FC2ブログ

【3554】180224 逸品館&キット屋さんのコラボ試聴会(8)ファイル再生・・・(^^; 

さて、4コマ目は・・・逸品館さんのPC・ネットワークオーディオ試聴に・・・って、PCオーディオもネットワークオーディオも真面目にやってないのに?・・・(滝汗

いや、そうなんですが・・・先のコマが立ちっ放しだったこともあって、本命の夕方の合同イベントまでの体力温存ってわけでもないんですが、たまたま席のあったこちらへ・・・(^^;

さすがに少々疲れて、ぼーっとしてたのか?あとでプログラムを見たら・・・キット屋さんのプッシュプルアンプの聞き比べとかシングルVSプッシュプルの聞き比べとか・・・今のσ(^^)私に興味深いデモがあったみたいで・・・(滝汗

でもこの時は・・・今時のファイル再生をハイエンドで聞いたらどうなの?って興味で・・・

【PC・ネットワークオーディオ試聴】
3554-01PC&ネットワークプレーヤー

で、まずは構成の説明があって・・・DACは、マランツのネットワークプレーヤーのAIRBOWカスタマイズバージョンND8600Specialで・・・これの最大の特徴はCDが聞けることだそうで・・・操作アプリも便利になったとか・・・(^^;

で、アンプが同じくマランツPM10のAIRBOWカスタマイズバージョン78諭吉を2台・・・スピーカーは、ウィンアコースティックのThe Musicって380諭吉のハイエンドSPで・・・

と言うことで、試聴順は・・・USBメモリのファイルをND8600Specialで聞いて、つぎにWindows10でVLC Media Playerと言うフリーソフトで聞いて・・・つぎにPCもMac Book Proに変えて同じソフトで聞く・・・で、今度は再生アプリをHQPlayerって有償ソフトで聞く・・・最後にLinuxをカスタマイズしたMsHDと言うOS搭載のAIRBOWのPCからHQPlayerで再生・・・それに、ネットワークを経由したらUSBとどう違うかを聞くと・・・そんな流れとのこと・・・

で、まずは、ND8600SpecialでUSBメモリのファイル再生・・・

曲はToni Braxton & BabyfaceのアルバムLove Marriage & DivorceからRoller Coaster・・・

うん?低域がタップリ入った打ち込み系?バックのボーカル曲?・・・始めて聞くのでいったいどうなのか?なんとも分かりません・・・(汗

もう1曲・・・ヘイリー・ウェステンラーのアヴェマリアを・・・

【朝の配置】
3554-02朝の配置

画像を撮ってなかったので、朝一の画像から・・・まあ、これだけ広い会場で、ほとんど両サイドの壁際近くから45度くらいの振り角ですから・・・それでこれだけ鳴ればねえ・・・

で、同じ曲をWindows10のPCからVLC Media Playerってフリーソフトで再生・・・

お、1曲目は、PCオーディオらしいカチッと元気で明るい感じのドンシャリサウンド・・・アヴェマリアも音の粒立ちのハッキリした音で・・・ま、音色がちょっとだけ違いますが、クオリティーにはそんなに差を感じれませんでした・・・(滝汗

で、つづいて同じ曲をMacで再生・・・

うん?1曲目はちょとだけこれの方が滑らかで明晰度も高いような気が・・・アヴェマリアも音の繋がり、密度感が高く、曲想の描き分けも高い気が・・・(@@;

で、つづいてはWindows10のPCで再生ソフトをHQPlayerって有償ソフトにして聞くと・・・

アヴェマリアは・・・ふ~ん、音触は先ほどのMacとの音の差が無くなった感じでクオリティーがグッと上がってる気が・・・(^^;

と、今のを4倍のアップサンプリングにして再生・・・ほう、奥行きと深みが出て来た・・・これをDSD11.2Mにコンバートして再生・・・お、柔らかく滑らかさが増し・・・ちょっと負荷が大き過ぎたか?ちょっとふらつき・・・なので5.6Mに・・・さっきのPCMのああぷアンプリングとDSDの中間くらいかな・・・(汗

Toni Braxton & BabyfaceをDSD5.6で?・・・これも柔らかく滑らか・・・ま、フリーソフトよりはアドバンテージがあるのは明らかな感じ・・・

つづいて、MsHDと言うOS搭載のAIRBOWのPCからHQPlayerでToni Braxton & Babyfaceを・・・

ハハハ、さすが専用開発!(^^;・・・低域の力感、高域の滑らかなな解像度・・・R&Bの音の快感タップリに・・・(^^;

で、つぎは・・・同じAIRBOWのPCでroonのデータをHQPlayerで再生できる機能をつかって、Bruno Marsの曲とか・・・カンターテドミノのDSD5.6Mを・・・うん、低域の量感は盛大で、音触はDSDの柔らかさが出ている・・・音数はありそうだけど滑らかで鮮度が丸い気が(汗・・・つづいてキースジャレットのケルンコンサートを・・・内蔵HDDのFlacの96K24Bitで聞いてからネットワーク経由でroonのデータをHQPlayerで再生・・・先のはPCM的でroonのデータの方がオリジナルに近い音触バランス・・・低域が豊かなのは、部屋の影響かな?・・・

というわけで・・・PC系のデモに付き物のトラブル無く、短時間に非常にテンポよくつぎつぎ試聴できたのは・・・いずれの製品も、設定がしっかりされているから・・・これを自宅に持ち込むと、どうなるのか?・・・随分安定度が上がって来たのは感じましたが・・・(^^;

それに、ネットワークよりUSBメモリを主体にされたのは・・・やはりアドバンテージがあるからなのか?・・・(^^;

ってわけで、なんと無く・・・最新ファイル再生の音を聞いたかなと・・・(^^;

で、おつぎは・・・キット屋さんから凄く浸透力のある音が聞こえていたので、行こうとしたんですが・・・立見も満席な状態で・・・(滝汗

なので、明日5コマ目は、もう一度逸品館さんへ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3645-19c90185