FC2ブログ

【3689】180609 酒仙坊邸で音源聞き比べ会(6)テープがいいな!・・・(^^; 

さて、酒仙坊邸での音源聞き比べ・・・前半はクラシックをCDやレコード、BPO DCHと一部テープも交えた比較では・・・まずは演奏ですが・・・同じ音源でも、出自や製作過程によって様々な違いがあることを再認識・・・

で、後半は同様に、Jazzでの聞き比べをと・・・まずは、ソニーロリンズのサキソフォンコロッサスを、CDとレコードと聞いて来て・・・

レコードの再生で、イコライザーカーブをRIAAからコロンビアへと切り替え、元はこっちなのでは?との問題提起も・・・(^^;

で、それがどうなのか?・・・レコードマスターのテープを聞けば?と・・・おつぎは2トラ38テープを聞いてみると・・・

【2トラ38テープでサキコロを】3685-03
3685-03STUDER A807の暖機

う~ん・・・サックスの厚みや太さ、エネルギー感からは、コロンビアカーブの音の方が近いですね・・・ただ、CDを始め、RIAAの高域の刺激性を聞き慣れているので、シンバルが物足りなく感じてしまいます・・・それに、テープの方は世代を重ねたものなので結構高域が減衰していると思いますので、断定するのはちょっと危険?・・・でも、コロンビアカーブの可能性は高そうですね・・・(滝汗

こうして比較すると、やはり、世代を経たテープはちょっとトーンコントロールで高域を持ち上げて聞くとよさそうだなと思いました・・・(^^;

で、おつぎは・・・テープを準備する間、M谷さんが持参されたレコードを聞くことに・・・

【デイブ・パイクのパイクス・ピーク】1220-02
1220-02デイブ・パイクのパイクス。ピーク.jpg

かけられたのは・・・デイブ・パイクのパイクス・ピークから、ベサメムーチョを・・・

で、冒頭は酒仙坊さんが、コロンビアカーブでかけられたんですが・・・やはり聞き慣れた印象よりは音調が暗く・・・1962年の録音とのことから、やっぱりRIAAでは?とのことで・・・RIAAに切り替えられると・・・うん、こっちの方がヴィブラフォンが気持ちよく聞こえる!(^^;

いや、それにしても、Signature Goldの威力は強烈ですね!・・・全然テープの音のインパクトに負けない音を聞かせてくれる!・・・M谷さんも大絶賛!大満足!(^^;

と言うことで、おつぎは・・・アートブレイキーのモーニンを・・・

まずは、CDを聞いて・・・うん、お馴染みの音ですね・・・クラシックのフルオケが実際に聞かれたコンサートの雰囲気どおりに鳴るように調整された酒仙坊邸システム・・・Jazzでも十二分にご機嫌に聴けるのは、流石ですね!・・・(^^;

で、おつぎはレコードをそのまま聞いて・・・

【アートブレイキーのモーニン】3018-01
3018-01アートブレイキーのモーニン

お、やっぱり思うのは・・・こりゃあカートリッジの力が凄いなあ!ってことで・・・これだけの鮮度感を持って、濃さ、太さを感じさせると言うのは凄いとしか言いようが無い・・・

あまりにご機嫌な鳴りっぷりに・・・比較を忘れて1曲聞き切ってしまった・・・(滝汗

で、これだけの音でレコードがなっちゃうと・・・世代を経たテープでは厳しいな?って思いつつも・・・2トラ38で再生すると・・・

うん、やっぱり高域の減衰はあるものの・・・太さと濃さ、特に実在感のある太さと言うか音の密度はテープならではって感じですね!・・・でも、レコードもカートリッジの威力は大きく、非常によかった・・・つづけてテープを聞いても全然負けてない・・・(滝汗

で、おつぎは・・・M谷さんのリクエストで・・・ヘレンメリル・・・

【ヘレンメリルのCD】
3689-01ヘレンメリルのCD

Don't Explainから・・・と、M谷さんから3曲目のWhat's Newをとリクエストが・・・スミマセン、テープと比較するんですが、テープは頭出しができないので・・・(滝汗

うん?・・・ここまでのレコードやテープの印象からすると・・・CDのイメージがちょっと曇った感じに感じますね・・・

で、つづいてはレコードを・・・

【ヘレンメリルのレコードを】
3689-02ヘレンメリルのレコード

あれ?・・・曲が違う(@@;・・・ああ、そう言えば、前もこれ引っ掛かったんだ(滝汗

【3129】170124 久し振りにテープを聞く・・・(^^; [2017/03/02]

と言うことで、曲順を合わせて・・・Don't Explainを・・・

う~ん・・・やっぱりちょっと曇った感じが・・・どうも、さっきまでのサキコロもモーニンも盤質いまいちながら米盤だったので、カートリッジのお陰もあって非常にご機嫌な鳴りっぷりだったのに対して、ヘレンメリルは日本盤なので?ちょっと残念な感じ・・・(滝汗

で、それじゃあ・・・2トラ38テープを・・・

うん、世代は経てるので高域が落ちてますが・・・やっぱり濃さと太さがあるのでテープは実在感がある気がしますね・・・クリフォードブラウンのトランペットは、テープはの方が断然インパクトがありますね!・・・(^^;

と、それじゃあ最後・・・取って置きのテープを聞く前に・・・

あ、時間切れ・・・つづきは次回へ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

アナログはオールマイティに?

ずっとクラシックを中心に機器の選択や調整をしてきていますので、今回、ジャズのソースが皆様のお気にいっていただけるかどうか、興味の一つのポイントでした。ジャズの盤をMy Sonic Signature Goldでかけたとき、M谷氏からも合格サインが出て、楽しんでいただけて良かったです。

Re: アナログはオールマイティに?

酒仙坊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
積み重ねてこられたシステムの熟成あってこそ明確な効果が発揮されたのだと思いますが・・・今回のSignature Goldで聞かせていただいたレコードは、自分の持参した盤ながら、こんなに素晴らしい録音が刻まれていたのか!と驚くほどテープにもひけを取らないサウンドでした・・・(^^;
そこそこの盤でも十全に鳴らすシステムを構築できれば、音源投資も含めたトータルのCPが高く、どの音源も高いレベルで十二分に楽しめるんだって痛感いたしました・・・m(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3794-40aade19