルOCXOクロック

で、今度は・・・iPowerを出川式電源に繋ぎ変えてDC iPurifierは無しで・・・もう一度アーロンネビルをかけてもらうと・・・と、これは前回訪問時に聞いた構成ですね・・・

お、やっぱり低域の太さ、太鼓の重心の低い力強さ・・・これは自作の出川式電源によるところですが・・・SN感もアップしてゆったりと・・・(^^;

と、オルフェさんが・・・こっちの方がいいなと・・・daisiさんは・・・出るとこ出て引込むとこ引込んで・・・iPowerも健闘してるけど出川式の方がと・・・(^^;

そうですね、懐が深いですね・・・それじゃあこの出川式電源に、更にDC iPurifierを追加したら?と・・・

【DC iPurifierを追加】
3707-04DC iPurifierを追加

出川式電源の出力にDC iPurifierを追加挿入して・・・もう一度アーロンネビルを・・・

ほう、やっぱこれも変わるなあ!・・・出川式電源の低域の太さ、太鼓の重心の低い力強さが一層ハッキリして、中域の透明感、高域の見通し、伸びも増したような・・・ま、一番はSN感がよくなって音が上質に?・・・

と、daisiさんが・・・オーディオ的にはやっぱりこの方がいいんでしょうけど、ちょっとツルツル過ぎて・・・出川電源のみの方がいいなと・・・(^^;

やっぱ、なるほどなあって結果かな?・・・じゃさらに・・・は、次回へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3812-f016eadd