FC2ブログ

【3541】180217 教授メソッドの効果の再確認?(中編)・・・(^^; 

さて、拙宅の機器アースの確認とAC iPurifierの効果確認、さらにはクリーン電源との比較も交えて・・・気が付けば、教授アイテムの効果の再確認へと・・・(@@;

それって、元々アイテム導入時にやったやろ?って話ですが・・・それから何年も経過して・・・プラシーボ抜きに、またその間の経験も踏まえて、よりニュートラルな感覚で確認できるのでは?って思いで・・・(^^;

と言うわけで、一旦撤去していた教授アイテムを、送出し機器から順番に確認を進め・・・まずは、CDPへのチタンインシュ(大)、太刀魚電源ケーブルSEに・・・つづいてプリのインシュをチタンインシュ(小)へと・・・

その度に、SNの向上、レンジの拡大、高解像な超微粒子化的な教授サウンドの傾向が色濃くなることを確認し・・・教授サウンドゆえに聞こえる音を認識すると同時に、教授サウンドゆえに薄れる部分があることも認識・・・(^^;

で、ここからは、そのつづき・・・CDPのインシュと太刀魚君、プリのインシュと来たんで・・・今度は、プリの電源ケーブルを太刀魚君1にして・・・

まずは・・・大貫妙子のピュアアコースティックから・・・

お、これまたSNがアップして透明感がグッと増し、音数も増えて見通しと展開が広がりますね・・・やはり太刀魚君によるクオリティのアップは、その度合いが高く、一気に1段階上がるような印象ですね・・・

で、さらに教授のチタンインシュと太刀魚君が組み合わさると、教授サウンドがグンッと色濃くなるのがよく分かります!・・・(^^;

つづいて、諏訪内晶子のメロディでは?・・・

うん、やはり背景の静けさがアップすると同時にピアノの音が澄んで響きが広がりますね・・・バイオリンも音の現実味が増すと言うのでしょうか?弓を引いて弦を鳴らしているんだと言うことがわかりやすい音に・・・

おつぎは、アーロンネビルのポポポンを・・・

うん?・・・背景が澄んで、音数が増え、音の純度も上がって、高解像度で音の広がりも増しているのは凄く感じるのですが・・・高純度で音のレンジが広がると、濃淡や強弱のメリハリも押しなべて広がってしまうような感触も・・・(汗

ま、この辺りは・・・雑味とインパクトが弱くなった分、音量を上げられるようになる・・・で、実際音量を上げると・・・いかに音数が増え空間全体の音の密度が上がるかを体感できるわけで・・・

つづいては、Luca Stricagnoliのセカンドを・・・

お、こう言う曲のこう言うサウンドは得意なんですね(^^;・・・キレッキレの弦とブンブン言わす低弦の唸りみたいな・・・(^^;

と言うことで・・・おつぎは、パワーアンプに教授アイテムのチタンインシュ(中)を・・・

で、大貫妙子を聞いて見ると・・・

う~ん、非常に高い透明感と広がり・・・だけど、ちょっぴり線が繊細な感じに・・・音の純度が上がって滲みが減ってるんだけど、超微粒子化によるのか?音源の発音ポイントが少し曖昧になる傾向があるような印象も・・・(汗

おつぎは、諏訪内さんのバイオリンで・・・

ピアノの伴奏がさらに澄んだ感じ・・・同時に音のエッジ感がどんどん無くなる気が・・・バイオリンも少し大人な落ち着きが増したような印象の音に・・・

じゃあ、アーロンネビルのポポポンは・・・

う~ん・・・やはり出音のピンポイント感が薄まる?・・・非常に透明感がアップしてクオリティがアップする一方、音量感が下がった感じに・・・(汗

で、Luca Stricagnoliのセカンドは?・・・

おお、これはやっぱり得意!・・・元がキレッキレ&ブンブンな曲は凄くレンジが広がってナチュラルに聞こえる・・・

じゃあ、最後に・・・パワーの電源ケーブルを太刀魚君1にすると?・・・

大貫妙子のピュアアコースティックは?・・・

おお、ハイエンドっぽい密度感のある美音に・・・SNがよくなり音数が増え響の広がりやエコーの消え際まで聞こえて・・・ストリングスは1ランク次元が上がった感じで・・・(^^;

諏訪内さんのバイオリンは?・・・

空間の透明感がアップし、伴奏のピアノの音が綺麗に澄んだ響に・・・バイオリンも外の粒子の隙間にさらに微細な音の粒子が聞こえてきて、密度が増している・・・ただ、力感?は薄まったと言うか均されてしまったような印象も・・・(汗

じゃあ、アーロンネビルのポポポンは?・・・

うん、ハイエンド系の美音に近付いた印象・・・やはりこれだけクオリティーが上がってくるとさらに音量を上げたくなるなあ(^^;・・・

あれ?・・・SPのユニットに近付くと、ちょっとハム音が・・・(滝汗

でも、とりあえずつづけて・・・Luca Stricagnoliのセカンドを・・・

うん、やはりオーディオ的な音のクオリティーは、太刀魚君を入れるとグンッと上がるなあ・・・この手の曲は大得意!って感じ(^^;・・・ま、同時にハイエンド系美音で紳士的なサウンドに向かうほど脂ぎった若さのエネルギーみたいのは薄まる印象ですね・・・(汗

ってわけで・・・さらっと終わるつもりが問題?ハム音発覚するし・・・(滝汗

なので、ちょっと長くなり過ぎですが・・・つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3632-608b09d5