FC2ブログ

【3669】180602 2Hくん邸訪問(1)超贅沢な部屋使いと驚きの奥行き!・・・(@@; 

さて、美味しいうどんで腹ごしらえをし、かわいいお子さん達にウエルカムボードで歓迎してもらうと言うはじめての体験をした2Hくん邸へ再び戻って・・・いよいよ音会スタート・・・

事前にお聞きしてはいたんですが・・・その部屋使いは、極めて贅沢!(@@;

音源に入っている音空間をそのまま再現すべく、平行法のセッティングノウハウを何度かの引越しを経て身に付けられ?・・・そのセオリーに沿った配置を試された結果・・・

【超贅沢な部屋使い?】
3669-01超贅沢な部屋使い

なんと・・・SPが部屋の中央より手前?まで進出し・・・機器の大半がSPのさらに向こうの空間に平置きされている!・・・(@@;

メインの部屋の広さは12畳で・・・リスポジの後に4畳の部屋が間口1間の開口で繋がっているので・・・エアボリュームは16畳ってことで・・・

で、メインの部屋12畳の半分より手前にSPがあって・・・要は6畳の長辺使いでSPを置いて・・・SPの向こうには6畳の空間が・・・リスポジの後には4畳の空間が・・・(^^;

機器構成は・・・まず、SPがMAGICO V3と非常に個性的?・・・今時の流れに向かう前のMAGICOが持っていた音楽への良心?(^^;

で、SP間に配置される送出し機器が・・・ESOTERICのK-01で、メディアに入っている情報を最大限取り出すためのアイテムってことでしょうか・・・

【駆動系の機器配置】ブレててスミマセンm(_ _)m
3669-02区銅系の機器配置

でもって・・・入り口と出口に比べて・・・駆動系が非常にユニークな印象を受けますが・・・プリアンプが・・・AUDIO DESIGNのDCP-210・・・昨今、筐体を高級化したパワーアンプで非常に注目されているメーカーで、確かボリュームの前にフラットアンプを1段入れることで情報のダイナミックレンジを確保しているのが特徴だったかと・・・(^^;

で、パワーアンプは・・・SOULNOTEのsa4.0を2台BTLでモノ使用・・・っと、こちらもユニークなメーカーですね・・・でも、設計ポリシーはプリと似ているところもあり、やはり入力信号のエネルギー感も含めて全部をSPから出そうって感じで・・・Non-NFBアナログ電圧増幅アンプとデジタル(PWM)パワー段の組み合わせと言う、結構異色な構成?・・・(^^;

でもって・・・パワーアンプへの電源供給には・・・これまた特殊?なアイソレーショントランスを使われてて・・・これまたビックリ!(@@;

インコネや電源ケーブル類は・・・主にσ(^^)私には超お馴染みの青いルーズソックスを履いたリベラメンテシリーズが・・・(^^;

で、SPケーブルが・・・これまたギャップが激しく拘りを感じる赤黒ケーブル・・・(@@;

さらに、ケーブルインシュは・・・これまた異色の?・・・お子さんのあいうえお積み木の無地のピースを中心に・・・(^^;

と、非常に機器構成~セッティングに至るまで、極めてオリジナリティの高い、ユニークな構成なんですが・・・

実は、お部屋に入った時から、BGMで波の音や虫の音がかかっていて・・・そのさりげない、極めてナチュラルな音に感心してまして・・・うちは全然凄い音はしませんからと仰っていましたが・・・とんでもない!既にその凄い懐の深さの片鱗が溢れているじゃないですか!(^^;

で、以前拙宅音会にお越しいただいた際、終わってからのおさらい会の席で仰ってた・・・太鼓と声を重視してて、この2つがきちんと鳴れば、大抵大丈夫との言葉を証明すべく?・・・

いや、そう言うわけではなく・・・まずは、ウーファーがしっかり動いてくれるように?と太鼓から・・・

【鬼太鼓座の富嶽百景から】
3669-03鬼太鼓座の富嶽百景から

で、かけられたのが・・・鬼太鼓座のSACDで、富嶽百景から・・・花や今宵の・・・

ほう・・・後でどろどろどろと鳴る太鼓が凄い・・・って、音量が大きいわけではなく、そのリニアリティ?が凄い!・・・ホールの中央より少し後くらいのイメージだけど・・・打音と皮の振動がか鳴りしっかり感じられて・・・

と、笛が入ってその響きから、その空間の広さが一層はっきりと・・・って、なんちゅう奥行きなの?・・・余りの奥行きに超ビックリ!(@@;

何と、太鼓と笛は・・・最初の画像の正面のカーテン付近から聞こえる・・・しかもその響きの空間は部屋より遥かに大きなスペースを感じさせ・・・

詩を読む女声のエコーが、部屋中に広がるかのごとく・・・SPは視野の手前?にあるのに・・・再現される空間は、奥の6畳スペースいっぱいに・・・特にその奥行き方向の深さは、ホントに驚異的!(^^;

と、今日のところはこの辺で・・・つづきは明日・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3773-fdbe2c57