FC2ブログ

【3605】180417 クロックのスポンジボブ化とリモコントレイの製作?・・・(^^; 

さて、拙宅音会を機に、多少σ(^^)私の音の嗜好が補正されたからか?・・・セッティングのアイテムを変えて音の方向性を変更したからか?・・・思い悩んでいた眠い音の呪縛からは、多少開放されたような気も・・・(滝汗

まあ、実際のところは相当意識的に脳内変換している気もしますが・・・とりあえず、音への不満度合いが緩和したのは間違いなく・・・めでたしめでたし!?(^^;

と、オルフェのサンバ邸への押し掛け実験に端を発する、拙宅サウンドの方向転換と、ほぼ時を同じくして、σ(^^)私的には10年振りのリバイバルブーム?・・・(^^;

以下、既出ですが・・・
【084】クロックジェネレータの導入(G-25U) [2008/10/17]
【085】ルビジウムの世界に突入(G-25U内蔵) [2008/10/18]
【086】ルビジウムの世界に突入2(アトミッククロックの別体化) [2008/10/19]
【087】ルビジウムの世界に突入3(アトミッククロックのシールド強化) [2008/10/20]

【N006】運命の出会い(クロックケーブル) [2008/08/23]
【N007】ルビジウム10Mhz外部クロックケーブル比較試聴 [2008/08/24]

【N009】クロックケーブル比較試聴(パート2) [2008/09/10]
【N010】クロックケーブル比較試聴(パート2)【番外編】 [2008/09/11]

振り返ると・・・かなり色々遊んだみたいで・・・

この後、インフラノイズのGPSクロックに出会って、これをゲット!・・・(@@;

その経過はリンク先と、文中のリンク先に・・・(汗

【1356】120208 来た!GPS-777・・・えっ?・・・(^^; [2012/04/23]

以降、しばしあちこちに持ち込んだりして遊びまくって以来・・・

それでも6年振り?に外部クロックによるサウンド変化に夢中になっているわけです・・・(汗

当時の投資額は、最低でも2桁諭吉が必要だったのに・・・それが干乾びたキリギリスの超緊縮財政なσ(^^)私が何故?ってことなんですが・・・(滝汗

デジタル技術の進歩は早く・・・集積度が上がると品質はそのままに量産され、一気に価格が低下・・・ほぼ同じ機能のものが、半年や1年で価格の桁が減るなんてことも!(@@;

そんな結果の製品かどうかは知りませんが(汗・・・10年前2桁諭吉だったクロックジェネレータの機能が、今や名刺より小さいサイズの基板に乗っかって1諭吉程度で手に入るんですから・・・それにデジタルは集積度が上がって低電力動作が可能になるとノイズも減るから?・・・音のクオリティーはアップすることが多いんですよね・・・(^^;

で、そんなこんなで手を出したのが・・・このクロックモジュール・・・

【3584】180320-21 DOCXOでクロックジェネレーターを製作?・・・(^^; [2018/05/31]
【3585】180323 DOCXOでクロックジェネレーター製作(Part2)・・・(^^; [2018/06/01]

でもって・・・さらに調子に乗ってゲットしたのがこちら・・・

【3598】180329 シングルオーブンOCXOとiPowerで簡易実験?・・・(^^; [2018/06/14]

なんですが・・・このシングルオーブンOCXOを裸で実験してたところ・・・クロックモジュールのケースが結構熱くなるなと思って・・・(^^;

って、そりゃあオーブンで水晶振動子を暖めてるんだから・・・あ、これをさらにもう1重くるむのが二重恒温槽タイプってわけか?・・・だったら・・・

【スポンジでくるんで】
3605-01スポンジでくるんで

で、ホームセンターで調達してきたのが・・・スポンジ!・・・これに切込みを入れてクロックモジュールを中に入れちゃいました!・・・(^^;

【スポンジボブ化】
3605-02スポンジボブ化

ま、別途ケースに入れるとして・・・とりあえずは、スポンジボブ化完了?・・・でも、音が変わったか?・・・については、変化を感じられませんでした・・・(滝汗

で、ホームセンターでついでにゲットしてきた材料で・・・

【リモコントレイを製作】            【常に右手に】
3605-03リモコントレイ作成 3605-04常に右手に

単に、L字の金具と棚板をゲットしてきただけなんですが・・・フェイクエコーネスの肘置きの固定ネジのところにL字金具を取り付けて・・・その上に棚板を固定・・・(汗

これで、常に右手にリモコンを置いて置けるってわけ!・・・(^^;

と言うことで・・・今日のお話しはこれにてお終い・・・明日は?・・・(汗

AC iPurefireの追加実験のお話し・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3697-c745a171