FC2ブログ

【3701】180613 LHH-2000の復旧?と振動吸収子実験・・・(^^; 

さて、酒仙坊邸での音源機器比べ音会につづいて、Fさんのお宅で励磁SPの驚きのサウンドを楽しませていただいて数日・・・(^^;

実は、酒仙坊邸の音会で、残念ながら不調?で音出しに至らなかったPhilipsのLHH 2000をSさんから、使えるかどうか?持ち帰って見てとお預かりしまして・・・(滝汗

【3690】180609 酒仙坊邸で音源聞き比べ会(7)最後はお宝テープを・・・(^^; [2018/10/12]

ただ、酒仙坊邸での動作状況からは。電気回路素人なσ(^^)私にはちょっと荷が重いと・・・お預かりするのを躊躇したんですが・・・ま、駄目でも預かっといてってことで・・・(^^;

ま、それなら・・・動けばラッキー!程度の感覚で持ち帰って来まして・・・(汗

【TOCが読めない!】
3701-01とTOCが読めない?

とりあえず、酒仙坊邸の最初のトライと同じく・・・100Vに繋いでみたんですが・・・CDは回るものの・・・TOCが正しく読めないみたいで全然駄目~・・・(汗

で、どうも回転が渋い?気がしたので・・・こりゃあバラして、ちょっと油を?と・・・(^^;

【ケースを外して】        【ドライブユニットのネジも】
3701-02ケースを外して 3701-03ドライブユニットのネジも

ケースを外して・・・除電ブラシで回路基板周辺の埃を取って・・・レンズブロアで埃を飛ばしつつ・・・掃除機で埃を吸い取って・・・基板周辺の埃は無くなった・・・(^^;

でもって・・・ドライブユニットを固定しているネジも外して・・・

【ドライブユニットを外し】    【スピンドルに注油を】
3701-04ドライブユニットを取り出し 3701-05スピンドルに注油

ドライブユニットを外して・・・裏側から、スピンドルにほんのちょっぴり注油を・・・

でもって、さっきは100Vで駄目だったので・・・手持ちの200Vからのダウントランスの2次側を110Vに変更して・・・

【200Vからのダウントランスで】
3701-06動いた!

これにLHH 2000を繋いでCDを入れてみると・・・おおっTOCを読んだ!(^^;

おおお!・・・READYランプが点滅し始めた・・・で、STARTボタンを押すと・・・

うひょ~!・・・カウンターが動き始めた!・・・で、バランスケーブルをアンプDUSSUNのR30iに繋いでみると・・・

おお!動いた!・・・かなり濃くって滑らかな音!・・・\(^^)/

と言うことで・・・とっ変えひっ変えCDを聞きまくる!(^^;

へえ!・・・14bitDACだってことなので、音数が少ないとか・・・解像度が今一とか・・・今時の音は期待できないかな?って思ってたんですが・・・なんとビックリ!(@@;

驚くほどの鮮度感・・・SN感も高く、音数に全く不足は感じないし、解像度にも不満はない・・・って、それより、眠い音と騒いでるうちのシステムでも、結構厚く濃くカチッとした感じの音にも聞こえる?・・・プラシーボ?(汗

【振動吸収子を作って】
3701-07振動吸収子を

で、念のため?・・・振動の雑実が取れれば、更に静けさと力強さの両立が出来るのでは?ってことで・・・3mm厚のアルミ板にφ1cmのステンレス球で振動吸収子を作って・・・

【アンプ底板に振動吸収子を】
3701-08アンプ底板に振動吸収子を

アンプの底板に球が接するように・・・振動吸収子を設置すると・・・

おお、ちょっと静けさが増したような気が!・・・(^^;

こりゃあいいですね!・・・LHH 2000からの再生音をこのDUSSUN R30iで聞くと・・・結構マッシブさと音の包まれ感の両方が感じられる・・・

ってわけで、しばらくこの構成で聞き込んでみることに・・・(^^;

で、今日の話はこの辺りまで・・・次回は?

前回のDC iPurifierにさらに・・・ま、息抜き実験ネタを・・・(汗

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

LHH2000のリストア

LHH2000のリストアご苦労様でした。次回テーマの一つとして楽しみにしています。現在計画中のMQA-CDのデコード再生とLHH2000でのMQA-CDの通常CDとしての再生の聴き比べやアナログ盤とLHH2000でのCD再生の聴き比べなどができますね。

Re: LHH2000のリストア

酒仙坊さん、当日は残念でした・・・レストアと言っても、スピンドルに注油しただけですので(滝汗
後10分ほど回転させていたら、鳴っていたかもしれません・・・(汗
次回、よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3806-b74f9bfb