FC2ブログ

【3616】180421 HJ邸音会(終)心地よかったブリティッシュサウンド!・・・(^^; 

さて、このところ、音友達のところのおさらいが、得るところ多くて、どれもがしつこいほどの連載になっちゃってますが・・・今回も・・・なので、最後はちょっとペースアップ?(滝汗

HJさんが音楽に傾注して行った頃・・・逆に音楽がHJさんにとっては残念な時代に・・・当時残っていたのはこんな音楽だったと・・・そんなん言うたら僕の時代は小室ですよ・・・(爆

【Peter GabrielのSo】
3616-01Peter GabrielのSo

で、かけられたのは・・・Peter GabrielのSoからSledgehammerを・・・大ヒットはしたし音は凄いけど・・・こんな音楽ですよ!と・・・(汗

HJさん的には相当残念なようですが・・・田舎育ちのσ(^^)私には、全然カッコいいじゃないですか?って感じで・・・この辺だったら思い出すのは映画バックトゥザフューチャーのヒューイ・ルイス&ザ・ニュースだったりするんですが・・・(汗

っと、ここでHJさんとdaisiさんは、誰のプロデュス?っての出大盛り上がり・・・

で、HJさんが・・・某アクセメーカーの製品で位相を整えると音が飛び交うらしいと・・・

【t.A.T.u.の200KM/H IN THE WRONG RANE】
3616‐02tATuの200KMH IN THE WRONG RANE

色々話題に事欠かなかったけど、プロデューサーはトレバーホーンやで!って話はよく分かりませんが・・・HJさんが・・・でも、うちでは飛びかわへんねん(汗と・・・まずはCLOWNSを

ああ、この曲、聞こうとしてたわけじゃないですけど・・・よく聞こえてましたね(汗・・・で、とってもエネルギッシュでドラムが気持ちよく聞こえてたんですが・・・確かに飛び交うって感じは無く・・・うちでのおさらいでは、エネルギー感に乏しく曲のインパクトに欠けるんですが・・・結構逆相成分を感じるところはちょっとあって・・・つづいてのMALCHIK GAYは、少し飛んでる様にも感じるところはあるものの同様の傾向・・・9曲目は、ロシア語のタイトルん出表記できない(汗・・・この曲はさらにもう少し飛びかけ?・・・(^^;

で、同じように、飛び交う系で・・・Antony and the JohnsonsのI Am A Bird Nowkから・・・1曲目のHope There's Someoneを・・・

【Antony and the JohnsonsのI Am A Bird Now】
3616-03Antony and the JohnsonsのI Am A Bird Now

ボーカルが性同一性障害で・・・って、確かに声が微妙?(汗・・・そう言えば、ジャケットがナジャみたいで・・・っと、ジャケは本人とは関係ないそうで・・・で、これもボーカルやピアノが天井を越えて飛んでいくらしいんですが・・・これはその気配が無い・・・でもボーカルの訴えて来る感じは凄く感じますね・・・(滝汗

で、そろそろ最後・・・の前に・・・これ確認しといてくださいと・・・

【10ccのThe Original Soundtrack】
3616-04 10ccのThe Original Soundtrack

10ccのThe Original Soundtrackから、もちろんI'm Not IN Loveを、UKオリジナル盤で・・・

ああ、やっぱり・・・例のσ(^^)私の思うシュワシュワ感は、ひょっとするとデジタル系のノイズ?・・・PCMのノイズを聞いているのかも?って思ってたのですが・・・コーラスの回り込みはたくさんあるものの・・・やはりアナログにはσ(^^)私の思うシュワシュワ音?ノイズは無いのかな?って感じで・・・(滝汗

まあ、確かに・・・ちょっと低域を強めにされてることもあって・・・コーラスの高い粒状感のある部分が弱いので、高さは感じ難いかな?っと思っていたら・・・オルフェのサンバさんが・・・SPスタンドを、さっきの話題の木のブロックで10cmほど持ち上げれば、高さが出るのでは?と・・・と、HJさんは、やるかどうかは、また考えますと・・・(^^;

アンプを変えたお陰で、前より奥行き感が出たとのことで・・・HJさん的には、今はのところは今のサウンドに満足されているということ・・・不用意に変えないでじっくりあれこれ聞くと言うスタンスを取られてて・・・σ(^^)私の場合は、それが出来ること事態、凄い!って思ってしまう自分がちょっと寂しかったりして・・・(汗

で、話題がバイアンプに行き出したので・・・ま、でもその前に、気分が変えたくなったらSP端子のジャンパー線を今のケーブルで自作された方が、色々楽しめるかな?って・・・(汗

と言うことで・・・音楽ファンでオーディオも少しって方中心の音会ゆえ・・・ちょっと今までにないアプローチや気付きも多かったHJ邸ですが・・・

それじゃあそろそろおいとまをと・・・それなら最後にこれをと・・・

【TOM WAITSのForeign Affairs】
3616-05TOM WAITSのForeign Affairs

TOM WAITSのForeign AffairsからA Sight For Sore Eyesを・・・って、冒頭がピアノの蛍の光で・・・なるほど、これがさよならソング・・・と思いきや・・・

なんとも凄いだみ声のボーカルが・・・めっちゃ渋い!(^^;

【カートリッジはゴールドリング】
3616-06カートリッジはゴールドリング

と、今更ですが・・・ここまでのカートリッジはゴールドリングで・・・この重心と濃さと太さと煌びやかさは、この効果もあるような気も・・・ま、カートリッジとプリのフォノイコによるところも大きいかもしれmせんね・・・(^^;

ってわけで・・・長々としつこいおさらいにお付き合いいただきありがとうございました!

で今回の音会はこれにて終了・・・ですが、この後全員でお茶しに行って・・・ひとしきり音楽、オーディオ談義で大盛り上がり・・・皆さん、お疲れ様でした・・・m(_ _)m

で、あすは?・・・この日、オルフェのサンバさんから帰ってきたもので・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

トレバーホーンさんは
https://youtu.be/IUgF49Rtg7Q
で、ベース弾きながら歌ってる人です(^^)

daisiさん、情報ありがとうございますm(_ _)m
この曲も聞いたことありました(汗・・・YESのボーカルもされてたんですね・・・全然気にして無くてお恥ずかしい限りで(滝汗
あら?・・・σ(^^)私の好きな映画、コヨーテアグリーの音楽プロデューサーもトレバーホーンさんでした・・・(滝汗
う~ん、知らないとは恐ろしい・・・(恥

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3708-e43b57a5