FC2ブログ

【3585】180323 DOCXOでクロックジェネレーター製作(Part2)・・・(^^; 

さて、ふとした思い付きと、ネットのアイテムで、ホント何年振り?ってくらい、久しくたっての外部クロックとの戯れ・・・(滝汗

ま、その切っ掛けも・・・自己中な嬉しがり的に結びつけると・・・

たまたま拙ブログの過去記事で・・・

あら?・・・2008年の7月の最後あたりから2010年の4月までの約2年間の記事でリンクしてる画像が、かなり無くなってる(@@;・・・ひえ~!これ直すにしても・・・(滝汗

っと、それはともかく・・・その昔、って、もう10年前にもなるんですね!・・・クロックのお師匠さんであるON爺さんにいろいろ教えていただいて・・・ルビジウムクロックの製作「」「」「」に始まり・・・クロックケーブルの比較実験「」と「」と「おまけ」と・・・

一時期、どっぷりクロックとクロックケーブルの闇に翻弄されてた時期がありまして・・・

トラポ~DAC間のクロックケーブルで、驚くべき音の変化を体験されたオルフェのサンバさんが・・・この昔の記事をご覧頂いてたみたいで・・・(汗

昨日の冒頭に少し書いたように・・・悩ましいクロックの闇の世界に足を踏み外しそう?になられているようだったのと、拙宅の休眠クロックジェネレーターG-25Uの動作確認のために、ネットで見つけたモジュールを使って、最新?10MHzマスタークロック内蔵のクロックジェネレータを作った?・・・組み立てたわけですが・・・(滝汗

【G-25Uを上回る?自作クロックジェネレータ】3584-09
3584-09動作比較?

こんな簡単組み立てした自作クロックジェネレータながら・・・クロックとしての性能的には遥かにG-25Uを上回るって結果なわけで・・・(滝汗

ここまでのポテンシャルがあるなら・・・もう少し手を入れて、最新クロックジェネレータ?としていろいろ使えるようにとの下心が・・・(汗

【パーツの調達】
3585-01パーツの調達

えっと・・・とにかく、現状ジャンパの変更で出力するクロック周波数を設定する仕様のジェネレータのモジュールを・・・何とかスイッチで簡単に切り替えられるように出来ないか?と・・・バシでいくつか部品を調達して来て・・・(^^;

って、結局メインは、ロータリーコードスイッチなんですが・・・今は、こんなスイッチを使わず、マイコン制御が主流なようで・・・そもそもつまみが取り付けられるタイプが皆無(滝汗

あちこち探して、結局見つけたのが、共立さんの在庫処分品・・・(@@;

【穴あけしてスイッチを取り付け】

3585-02穴あけしてスイッチを取り付け
で、このロータリーコードスイッチを、全面パネルに穴あけして取り付け・・・

【配線を取り付け】
3585-03配線を取り付け

内部の配線を取り付けて・・・

【LEDインジケーターの光を】
3585-04LEDインジケーターの光を

ジェネレータ基板のLEDインジケーターの光を、アクリルファイバー?で、フロントパネルへ突き出させ・・・10MHzクロックの電源ONとジェネレーターの電源ONと、外部クックとの同期ロックを表示するように・・・

【保温材でOCXOを包む】
3585-05保温材でOCXOを包む

で、二重恒温槽タイプなので、これ以上が必要?って思いもありますが・・・一応、10MHzクロックを梱包材で包んで、さらなる保温を・・・(^^;

【BPF経由で10MHzを折り返し】
3585-06BPF経由で10MHzを折り返し

でもって、この10MHz2系統出しの片方に、BPF(バンドパスフィルター)経由で折り返して、クロックジェネレーターの外部クロック入力へ・・・

【完成はしたものの?】
3585-06完成はしたが?

ってわけで、一応完成したんですが・・・

実は・・・σ(^^)私の無知でお馬鹿ゆえ・・・大きなミスが発覚・・・(@@;

スイッチを切替えても、出るはずのワードクロックが出ず(滝汗・・・認識されないか、全然コードと違うワードクロックが出力される・・・ひえ~!(^^;

で、あれこれ調べたら・・・なんと!ゲットしてきたロータリーコードスイッチが、リバースタイプでして・・・(滝汗

コードの0と1が逆になるので・・・こりゃ駄目だ!・・・ですが・・・このつまみが取り付けられるタイプはもう入手できない?・・・(滝汗

でも、よくよく見ると・・・通常使う44.1kHz, 88.2kHz, 176.4kHz, 48kHz, 96kHz, 192kHzの6種類のコードは出るみたい・・・(^^;

ってわけで、この6種類だけ出るようにして・・・出力周波数をマジックで書き込んで・・・うんうん・・・これで、一応使えるようになった!・・・(^^;

で、今日のところはこれにてお終い・・・明日は、いよいよもう一つの目的も?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3676-21020a66