FC2ブログ

【3548】180224 逸品館&キット屋さんのコラボ試聴会(2)SP位置と角度・・・(^^; 

さて、オーディオ飲み会で超盛り上がってタップリ飲んだ翌朝・・・何とか頑張って起きてまで向かった逸品館&キット屋さんのコラボ試聴会・・・(^^;

お目当ては、逸品館さんのセッティング実演のプログラム・・・音友達邸での音会にて、サウンド調整をされるのを、座ったままで聞いていると、その変化が非常によく分かる!(^^;

自分で体を動かしてしまうと、力を入れて頭の血流が変わるからか?・・・比較前の音との違いが非常に捉え難いんですよね!(^^;

ってわけで、プロがその調整を実演してくれるイベントなんてなかなか体験出来るもんじゃないし・・・是非とも実体験しておきたい!って思いで飲み会翌日に朝から向かったわけで(汗

で、さすがにプロ!・・・試聴曲の聞きどころも、曲に合わせて示した上で・・・、必要にして充分な試聴時間で・・・とっても分かり易い!(^^;

σ(^^)私的な経験からは・・・変化を比べるには、余り長く聞く必要は無くて・・・ってか、むしろ出だしの数秒~数十秒の音のポイントを意識して聞き比べ・・・出来るだけ短時間で、音のパターンの違う試聴曲を何曲か聞いて・・・変化の方向性や効果の特徴を確認し・・・期待の方向なら、最後に長目に曲を聞いて・・・全体の雰囲気で、メリットとデメリットを再確認するって感じなんですが・・・(^^;

正に、そのエッセンスを凝縮し、限られたデモ時間内で、効率的に音の変化を聞かせていただけた・・・朝からでて来た甲斐があった!・・・(^^;

でもって逸品館さんのデモのつづき・・・(汗

SPの下、ボードやインシュの効果による置き方の違いをデモした後は・・・いよいよSPを置く位置の調整のデモってことで・・・o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク

SP調整のポイントは・・・高い音(1KHzより上)は、光と同じような性質で反射するイメージで・・・低い音(250Hz辺りより下)は、お風呂の水面に、指で2点の波紋を起こし・・・浴槽に当たってはね返って、出来るだけ元の波紋がぐちゃぐちゃに打ち消されない・・・低音が濁らないところを・・・SPを大きく動かして探す・・・

人は、低音だけ、中音だけ、高音だけと分けて聞いているわけではないので・・・全部が上から下まで入った、残響の多い音源を使うといいよと・・・

そう言う音源を鳴らしながら、SPを前後左右や振り角を動かすと、SPから出る音の広がりが変わる・・・位置が悪いとユニットから音が出て・・・位置がよくなるとSP自体から出る音が薄れて空間全体に音が広がる感じになると・・・

写真を撮るときのライティングと同じように・・・レフ板を調整して、対象物が均一に照らされるようなイメージで・・・ライティングの光より強い光が当たっているところでは全然状態が分からないのと同じく・・・片方のSPの調整をする時、反対のSPの音は邪魔になる・・・

だから、片方ずつやるのが重要なんです・・・(^^;

と、試聴曲カンターテドミノの1曲目を使って・・・まず、調整前の音を覚えておいてと冒頭数秒を再生・・・

で、片側のSPのみからのみ音を出しながらSPを前後や左右に移動させて・・・響きの広がりが結構変わる・・・で、響の広がりが綺麗に広がるところを探し当てる・・・

つづいて、反対側のSPも同じ要領で、そのSPからだけ音を出しながら位置を変えて、響きが綺麗に広がる位置を探し出し・・・

左右の位置が見つかったところで・・・両方のSPの音を出して見ると・・・お、音の明瞭度がかなり上がって・・・低域の広がりも高域の響きの伸びもよくなった・・・

で、さっきのせせらぎ(川の流れの音源)をかけると・・・水の流れ、落ちてるポイント、鳥のさえずりの音が出ているポイントがはっきりして・・・空間に展開する位置も、SPの感覚の範囲から、実際の空間のように広がった・・・

ただ、簡単にやってますが、これは指揮者の方に師事して、様々なトレーニングを受けたから出来るのであって・・・一般的に、ここまでやるのは難しい・・・

なので、それを簡単に出来るようにするために、レーザーセッターを作りましたと・・・(^^;

ただ、低音の抜け感がよく鳴るところは、レザーセッターでは出来ないので・・・まずは、先の片方のSPを鳴らしながら動かす方法で、基本となる位置を探し出して・・・

そこから、このレーザーセッターで角度をあわせる・・・左右の音を二等辺三角形の頂点で合わせてやると・・・凄く音の立体感が出るようになると・・

よく、それだと、交点1点だけしかよくならない、そこでしか聞けないと言われますが・・・実際には、部屋全体の音がよくなります・・・

それは、SPをプロジェクターと考えてもらうと・・・左右のプロジェクターの映像をピタッと合わせると・・・交点の位置に置かれたスクリーンーに映し出された映像はどこから見ても滲まずにはっきり見えます・・・音の場合もこれと同じなんですよと・・・なるほど、上手い!(^^;

【レーザーセッターで位置合わせ】
3548-01レザーセッターで

と言うことで・・・せせらぎをかけて元の音を確認し・・・レーザーセッターでSPの位置(振り角と距離)を合わせ・・・

再び、せせらぎを再生されると・・・おお、出音のポイントの明瞭度が上がって、空間展開の左右だけでなく、上下も分かり易くなった・・・

と、つぎは微調整とのことで・・・カンターテドミノの10曲目を使って・・・レーザーセッターで振り角がそのままになるように維持しつつ・・・距離を微妙に(数ミリ程度)前後させてよく鳴る位置を探す・・・上手く合うと、10曲目の女声の声と響きの明瞭度が上がって、響の広がりが増し、消え際が伸びる感じに・・・

で、もう一度せせらぎを聞いて見ると・・・おお、音数が増えたみたいに、細かな音がはっきりして・・・広がりが一層増した・・・

で、最後に、カンターテドミノの1曲目の冒頭・・・パイプオルガンが、ジャッってなる瞬間の音が音が立ってスッと出るようになる・・・と、再生されると・・・まだあと少し調整できますねと・・・さっきよりシビアに微妙な調整を・・・で、もう一度再生されると・・・お、音圧が少し上がったように、出音がはっきりと・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん

で、変化を確認するために、わざとSPをほんのちょっとずらして、カンターテドミノの1曲目の冒頭をもう一度再生すると・・・ああ、モヤッとボケて力の無い薄い感じに・・・(滝汗

さらにもう一度合わせて再生されると・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん!戻った(^^;

っっとっとっと・・・かなり時間オーバーしちゃったので、つづきは明日に・・・(滝汗

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3639-559b6bfb