FC2ブログ

【3556】180224 逸品館&キット屋さんのコラボ試聴会(10)・・・(^^; 

さてさて、昼も抜きで5コマ目を終えて、さすがに疲れましたが(滝汗・・・両店の店主さん達は、ずっとイベントでデモをしつづけておられるわけで・・・ビックリ!(@@;

で、6コマ目は・・・ありゃあ、やっぱりキット屋さんは立見状態・・・ってわけで、再び逸品館さんのブースへ・・・(滝汗

う~ん、今思うと、次回の大阪イベントがいつあるのかどうかも分からないし、今の管球アンプへの興味度合いからしても、キット屋さんのデモに行っとけば・・・とは思うんですが・・・

と言うことで、6コマ目の逸品館さんのデモは・・・

【新製品の紹介】
3556-01ふんだんに無垢の木を

さっきのコマで紹介されたCAVのスピーカーをカスタムチューンした仮称ゴーストと言うスピーカーで、いろんな曲をつぎつぎ聞くと言うデモ・・・

あ、画像がホントは昨日の最後と逆ですね・・・上の画像が仮称ゴーストの紹介用で・・・昨日の最後の画像が、このデモの機材も映ったヤツですね・・・

アンプは、AIBOWのEL84プッシュプルの管球アンプだそうで・・・DACプリとしてマランツのHD-DAC1のAIBOWバージョンを使ってPCからのファイル再生で・・・

お得意のせせらぎにはじまり・・・ゴーストのポテンシャルの高さを感じ・・・

つづいて、これまたお得意のジェイクシマブクロとシンディーローパーのアクロスザワールドで管球の響や艶も感じて・・・

カーペンターズのレインボウコネクションを聞いて・・・背景の透明感から、DACプリのSNや完成度の高さを感じ・・・

つづいては、K(関根真里のだんな)の春の雪を・・・つづけては、ブルーノマーズの24マジックを・・・って、小さいSPでこう言う曲は・・・と思ったけど、なかなか頑張って、充分雰囲気を出してる感じで・・・

おつぎは、マイケルジャクソンのアプレイスウィズノーネーム・・・なんとも惜しい人を

つづいては、トマゾ・アントニオ・ヴィターリのシャコンヌをオイストラフのバイオリンで・・・σ(^^)私、何故かオイストラフの演奏好きです・・・(^^;

【エイみたいな管球アンプで】
3556-02エイみたいなアンプで

とここでアンプを同じAIBOW製のエイみたいな形の管球アンプに変えて・・・先のシンディローパーを・・・で、アンプのポテンシャルとクオリティの高さを感じて・・・(^^;

最後にエヴァシャシディのソングバードからフィールズオブゴッドを・・・これ、元々出てた単体のCDより細かな雰囲気も出てて響きも綺麗ですよね・・・1年ぐらい前に、このレコードをポチッたんですが、CDもDVDも付いてて・・・レコードもよかったんですが、DVDが思いの他よかった記憶が・・・(^^;

ってわけで、6コマ目が終わって・・・つづいて7コマ目は・・・

そのまま逸品館のブースで・・・ハイエンドスピーカーの聞き比べということで・・・(滝汗

【ハイエンドSP】
3556-03ハイエンドSP聞き比べ

さっきのエイみたいなアンプで・・・タンノイのチェリオット、ケンジントン、B%Wの800D3、ウィーンアコースティックのThe Musicと鳴らして行く・・・

まずはタンノイのチェリオットから・・・美しき青きドナウを・・・意外に元気と言うか、強いところがあるのと・・・低域の鳴り方に特徴が・・・

つづけてケニードーハムでロータスブロッサムを・・・トランペットとシンバルはドライバーの威力を感じる強い音でいいなと・・・でも低域がやっぱりちょっとσ(^^)私には・・・(汗

つづいては、SPをケンジントンにして・・・同じケニードーハムを・・・あ、これは音の質が数段高いですね・・・低域は同じですけど・・・(汗

おつぎは、カラヤンを・・・う~ん、σ(^^)私的には、帯域ごとに音の性質が違って、凄く鳴らすのが難しいSPなんだろうなと言う印象で・・・

女性Jazzミュージシャンによるフィーバーをかけられたんですが・・・印象は同じ・・・

おつぎが、お待ちかねのB%Wの800D3で・・・同じくフィーバーを・・・

なんですが・・・制限時間を大幅にオーバーしちゃったので・・・つづきは明日に・・・

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3647-bea23a1d