FC2ブログ

【3596】180325 フィーストレックスの励磁SP試聴会(後編)・・・(^^; 

さて、リアルタイムと2ヵ月半もの遅れているのに(滝汗・・・何ゆえ、このお話しを前後編の2話にするの?って、我ながら疑問?・・・って、おさらいが追い付いてないだけ(汗

リアルタイムで音友達の凄技の使いこなしで、見事にチューニングされた励磁SPを聞かせていただいて・・・この日の印象が間違ってなかったことを確信(汗

そもそも励磁SPの感激サウンドの根っ子には、当時のコーン紙やエッジ、ダンパーから来るユニット自体の音離れの素質?に、その振動板をいかにストレスフリーに鳴らすか?ってセンスとノウハウが要るのでは?って印象を抱く今日この頃(滝汗・・・特に低域の驚くべき再生方法は、如何にしてその術に至られたのか?・・・結局、驚くべき数の実験の積み重ねによる知見の成せる技なのかも?と、感心し切り・・・

って、話はいずれじっくりおさらいするとして・・・この日の試聴会のつづきへ・・・

フィーストレックスさんの超高級励磁SPの試聴会・・・励磁全盛期の音を、現代風に再現しようとすると、その開発費も含め、高級車並みの投資が必要なんですね?・・・(汗

男声やチェンバロ、バイオリン、コントラバスと、励磁ならではの澄んだ音色・・・だからと言って痩せたり薄くなったりせず・・・どころか、濃く実在感を感じる音のエネルギーを伴った出音を楽しませていただいたと同時に・・・

励磁SPだからこその、出音のコントロールの難しさ・・・励磁電源によるものか?はたまた低域再生の難しさをなのか?・・・(汗

一つは、コーン紙?励磁電源と磁気回路?・・・コーン紙が、鳴りの音調にかなりシビアに関係しそうな印象を抱くと同時に・・・励磁電源による電気サウンド的音のイメージをいかに払拭するサウンドに調教できるか・・・低音再生のために箱に入れることの弊害の大きさ・・・こんなところの難しさを感じたわけでして・・・(^^;

ま、この辺りの印象を裏付ける体験をさせていただいたがゆえ、今はこの日感じたことがやっぱりなと、府に落ちた次第で・・・

っと、ここでフィーストレックスの方が・・・励磁型のSPは、パーマネントのSPの音が平面的なのに対して・・・あっ!レコードの中味をターンテーブルの上に置いたままジャケットだけ持ってきちゃった!って大失敗に落胆され・・・ホントは、大聖堂の天井の高さや広がりを聞いて欲しかったんだけど・・・励磁型のSPは、パーマネントのSPでは出ない音場感、高さ感が出るんですよとのこと・・・

で、ショップの店主さんが、それじゃあ、イメージは違うのかもしれないけど、カンターテドミノをかけましょうか?と・・・で、カンターテドミノのレコードを再生・・・

ああ、なるほどねえ・・・パイプの発音部の振動音の立ち上がりの速さ、明瞭度と・・・パイプからの音のふわっとした上下、左右からの包まれるよな響き・・・これが合わさった際の空間の広がりを仰っているのかな?・・・

ふと、フルレンジゆえ、ショップイベントでも、ある程度のセッティングで相当な音場空間を出せるんでしょうけど・・・これで平行法のSPポジションの厳密な調整がされたら・・・かなりのクオリティーの実在感と音場感が聞けるんじゃないか?って感じたわけで・・・(^^;

と、お客さんのリクエストで、B面のコーラスを・・・

声の教会の空間での響きと広がりは凄く感じるんですが・・・σ(^^)私的にはここで、箱のどうしても存在が気になって・・・後面開放なら鳥肌ものの音になるのでは?って・・・(^^;

で、つづいて・・・フラメンコギターをいきますかと、レコード再生・・・

うん、励磁の立ち上がりに負けない低域を出すためには、普通は箱で鳴らすしかないんですよええ・・・でも、それが耳に付いてしまう体験をしてしまっているので・・・(滝汗

いや、現代のパーマネントのSPは何をやってるの?・・・励磁ならではの実在感のある音のエネルギー・・・この音、まるで実物が眼前に・・・ってのを実現するには、σ(^^)私は必須の要素だと思ってるんですが・・・現代SPでこれが出せるのってあるんですか?・・・(汗

おつぎは・・・エディヒギンズのピアノとサックス、ドラムのトリオのレコードを・・・

う~ん・・・ビーナスブーストに励磁の音のパワーが重なると、完全に電気サウンドになっちゃうなあ・・・これって音作りの段階で、現代SPでは出ないから盛った音を入れましたってレーベルの思いが、仇になってる感じ(滝汗・・・ま、ある意味励磁の強みを改めて認識させてもらったってことなんですけどね・・・(^^;

つぎは、ステレオサウンドのレコードで石川さゆりの津軽海峡冬景色を再生・・・

う~ん・・・現代SPでは全然出ない生命感のある凄い音なんですが・・・いかんせん、ビンテージ励磁SPのサウンドで衝撃を受けてしまっているので・・・この価格なら・・・と、思ってしまって(滝汗・・・後面開放だったら・・・

と、ホントは、隣にあったパーマネントのSPと聞き比べられたらなあと思いつつ・・・daisiさんとお茶しにショップを後に・・・

【タンノイがどえらいことに(@@;】
3596-01タンノイがこんなことに?

で、daisiさんに連れられた行った茶店に着いたら・・・天井見てビックリ!(@@;

タンノイ使いの方が見たら、この取り付けは痛ましいと?(汗・・・他にもオリンパスとかも置いてあったりして・・・(^^;

【取り付け痛い】
3596-02痛い?

ま、それはさて置き、daisiさんとは、聞いてきた励磁の話とか・・・daisiさんがお悩み中のシアター関係の機材のはなしとか・・・ひとしきりオーディオ話に大盛り上がりして・・・また遊んでねって話して、帰宅・・・

daisiさん、興味深く面白いイベントをご紹介いただいて、ありがとうございました!・・・お陰様で、励磁SPの音について、結構理解を深めることが出来ました・・・m(_ _)m

で、明日は?・・・先日の拙宅音会を踏まえて実験を・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3687-6ef6d52f