FC2ブログ

【3639】180520 拙宅音会(2)クロックでの音の変化?・・・(^^; 

さて、前回5年振りに拙宅音会を再開したかと思ったら、2ヶ月後には第2弾?・・・ま、ある意味前回のおさらい音会も兼ねてってことで・・・前回の反省点を変更し・・・

まずは、重心を下げた音を聞いてもらおうと思ったら・・・話のネタにとオルフェのサンバさんが持参された、低域タップリなCDの試聴からスタートして・・・あれれ?(^^;

で、その歌の世界とその雰囲気を出すための音作りってことで話が大盛り上がり・・・(汗

と、つづいては、ユニットの取付ネジの締め付けトルクの話で、またまた盛り上がり・・・

闇雲に締め上げるより、普通は絞め殺さない範囲?で緩まない程度に・・・でも、うちは天邪鬼なので、ユニットのフレームをフェルトで挟んで、箱にもネジにも直接接しないで落ちない程度に止めてる程度だったりするんですよね・・・(^^;

で、オルフェのサンバ邸はB&Wで・・・そのスコーカーは特殊な取り付けで・・・ってな話題から・・・音友達のH氏は、ツイーターもスコーカーも例の鋼球とアルミ板とエプトシーラーの振動吸収子で振動アースをされてるって話しにも・・・(^^;

【アナログ系の振動吸収子の話】
3639-01アナログ系の振動吸収子

ちなみに、うちは・・・そのノウハウをトーンアームやシェルに使ってます(^^;・・・それに、CDPやアンプ類も機器の底板に同じ構造の振動吸収子を使ってまして・・・(汗

と、オルフェのサンバさん的には、CDPの回転体の振動処理として、スパイク系の論理を気にされてたんですが・・・σ(^^)私には説明できる知見がないので(汗・・・ちなみに、前回は高解像度系のリジッドなインシュレーションにしてσ(^^)私の思う眠さを解消出来なかったので・・・今回は、真逆の浮揚系?で目覚めを狙ったので・・・音のシャープな印象と足回りの硬さは必ずしも一致しないってことが説明したかったんですが・・・(^^;

で、さらに話題は・・・拙宅アンプが同じくLuxmanで、柔らかく眠い音だと騒いでるから?・・・オルフェのサンバ邸もアキュに比べて柔らかい音なんじゃないのか?とご心配なご様子?・・・で、クラウンからポルシェやフェラーリまで話が広がり・・・(汗

世の中で話題のPCオーディオやネットワークオーディオの話に飛んで・・・専用機とチューンドPCとの違いや優劣・・・価格やスペック、物量の違い・・・それより結局、音楽再生の方向性に合わせたチューニングレベルの違いの方が大きな要素では?って話とか・・・(汗

改めて、自分の音作りには、自分の思ういい音のイメージをいかに明確に出来るか?と、それを基準に音のみの情報(スペック、価格、方式etc.に惑わされず)で、絶対的な評価が出来るようになるか?が、自分の目指すサウンドへの近道だなって認識を・・・って難しいなあ(滝汗

ま、それはともかく・・・そろそろ、2Hくんの到着までに、前回からの変更成果をお聞きいただいて、ご意見いただきたいなと・・・(^^;

で、オルフェのサンバさんから・・・そもそもσ(^^)私の定常リスポジ(椅子の位置)が、やはりかなり前に感じるとのご意見が・・・(滝汗

【拙宅レイアウト(旧)】3397-06
3397-06現在のレイアウト

はい・・・前回もそう仰っていたので・・・どうしてもリビングとダイニングの間の梁が邪魔するので、回り込みは足りないのですが・・・今回はダイニング側の椅子のところにSPの設計焦点である3mの交点を持って来るようにセッティングしましたんで、ここで・・・(^^;

【大貫妙子のPure Acoustic】1883-03
1883-03大貫妙子のPure Acoustic

ってわけで・・・いつもの大貫妙子のピュアアコースティックを・・・

【焦点3mの交点】3638-01
3638-01セッティング変更し

ひょっとすると、ポピュラー系はTVのブランケットを外して調整してるので・・・音の太さやピントの明瞭度がもうひとつかも?・・・(汗

と、daisiさんからは・・・響きはともかく、ダイニング側でも前回よりピントがはっきりした感じはあるとのことで・・・(^^;

じゃ、ブランケットを退けて聞いてもらいましょうかと・・・もう一度・・・

ああ、こっちの方が響きが豊かになりますね、この曲にはこっちの方が合ってますねと(^^;・・・ああ、やっぱり普段聴きのポピュラーはこっちの方が好印象になりますね・・・クラシックの奥行きはブランケットかけないと出せなくて・・・TVって難しいなあ・・・(滝汗

σ(^^)私的には、前回より眠さを改善する方向に調整したんですけど、どうでうか?・・・

と、オルフェのサンバさんからもdaisiさんからも・・・結構よくなった・・・前回とはだいぶちゃいますね!と・・・(嬉

で、今回のσ(^^)私的なポイントは・・・リジッド系のインシュレーションを外して、逆に柔らかいインシュレーションで音の明瞭度を上げたってところでして・・・(^^;

と、ここで外部クロックをσ(^^)私の好みになるクロックに繋ぎ直して、再び・・・

音の硬いところと柔らかいところの差・・・歌やチェロの出音の波が揃ってダイナミックレンジが広がる方向に変わったんじゃないかな?と思うんですが・・・いかがですか?(^^;

と、オルフェのサンバさんからは・・・定位もよくなって生々しい感じになったと・・・で、daisiさんからも・・・なるほどと・・・(^^;

で、変えたのは・・・元がリフォーム?した二重恒温槽タイプのOCXOをアルミケースに入れてifiのACアダプタ駆動にして、それを前回オルフェのサンバ邸に持ち込んだクロックジェネレーターに入れて・・・それをAETのSIN DG75でプレーヤーに入れたものから・・・後のは、インフラノイズのGPSクロックをクロックリベラメンテでプレーヤーに入れました・・・

と、daisiさんが・・・響きのある音源じゃなしにインパクトのある音源だったら逆転しませんか?とのことで・・・(汗

仰る通りで・・・ただ、歌や演奏の抑揚やメリハリは非常にいいのですが・・・アタック系のピークは少し優しくなって、オーディオ的快感は少なくなりますね・・・(^^;

ちなみに・・・っと、時間切れで・・・つづきは次回に・・・m(_ _)m

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3742-e559befb