FC2ブログ

【3629】180501 カートリッジ(Signature Gold)試聴会@河口無線(前編)・・・(^^; 

えっと・・・やっとこさタイムスタンプが5月に入りましたが・・・何と3ヵ月半遅れという辛い情況・・・特に、この間たくさんあちこち伺ったので・・・皆さんスミマセンm(_ _)m

何とか早くおさらいを進めねばとは思うのですが・・・それがプレッシャーに?(滝汗

ってわけで、酷暑の中、青息吐息でおさらいを・・・(^^;

で、表題の通り・・・今年はゴールデンウィーク前半をお出かけに当てたんで・・・この日は、酒仙坊さんがセッティングしてくださった河口無線でのカートリッジ(My Sonic Signature Gold)の試聴会・・・(^^;

ちなみに・・・この試聴会の結末?現時点の到達点は、既に一楽徒さんのHPに・・・

で、このような流れとなった経緯が・・・前回伺った時のお話し・・・

【3503】180121 酒仙坊邸:種々の音源試聴(序)・・・(^^; [2018/03/11]
以降、全7話・・・

こちらの序章にくわしいのですが・・・酒仙坊さんの音友達Mさんとの様々な試聴・実験を経て・・・まずはシステム野ポテンシャルをの底上げするのが優先と・・・My Sonicの昇圧トランスStage1030を導入されたんですが・・・

同時に比較試聴をされていた、同じMy Sonicのカートリッジについて・・・

これまで・・・30万円台のEminent GL・・・40万円台のHyper Eminent・・・50万円台のUltra Eminent BCと試聴され・・・

悲しいかな?価格に応じたポテンシャルをしっかり発揮してくれると言う結果で・・・(滝汗

で、昇圧トランスStage1030とUltra Eminent BCによる圧倒的なポテンシャルを聞いたならば・・・ここは、Signature Goldも聞いた上で、BCでいいのでは?との予定調和を想定されての?今回の試聴会?・・・(^^;

と言うことで・・・ゴールデンウィークの河口無線さんの試聴会(オーディオ三昧)の直前の時間に・・・システムとお目当てのカートリッジの試聴機をお借りして・・・酒仙坊さんが比較試聴をされるってことで・・・同席させていただいたってわけで・・・(^^;

で、この日の立会人?は(^^;・・・ここまでの昇圧トランスやカートリッジの比較試聴をご一緒されてきた音友達のMさんとOさん・・・2日前の大@神戸邸のBBQ&音会でご一緒したM谷さん、JSさん・・・酒仙坊さんのお仕事の先輩Iさんと言うメンバーで・・・

【この日の試聴システム】
3629-01この日の試聴システム

と言うことで・・・河口無線さんのオーディオ三昧のイベント用システムをメインに・・・酒仙坊さんノリクエストで比較試聴用に用意されたのが、上の画像のシステムで・・・

主役のカートリッジが・・・My SonicのUltra Eminent BCとSignature Gold・・・のはずが?・・・メインは合ってたものの、肝心の対抗馬がEminent GLで・・・(滝汗

【Eminent GLが装着されてた】
3629-02Eminent GLが付いていた

と、手違いがあったものの・・・ま、メインのSignature Goldが用意されているので、このまま行くことに・・・(^^;

ちなみに・・・システムは、最初の画像の通り・・・昇圧トランスがMy SonicのStage302と・・・酒仙坊さんご持参のStage1030・・・プレーヤーがLuxmanのPD171A、フォノイコが同じくLuxmanのEQA-500で・・・プリ、パワーもLuxmanのC-900u、M-900uのペアで・・・SPはB&Wの802D3と言う総額700万だか800万もする構成です・・・(^^;

ってわけで・・・まずは、お店の方で用意されてた状態・・・昇圧トランスがMy SonicのStage302で、カートリッジがEminent GLで・・・

【リヒターでベートーベンのピアノソナタ】
3629-03リヒターのベートーベンのピアノソナタ

まずは、リヒターでベートーベンのピアノソナタを試聴・・・ちょっとメインのは比較対象とはトランスもカートリッジも廉価な組み合わせですが・・・それでも計60万円ほどの組み合わせで・・・リヒターでベートーベンのピアノソナタを試聴・・・

いやあ、なんともハイエンド・・・システム構成が非常に高品質で雑な音を一切出さない構成で、上質で滑らかなな音調を端正に再生する傾向のシステムですから・・・眼前で演奏しているかのような骨太なリアリティって部分は薄いですが・・・これ見よがしなわざとらしさのない、とにかく上質なサウンドだなあって印象・・・(^^;

じゃ、今度は盤を・・・ワーグナーにと・・・

【ショルティ指揮でラインの黄金をと】
3629-04ショルティ指揮でラインの黄金を

ショルティ指揮でラインの黄金をと・・・

おお、流石に背景の静寂感が高いですね・・・空間の展開も広く・・・クラシック音痴なσ(^^)私には本質的なことや音楽的なことは分かりませんが・・・アナログならではの音の肌触りなのに、CDやSACD並みにクリアで情報量も多く、驚くばかり・・・(^^;

おつぎは・・・ストラビンスキーのプルチネッラから・・・

っと、スミマセンm(_ _)m・・・時間切れで・・・つづきは次回へ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

試聴の目的

My Sonicのカートリッジの試聴は、そもそもあちこちの試聴会で使用され好感をもったことから始まりました。My Sonicのトランスは低インピーダンスのMy Sonicのカートリッジとマッチングするように設計されているので、どのような組み合わせでも基本的には問題ないのですが、高額商品であるがために悔いが残らないよう慎重に選択することとしたためと、同じMy Sonicのカートリッジと言えども、インピーダンスと出力電圧に若干バラエティがあるので、ベストマッチングを探るために何回もショップにお願いをしてきたわけです。結果として方向性が定まってきました。

Re: 試聴の目的

酒仙坊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
ところどころご一緒させていただいて、通常のオーディオ機器の価格対効果と違って?
そのリニアなクオリティアップの仕方には、驚きました(汗
アナログが再び盛り上がって・・・このような技術が継承され、σ(^^)私の様な干乾びたキリギリスでも手が届く価格帯の製品が出て来て欲しいなと、期待します(^^;

My SonicのトランスStage 1030は初期のものと後のモデルでは内部仕様が違うので中古は避けた方が良いです。
音楽好きの人なら買い換えちゃうぐらい良くなってますから気を付けたほうが良いでしょう。
松平さんも根っからのアナログ好きな人で未だに色々と研究されていますので、年に一度、大阪ハイエンドの飲み会は楽しみにしています。

  さん、情報ありがとうございますm(_ _)m
製品化したら終わりでなく、常に進化を考えておられるメーカーさんなんですね!
技術だけでなく、開発ポリシーなども継承される環境になるといいのですが・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3732-3733b324