FC2ブログ

【3598】180329 シングルオーブンOCXOとiPowerで簡易実験?・・・(^^; 

さて、先のオルフェのサンバ邸への押し掛けクロック実験にて、そこそこ使い物になりそうな感触が得られた国産のダブルオーブンOCXO・・・

拙宅予備実験では、クロックジェネレーターのモジュールも旭化成のチップを使った設計の新しいもので・・・意外によさげな印象・・・(^^;

だったら・・・先のダブルオーブンOCXOは、10MHzの2系統出しが出来るし・・・これを単独にしてP-02,D-02のクロック実験に使えるようにして・・・

これらのアイテムと同時にネットで見つけた・・・中華製だけど、設計が新しく精度が高いと評価の高いシングルオーブンの10MHzのOCXOクロックモジュールを、クロックジェネレーターと合わせれば・・・10MHzの基準周波数1系統に・・・スーパークロックやワードクロックを2系統出力できるクロックジェネレーターにすれば・・・

2つで、かなりいろいろな実験が出来るようになるんでないかい?・・・(^^;

ってわけで・・・先のクロックジェネレーターをオルフェのサンバ邸に置いて来たまま・・・

【届いた10MHzのシングルオーブンOCXO】
3598-01届いたシングルオーブンOCXO

で、思わずポチッて届いたのが・・・こちらの10MHzのシングルオーブンOCXOで・・・

【内部配線用のケーブルと実験用端子】
3598-02内部配線用の同軸

先の国産のダブルオーブンOCXOにあった出力端子が装備されていないので、ケーブルと端子もゲット・・・

ちなみに、基板に端子穴があったので、2系統出しができるか?実験するため端子もゲットしたのですが・・・これは、見事に玉砕・・・(滝汗

で、今回入手したクロックをどうやって動作させるか?を考えたんですが・・・ケースやパーツを調達してリニア電源を作るのも、結構面倒だし・・・果たしてそれに見合う効果があるか?も分からないし・・・

と言うことで・・・今回、チョイスしたのがこちら・・・

【ifi AudioのiPower 12V/1.8A】
3598-03iPowerの12V

ifi AudioのiPower 12V/1.8Aって・・・見た目はスイッチング電源タイプのACアダプターなんですが・・・

【見た目はスイッチングタイプのACアダプタ?】
3598-04ACアダプタ

そこは、現在このメーカーの製品が大人気なわけが・・・何でも、軍事用のレーダーの技術をなんたらかんたら・・・要はイヤホンのノイズキャンセラー見たいに、元の電源からノイズを取り出して反転合成するとノイズがキャンセルされるってことだそうで・・・

オーディオ用のリニア電源のノイズフロアが20μVなのに対して、それより1/20も低い1μVだそうで・・・しかも、電源を自作するのと変わらないか、むしろ安価・・・(滝汗

いやあ、だったらこれを選ばない手はないでしょう?ってことで・・・

ま、スイッチングタイプのACアダプタが、元のACラインへノイズを撒き散らさないのか?って不安もありますが・・・その場合、AC iPurifierってアイテムもあるし・・・(^^;

なんだか、完全にメーカーの思う壺な気がしますが・・・ま、やってみる価値はあるでしょう?ってことで・・・

【G-25Uに外部クロック供給】
3598-05G-25Uの外部クロックに

ってわけで・・・まずはG-25Uに外部クロック供給してロックがかかることを確認・・・

で、今回のシングルOCXOの外部クロック供給有無を簡単に聞き比べてみると・・・

断然、有りの方が、音の佇まいがカチッと焦点が合い、見通しがハッキリして・・・外すと、全体がぼやける感じで・・・明らかに外部クロックの効果が感じられる・・・(^^;

ま、対抗馬の実物が帰ってないので、記憶との比較になりますが・・・国産のダブルオーブンOCXOが、大人しい目のナチュラル傾向なのに対して・・・今回のシングルOCXOは、少し明るくホンの少し音が立つような気が・・・

いいじゃん!・・・眠いと嘆くうちのメインシステムには、こっちの方がいい感じ?・・・

で、調子こいて・・・もう1台の自作出川式電源を使って、今回のシングルOCXOを聞いてみると・・・こっちの方が重心がほんのちょっぴり下がって滑らか?って気がしなくもない・・・

いや、あの・・・SN感はiPowerの方が高いみたいで・・・(汗

ま、もう少しいろいろ試してみないとね?・・・(^^;

と言うことで・・・今日のお話しはこれにてお終い・・・明日は?

またまた、インシュレーション・・・ってかアーシングを・・・(^^;

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Mt.T2さん、こんばんは。

クロック励まれてますね!楽しく拝見させていただいております。
当方でもハブのクロックを低位相ノイズのTCXOに載せ替えて遊んでます。
電源の構成が異なりますが、こちらではよりナチュラルな感じになって行く感じです。


さて、巷で人気のiPower!我が家では使い物にならなくてサヨナラ致しました。
家のどこのコンセントに挿してもフォノ入力がハム拾っちゃうんですよね(°▽°)SWアダプタ挿してもこんな事にならない故、もう?マーク付きっぱなしの私でありました( ゚д゚)

おいけさん、情報ありがとうございますm(_ _)m
拙宅では、3個使用してますが、今のところ問題なしです・・・(^^;
個体差?不具合の可能性もありですが・・・AC回路側あるいは・・・空間伝播で弊害の可能性もあるんですね・・・(汗
オシロなど、測定の術があれば・・・とも思いますが、その費用があれば、ACまたはDC iPurifierを追加したいって思っちゃいます・・・(滝汗
ひょっとすると、拙宅では、メインのオーディオ系と別回路(分電盤の上下違い)の電源系でのみ使っているからか?・・・AC iPurifierを併用していることで、AC系へのノイズ混入がキャンセルされているのか?・・・(汗

一応、気になるので外部クロックに使ってるiPowerで実験してみました・・・(^^;
まず、AC iPurifierを全撤去してフォノイコ同系統のコンセントにiPowerを入れてみましたが・・・特にノイズは聞こえませんでした・・・このことから、拙宅ではAC回路へのノイズ送出は問題ないと思われます。
つぎに、iPowerをACの延長ケーブルに指して、フォノケーブル周辺やトーンアーム周辺、フォノイコの端子周辺に近付けてみましたが・・・特にノイズは聞こえませんでした・・・このことから、拙宅では空間伝播によるノイズ送出は問題ないと思われます。
と言うことで・・・拙宅での実験だけからの可能性の推測では・・・固体の不具合か、iPowerを接続した機器との合わせ技くらいしか思い浮かびません(汗・・・また、おいけさんの実験がiPowerを機器に接続せずともフォノ入力がハム拾うとすると・・・固体の不具合の可能性が高いかな?と・・・(汗
後もう一つ・・・拙宅のアースがらみの実験で、機器間のアースループが原因でハムが乗る事象を経験していますが・・iPowerのフィルターの影響で、機器間のアースループが顕在化し、ハムが出た可能性があるかも?・・・これは根拠なしのヤマ勘です(汗
いずれにしても、iPower、残念でしたね・・・m(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3690-edbb1442