FC2ブログ

【3611】180421 HJ邸音会(4)これ凄くいい録音でしょう?・・・(^^; 

さて、連想ゲーム的につぎつぎと、この曲聞いみて、こっちも・・・このベースって、エンジニアにもっと俺を目立たせろよってレベルを上げさせたんだって・・・(^^;

っと、音楽ファンならではのエピソードトークに盛り上がりつつ・・・ベースの低減の定在波を気にしつつも・・・時折、オーディオ的な話題にも・・・(^^;

どうやらHJさんは、ちょっぴりベースが強めがお好みなようで・・・曲によっては、リスポジでベースが飽和気味になる所がお悩みなのかな?って感じも・・・(^^;

で、皆さんからのコメントも交えて・・・でも、この感じで聞きたいねん!って結論で・・・ならば、too muchな時だけティントで調整すれば?って話しに・・・

ホントは、セッティングやルームチューニング材の使いこなしで・・・ほら!こうすれば大丈夫でしょ?って出来ればいいのですが・・・経験不足、力不足でスミマセンm(_ _)m

と、THE BANDを聞きつつ・・・完璧なセッティングだと、リスポジで100点で、他は80点とか?それとも、どこで聞いても100点なのか?って話に・・・

何を持って100点とするのか?って言うのでも違うとは思いますけど・・・例えば、今のベースのブーミングとは別に・・・ミキシングで作られたステージの楽器の配置がSP周辺に出来上がって、リスポジから片方のSPの前に移動しても、その配置が手前のSPに偏ること無く、ステージを斜めから見ているかのごとくのままで・・・更には、SPの外側、ステージ横から聞いてるような位置に移動しても、まるでステージを横から見ているのと同じように、ステージ上の楽器配置がそのままってセッティングを聞かせてもらったことがあって・・・こうなれば、どこで聞いても100点ってことになるのでは?・・・(^^;

と、多少ベースがブーミー気味ながら・・・HJさん的には、べーすがどや!?的に気持ちいいねんとのことで・・・皆さんからも、いや、それが一番いいんと違いますか?って話しで・・・

で、daisiさんが、これでアビーロードのHere Comes the Sun聞いたら・・・ポールのベースが気持ちいい?とHJさん・・・で、daisiさんが、うん、ポールがそんだけ目立ちたいんか!ってなると思う(爆・・・と、HJさんが、それええやん!ポール目立ちたかったんやから(爆

っと、めっちゃ面白いノリになって来て・・・daisiさんが・・・ホンマはOld Brown Shoeがいいんやけど・・・で、HJさんが、ま、Here Comes the Sunでと・・・

【ビートルズのアビーロードを】
3611-01ビートルズのアビーロードを

モービル盤のアビーロードを・・・でも、daisiさんが、普通のないです?と・・・で、HJさんが、普通のないねんと・・・

ああ、これはdaisiさんが何を懸念したかが、σ(^^)私にも何となく分かった・・・モービル盤って独特の音作りしてるんで思ったベースが出るかな?ってことかと・・・(^^;

で、これをかける位置でも掛け合いが(^^;・・・B面1曲目や、いやメドレーの前からや、そんなジョージを過小評価したらんとってと言いつつ再生・・・

うん、σ(^^)私の印象のモービル盤らしい高域美音なギターで・・・ベースは、やっぱモリモリな感じで・・・(^^;

daisiさんからは・・・これジョージからしたら、お前喧しいわ!って思いますよと(爆・・・で、HJさんからは・・・かっこええベースラインやね!と・・・(^^;

で、daisiさんが、モービルは線細いですねと・・・と、HJさんは、綺麗やし繊細やねん・・・アビーロードはこう言う音でいいんちゃうの?と・・・(^^;

う~ん、確かに・・・モービルらしいサウンドバランスって印象ですね・・・そう言えばこれを、ムンドのシステムで、こってり甘く聞かせてもらったことがありましたね・・・(^^;

と、ここでHJさんから・・・嶋護氏(音楽評論家?オーディオ?・・・音楽と録音?)がよく褒めているビル・ポーターってエルビスのエンジニアしてた人の録音でと・・・

【The All-Time Greatest Hits Of Roy Orbison】

3611-02The All-Time Greatest Hits Of Roy Orbison
The All-Time Greatest Hits Of Roy OrbisonからOnly The Lonelyを・・・

と、ここで・・・この録音凄くよくない?ってHJさんと・・・特には、こんなもんと違いますの?ってdaisiさん・・・で、この録音についてのコメントを皆さんで、ああだこうだと・・・

で、σ(^^)私的には、ふとこの当時のエコーってどうやって付けてたんだろう?ってのが気になって・・・何かエコーの付け方に由来する心地よさみたいのがあるのかな?って・・・(^^;

と、つづけてdaisiさんから、Blue Bayouのリクエストがあって、これを再生・・・(^^;

やはり、独特の透明感を思わせる中高域のアクセントと暖かく柔らかいエコーで・・・この録音について、皆さんああだこうだと・・・σ(^^)私的には古めの録音をCDで中高域を見通しよくリミックスしているのと似てて、それをアナログでやったらこんな感じ?って印象で・・・これをCD聞くと綺麗だけどそっけない感じで、アナログだからこその心地よさみたいな・・・(^^;

これも、いい録音でしょう?と・・

【Ben E. King's Greatest Hits】
3611-03Ben E_ Kings Greatest Hits

Ben E. King's Greatest HitsからYoung Boy Bluesを・・・

ああ、なるほど・・・これも同じ傾向の録音ですねえ・・・

で、これもとAretha FranklinのAretha Nowを・・・

【Aretha FranklinのAretha Now】
3611-04Aretha FranklinのAretha Now

ああ、やっぱり同じ感じの音作り?・・・中高域のアクセントとエコー感・・・ちょっと前の2枚に比べると硬質感がありますけど・・・σ(^^)私的には、クリアな透明感を感じさせる共通のアクセントを感じるんですが・・・

それより、σ(^^)私的には、どの盤も凄く鮮度感の高いエネルギッシュな素晴らしい鳴りっぷりで・・・盤の力が凄いなって思った次第で・・・(^^;

と、まだまだつづきますが・・・つづきは明日へ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3703-6dcc22f2