FC2ブログ

【3586】180324 オルフェのサンバ邸音会(クロック実験)(序)・・・(^^; 

さて、久し振りのプチ工作・・・って、ケースに穴開けて配線繋いだだけですが・・・(滝汗

それでも、σ(^^)私には、この程度のやっつけ工作がとっても楽しくて・・・ま、実際のところ・・・クロックによる変化がどうあれ?・・・既にσ(^^)私の満足度は80%を遥かに超えてたりして・・・って、何が目的でやっとるんや!?(^^;

と言うのも・・・クロックについては、昨日のリンクのごとく・・・既に10年ほど前に、ああでもない、こうでもないと散々その効果、変化を楽しんだ・・・ってか、振り回されて、疲れ果てたわけでして・・・(^^;

で、今は・・・クロックとは縁のないアナログの世界を旅してるわけでして・・・(滝汗

とは言え、最近再びちょくちょくCDも聞くようになって来て・・・って、うちの今のクロックは・・・音の変化より、曲の旨みを拡大して聞かせてくれることから・・・インフラノイズのGPS-777にクロックリベラメンテが定番になってまして・・・(汗

なのに、何故に今更ネットでクロックモジュールやジェネレーターモジュールを?って話は・・・昨日書いた通り・・・G-25Uの外部クロックの同期確認と・・・オルフェのサンバさんにちょっと遊んでいただこうって魂胆で・・・(^^;

【自作?クロックジェネレーター】
3585-06完成はしたが?

もちろん、今時のクロックは・・・クリーンな電源を個別供給した高精度・低位相ノイズのクリスタルオシレーターをDAC近傍に置いて、直接出力信号を供給するのが一番よさげ?って話は認識しておるのですが・・・(汗

外部クロック入力のある機器ってのは、実際のところ、10年前のお楽しみ三昧の経験から・・・驚くほどに外部クロックの影響を受け、変化するので・・・こりゃあ目一杯遊んでもらうためにあるんじゃないか?って思ってるくらいで・・・(滝汗

まじに、外部クロックやクロックケーブルは、結構サウンドの調整や音作りに利用出来るって思ってまして・・・それゆえ、嵌ると大変!・・・何が何でも絶対的なものなんだなんて、思っちゃいけないのであります・・・(^^;

だって・・・そもそも外部クロックは、MHz帯域の高周波を発する機器なのに・・・機器自体がどれだけ高周波の影響を及ぼすかを考慮して作られてる製品がどれだけあるか?・・・そんな高周波を機器の外に引張り出してケーブルで引き回すってことがどれだけ難しいことなのか?・・・ホントに高周波の取り扱いを充分理解して、更にオーディオグレードの影響までを知った上で作られてる製品ってどれはどあるのか?って話しで・・・(滝汗

例えば・・・通常、高周波を扱うケーブルには諸元が明示されていますが・・・オーディオグレードのクロックケーブルで、高周波の特性が明示されてるのってある?・・・さらに機器とケーブルのインピーダンスをしっかり指定してる製品はどれだけある?・・(^^;・

なのに、産業用や業務用に比べて、金額の0が1個も2個も多い根付の製品ばかり!(@@;

それだけじゃない・・・外部クロック入力を持つ機器自体・・・すなわちトラポやDAC側の設計は、そう言うグレードの設計がされてるの?・・・一部では、内蔵クロックの信号をPLL回路で分周する時点で、既にノイズや誤差を増大させるレベルだって話もあるくらい・・・(滝汗

ってことは、どんなに高精度でクリーンなクロック信号を入力しても・・・端から駄目駄目ってケースだってあるわけで・・・(^^;

確かに、突き詰めて、理屈に合ったしっかりしたクオリティーでシステムを構築していくと・・・お遊びのレベルとは次元の違う世界に出会うとが出来ることは知ってるんですが・・・

途方も無い知識と経験・・・加えて気の遠くなるような投資も要るわけで・・・それなら、それは出来る方々にお任せしといて・・・

横着で単純なσ(^^)私なんぞは・・・だったら、外部クロックを安価に自作して、正解とは向きを違えようとも・・・その大きな変化を積極的に楽しんじゃおうかな?って気に・・・(^^;

ってわけで・・・そんな横着モードなクロック遊びの世界もありますから・・・あまり深みに嵌る前に・・・気軽に楽しんだ方がいいですよ!ってデモを・・・オルフェのサンバさんに体験してもらいたいなと・・・

で、お楽しみのために調達したクロックジェネレーターが、充分楽しめるってのを確認したところで・・・オルフェのサンバさんに、遊んでくださいな?ってメッセージを・・・(^^;

っと、直ぐに、いいよ!って快諾が・・・

で、一昨日~昨日の日記に書いたDOCXO内蔵の自作クロックジェネレーターを持って・・・

いざ、オルフェのサンバ低へ・・・出陣!(^^;

ってわけで、最近、一緒に遊んでもらってるdaisiさんも交えて、お楽しみタイムを!ってことだったんですが・・・所用でdaisiさんの到着が遅れることに・・・

で、σ(^^)私は、先に到着して・・・さっそく、オルフェのサンバさんとお茶タイム!(^^;

daisiさんの到着を待つ間、あれやこれやとクロックの話を・・・

で、いよいよ実験本番なんですが・・・つづきは明日に・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3677-6f119c59