FC2ブログ

【3699】180610 F氏邸訪問:WEと励磁SP(終)励磁もチューニングが胆!・・・(^^; 

いやはや、禁断の励磁SPサウンド・・・拙宅のサウンドがいつしか眠くて物足りなく感じるようになった原因・・・ロンドンWE系システム~励磁SPのインパクト・・・(^^;

かなり時間をかけて、ようやく普通のSPの音に慣れて来たかな?って感じだったんですが・・・Fさんのお宅でWE系システム~ドイツのユニット~チューニングされた励磁SPと・・・次々完成度の高い驚きのサウンドをお聞かせいただいて・・・すっかり励磁耳に・・・(爆

しかし、昨日の日記にFさんからコメントをいただいていますが、左右のユニットも口径も励磁電源も違う環境で、あれほどの音楽をならされる技術とノウハウとセンスには脱帽です!

で、当日は・・・チェロとバイオリンの非常に純度の高い綺麗な響きを聞かせていただいた後・・・今度はJazzをと・・・渡辺貞夫のBSライブから・・・

まずは、カリフォルニアシャワーを・・・

って、なんてご機嫌な鳴りっぷり!・・・ドラムも励磁SPの音に負けてない・・・って言うか、立ち上がりをドンドン早くして行くと、低域がスカスカになるんですが・・・励磁ユニットが打音のインパクトを出してチューニングされたSWが、上手くドラムの音のボディを鳴らすみたいな・・・とってもいい感じのバランスで・・・

つづいては、テンベアを・・・

って、この人達・・・σ(^^)私よりかなり人生の先輩ですが・・・よくこのお年でこれだけノリノリな演奏が出来ますね!・・・完全に皆さん現役・・・ってか、円熟の境地?・・・(^^;

いやあ、でもホントに凄いなあ!・・・こんな音が出るんだ・・・

と、M谷さんが・・・いやあ凄い!Fさんとこに来てから2階でも3階でも・・・オーディオの考え方が変わって来た!・・・ホント凄いな・・・と、大絶賛!(^^

で、ちょっと励磁電源の調整についてご説明いただいたんですが・・・内容は、冒頭にご紹介した昨日の日記のコメントのようなお話しだったんですが・・・ホントにFさんの技術とノウハウとセンスを持って地道にチューニングに励まれた賜物なんでしょうね・・・(汗

で、おつぎは・・・Jazzのライブ演奏を聞きながら・・・

Fさんが・・・励磁SPにすると、クロックとか全く気にする必要が無くなったと・・・ハハハ、確かにこれだけご機嫌なサウンドが鳴っていればはどうでもいいことですね・・・(滝汗

で、つづけざまに3曲ほど聞かせていただいて・・・

この少し前に国産の励磁SPのデモを聞きに行ったんですが・・・ここまで純度の高い浄化されたような音を感じなかったんです・・・どこか元気に鳴らしてる感じが強くて・・・やはり、さっきのTOAのドライバが残縁だったように、振動板(コーン紙)によって全然出音が違ってくるんでしょうね・・・(滝汗

と言うことで・・・ホント立ち上がりの早い気持ちいい澄んだ綺麗な・・・それでいて力も深みもある素晴らしい励磁サウンドでJazzライブを2本聞かせてもらって・・・

つぎは、女声ボーカルをと・・・BSライブから平原綾香の歌を・・・

ひえ~!・・・なんちゅう生々しい歌!・・・BSライブってホント凄い・・・って励磁SPで聞いてるかなんですよね・・・(滝汗

で、そのあと・・・パットメセニーにライブだったかな?・・・これまた鮮度の高い、ご機嫌なライブを楽しませていただいて・・・

ちょっとここでリクエスト・・・CDを聞くとどう鳴りますか?と・・・と、2階のPCのリッピングファイルで大貫妙子の突然の贈りものを再生していただくと・・・

う~ん・・・鮮度を高め過ぎ?細くてちょっとキツイ(汗・・・2階では深く心地よく鳴ってたので・・・その辺はWEの上手な作文が効いてましたね・・・(^^;

こうなると・・・2階ではストリーミング・・・3階ではBSライブで超お宝音源だらけ・・・

とここで、ちょっとチェロのピツィカートを聞いてください、ドイツのSPでも出ない所がしっかり出るのでと再生されると・・・

おお、確かに、弦をはじく音と胴鳴りとがハッキリと・・・特に低弦の鳴りっぷりがグンと前に張り出してきますね!・・・(^^;

で、おつぎは、マイケルジャクソンをと・・・BS録画?からスリラーを・・・

う~ん、これはたまりません!(^^;・・・鮮度も音の純度も極上で・・・ホントにBSにはお宝だらけですね!・・・(^^;

で、最後に・・・BSライブ録音から・・・八神純子を・・・

いやあ、ホントにいいですね!・・・何か、プライベートディナーショウをかぶりつき席で楽しんでいるような生々しさと実体感とエネルギー感で・・・声の張り出して来るエネルギーが、生歌並みの力感で飛んでくるんですよね!・・・

いやあ、ようやく普通のSPの音に慣れて来たのに・・・もう完全に励磁耳に・・・(滝汗

【ごんこつの元?】
3699-01げんこつの元?

最後にJazzしか鳴らないからと休眠しているJansenの励磁SPとかげんこつSPになる前の元祖のユニットとかを見せていただいて・・・

また、チューニングが進んだら、是非お聞かせくださいねと・・・今回のFさんのお宅の研究成果発表音会はお開きに・・・

Fさん、ホントに貴重な体験をさせていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m・・・M谷さん、大@神戸さん・・・楽しい時間をありがとうございました・・・m(_ _)m

じゃあまた、この月の最後に伺う例のお宅を楽しみに・・・(^^;

と言うことで、今回の音会のお話しは、これにてお終い・・・

次回は・・・例によって生き抜きネタを・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

詳細ご紹介ありがとうございました

かなりの個性音ながら、気に入って頂けたようで一安心です(冷汗);

SWはケンウッドSW-508ES。小さいのに15Hzまでフラットに出ます。
もうディスコンですが、定価3万円台としては相当なコスパです。

ゲンコツ前身は25cmの励磁SPです。これも綺麗な音で鳴りますが
ダブルコーンのせいか、高域がワザとらしくパンチ力が出ません。
コーン紙に楕円形リブが入っているのも音に良くなさそう(私見)。

JAZZライブは、去年の東京JAZZからのものです。今年の分は今
BSで毎週日曜未明に放映中。確か、今日が第二回目です。

CDが44.1kサンプル、BSは48kで、スペック上は大差ない筈なのに、
再生系のスッピン度を上げて行くと、ある地点からCDは音痩せが
酷くて聴けなくなります。一方、BSは益々音の鮮度が上がります。
DSDもCDと同じような傾向なので、拙宅では聴けません(残念)。

また、これに懲りずに遊んでやってください!

Re: 詳細ご紹介ありがとうございました

Fさん、今回は貴重な体験をさせていただき、大変ありがとうございましたm(_ _)m
WE系システムとか励磁SPとか・・・素材のポテンシャルがあるとは言え・・・その素材を見つける目利き、更には、なんといってもその素材を充分に活かす、技術とセンス・・・しかも、長期に渡る試行錯誤も経て・・・Fさんならではのサウンドにチューニング昇華されているのだと感じました!(^^
DSDやCDが残念って・・・2階のストリーミング再生や3階のBSライブがあまりに素晴らしく楽しい再生になっているが故のギャップからの話で・・・単独で聞くと、こう言うストレスフリーな鳴りっぷりっていいなって思える濃くしっかり張り出してくるサウンドで・・・非常に衝撃を受けました(^^
どうしてもつまらなくなりがちな拙宅のサウンドの方向性の参考に差さていただきたいと思っています(^^;
銭、また勉強させてくださいm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3804-757605a5