FC2ブログ

【3680】180605 新AMPの接点クリーニング?・・・(^^; 

さて、元々自分でも気付いていながら?まだ何か手はあるはずと、悶々とした年月を重ねてきたんですが・・・5年振りの拙宅音会で、今のシステムの出音の方向性とσ(^^)私の求める音の方向性が違うってことを、改めて認識させていただき・・・(滝汗

本質的な問題は、拙宅のSPがσ(^^)私の思う音へのトランデューサーではないってことなんですが・・・それでもなお悪足掻き?・・・ある意味駄目元?開き直り?で・・・SPを無理矢理にでも動かせば、少しはましにならないか?と・・・(滝汗

って言うか・・・干乾びたキリギリスに手が出せる範囲の駆動力のあるプリメインを、たまたま見つけた?ってだけで・・・ひょっとすると、セパレートからプリメインへの単純化で、出音の鮮度を少しは維持し、改善が図れるのでは?との下心・・・

ま、大陸製とは言え、物量投入タイプのものづくりをしてた頃の製品だし・・・丸い音なりに厚みで無理強い出来るかも?と淡い期待も持ちつつ・・・

で、安直にゲットして・・・拙宅環境で鳴らしてみると・・・ああ、やっぱり丸いし、重心が今までより低くなったからか?抜けと見通しが減退・・・(滝汗

ま、休眠機器だったみたいだし・・・すぐさまチタンインシュを入れて、しばらく聞きまくってたんですが・・・う~ん、少しは改善したけど、まだまだベールが・・・(滝汗

中域、中低域の厚みで、抜けはともかく、存在感は少しアップしたし・・・何とか、もう一息中高域方向に軽く音離れしてくれないかなあ?と・・・(^^;

それに、リモコンでの動作は全く問題ないけど・・・時折、ボリュームノブを下げても、ボリューム値が上がってしまうことがあって・・・

こりゃあ、やってもうたか?・・・得意の安物買いの銭失い・・・(大滝汗

ってわけで・・・とにかく中味の確認(^^;と、接点清掃だけやってみようかと・・・

まずは・・・天板を外して・・・中を拝見・・・(^^;

【天板外して】
3680-01天板外して

で、ビシェイのボリュームチップを使った基板を外して・・・

【背面端子類も】
3680-02背面端子類も

つづいて、背面パネルの端子類を外して・・・同時に無水アルコールを綿棒につけてクリーニングを・・・

【セレクタ基板】
3680-03セレクタ基板

で、こちらはセレクタ基板になるのかな?・・・これも、基板間のジョイント端子やケーブルコネクタ内の接点を綿棒でクリーニング・・・

【ボリューム基板(奥)と電源基板(中・手前)】
3680-04ボリューム基板(奥)と電源基板(中・手前)

ちなみに、一番奥のPCのメモリ基板みたいのが、ビシェイのチップを使ってると言うボリューム基板で・・・真ん中が電源基板・・・手前も電源基板の一部で・・・

モノコンストラクションとするため?左右対称の基板で、これも接点をクリーニング・・・

【基板間の接続プレート】
3680-05基板間の接続プレート

電源基板とパワー基板を繋ぐプレートや、パワー基板からSP端子へのプレートを外して・・・これまたクリーニングを・・・

【パワーアンプ基板】
3680-06パワーアンプ基板

ケース左右のヒートシンク取り付けられたパワーアンプ基板はそのままに、他の基板との接続端子のみクリーニングを・・・

【再度組み立て】
3680-07再度組み立て

で、外した時と逆の手順で全ての基板やプレートを再び組み立て・・・

【動作確認】
3680-08動作確認

各部の点検の後・・・ラックの上に戻して動作確認を・・・

うん、クリーニングしたって言うプラシーボでバイアスが掛かってるからか?・・・何となく少し見通しがよくなって、こころもちカチッとした音になったような気が・・・(滝汗

ボリュームノブの動作は・・・この時点では、発生せず・・・(^^;

ま、元々クリーニング前も、常時発生するわけではなかったので・・・しばらく様子見とするしかないかな?・・・(^^;

と言うことで・・・この日のお話しは、これにて終了・・・

明日は?・・・息継ぎネタ?・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3784-9c1d609c