FC2ブログ

【339】090523 lin lin邸アゲイン(2)SWのユニット 

さて、いつもながらに着々と進化を遂げるlin linさんちなんでが・・・

この再訪問からは、1ヶ月以上が経っていますんで、おそらく現時点では、更なる進化をされていることでしょう(^^;

随分遅れた情報で大変申し訳ないですが・・・そのまま行っちゃいます(^^;

昨日は、フロントラックの移動と、カリン材パネルの施工の話で終わっちゃいましたが・・・今日は、その他の変更などについて・・・(^^;

丁度、この頃、lin linさんは、σ(^^)がその前の訪問時に測定したデータから、壁の反射の影響を調べたりされていたようで・・・

【フロント右壁の1次反射点】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090629022820ef1.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">339-01一次反射点右壁.jpg

最近、「リスニングルームの音響学」と言う本を出された石井伸一郎さんのSPを鏡像で捕らえる考え方で見た場合、反射点がどこになるかを、レザーとCD?レーザーディスクの反射を使ってプロットされたとかで・・・

この画像には1箇所しか写ってませんが、SWの右上に緑の丸いシールが貼ってあります(^^;

【フロント左壁の1次反射点】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090629022904864.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">339-02一次反射点左.jpg

こちらの画像には、3箇所写ってますが、お分かりになりますか?(^^;

エベレストの右肩の少し上に後方の反射点が1個・・・

画像のしたの方で、中央より少し左のコルクボードの床に1個・・・

最後は?・・・・ソフトラックの2列目の中央に1個・・・

そうそう!・・・昨日ご紹介した、シアター後方の画像2枚にも!(^^;

どこだか分かりました?・・・そうです!ラックの最上段の高さの後ろの壁面辺りに右も左も各1箇所ありますね(^^;

まあ、音自体は球面に波紋のように広がるので、軸や焦点のように点だけで考えるだけでは不足するのかも知れませんが・・・

指向性の高い高音が、当たるところが、どのような材質になっているかを知っておくことは、意味があるような気がします(^^;

まあ、σ(^^)には経験不測で、だからどうなんだと言うところまでは、入り込めませんが、意識してれば何か役立つかも・・・って感じかな?(^^;

それから、何でも上記の反射の影響のトレースも踏まえて、タワースリム(白い円柱の音響アクセサリー)には、反射拡散面と吸音面がありますが、画像の位置に反射面を前面にして置くことで効果を得たとか・・・(^^;

このタワースリムに口を近づけて声を出すと、反射面だと自分の声が良く聞こえ、吸音面だと吸われる感じがしました・・・(^^;

さて、変わったところがもう一つ!

【右のSW】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/2009062902295430d.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">339-03右ユニットはオリジナル.jpg

前回、伺った時に、その前の映画の再生でか、ウーファーユニットのボイスコイルが磁気回路の隙間から外れて飛び出てしまっていたと仰っていたんですが・・・

結局、このユニットは駄目になったみたいで、新しくTADのユニットに交換されたようです・・・

【左のSW】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/200906290230290ed.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">339-04左ユニットが新しく.jpg

ご覧のようにコーン紙のコルゲーションが全然違いますね(^^;

っと、この他、左の壁面の画像には写ってますが、以前はなかったソフトラックが設置されています・・・

それと、同様に右の壁面にもソフトラックが設置されていました・・・

ただ、その位置は、左右対称では良くなかったようで、右と左の壁面では、位置が違えてありました(^^;

っとまあ、目に見える前回からの変更点はこんなところで・・・

それじゃあって事で・・・そうです!今回は、Mac_celさんのはじめて訪問!

lin linさんが、何かけましょう?と・・・いつも見られてるのを・・・

で、じゃあ、ショウなんかでよく見られてるでしょうからと、電動スクリーンを下げて、おなじみの、レジェンズ・オブ・ジャズから・・・

ジェーンモンハイトとジョンピッザレリから・・・

プレーヤーは直前に導入されたデノンのDVD-A1UDにて・・・

音のバランスはドッシリしたピラミッドバランスで、映像は・・・

既に、σ(^^)の必要レベルは超えているので、良し悪しの判断を付けられないんですね(^^;

この後、続いてクリスボッティやマーカスミラーへと試聴は続きました(^^;

マーカスのチョッパで、こちらに音が飛んでくるような迫力は素晴らしいですね!!

スタジオの響の感じが自然に減衰して、かなり心地よかったんですが、どうもリアの花梨パネルの効果も大きいみたいですね・・・(^^;

・・・っと、制限オーバー・・・

と言う事で、続きは明日・・・(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/363-afc5157c