FC2ブログ

【3538】180217 電源アースの確認(AC iPurifierの謎解き?:中編)・・・(^^; 

さて、拙宅の教授アイテムとクリーン電源を、別実験のために一旦撤去下のを機に・・・AC iPurifierの最大効果確認のために・・・懸案だったアース環境を確認することに・・・

で、昨日の最後に記したように、各機器の信号線とアースの接続状態を確認して・・・

パワーアンプは・・・拙宅のメイン配電盤の独立ブレーカーから配線している電源回路なので・・・そのタップに何も機器を繋がずに、AC iPurifierを装着して、ダブルレッド・・・

このタップに、パワーアンプを他の機器との接続無しに単独で繋いでも、同様にダブルレッド・・・ここへ、パワーアンプにプリとのXLRを接続すると、ダブルグリーンに・・・

と言うことで、このタップBOX内を確認したら、アース線を外していたことが判明・・・

で、このアース線を接続しなおしたところまでが、昨日のお話し・・・(^^;

ってわけで、きょうはそのつづき・・・

まずは、アースを繋いだパワーアンプ用のタップにチクマの6口テーブルタップを繋いで・・・

このタップから、プリとCDPの電源を供給・・・ちなみに、この時のパワー、プリ、CDPの電源ケーブルは、全てそうてんさんからの頂き物・・・(^^;

っと、話を元に戻して・・・これで各機器間の電源アースラインを繋いだことになるんだけど・・・テスターで測ると・・・CDPのXLRの1番とケースに導通があるため、CDPからプリへの信号ケーブルのケース間に接続がある・・・(汗

【XLRのケース間シールド接続を確認】
3538-01XLRのケース間接続あり

要はXLRのケース間シールドでも、機器間のアースを接続していることになる・・・(^^;

【シールド線のケース間接続を外す】
3538-02シールド線の接続を外す

と言うことで、アースの複数回路接続を絶つため・・・このシールドを外すことに・・・

一応これで、複数経路のアースが無くなったことになるのかな?・・・(滝汗

と、ここで・・・ブレーカーからの電源回路、パワー、6口タップの延長・・・延長タップの根本に近い方から・・・空き(1)、プリ、空き(2)、CDP、空き(3)、空き(4)って状態で・・・

全ての機器を繋いだ後ろ・・・空き(3)にAC iPurifierを装着して・・・

その有無の効果を聞くと・・・確認用の曲は、大貫妙子のピュアアコースティック、諏訪内晶子のメロディ、アーロンネビルのポポポンを使用・・・

すると・・・ってか、電源と信号系も最小接続ってのもあって、音数も多く、クリアで鮮度感もあり、AC iPurifier未装着でもとってもいいんだけど(汗・・・でもって、AC iPurifierを装着すると・・・全体に音の定位がよくななり、見通しがよくなる・・・空間の広がりが出て、凄く濃く滑らかで豊かになった印象・・・(^^;

で、AC iPurifierは、装着位置で効果が違うとのことなので・・・つづいては・・・

【パワーとプリの間へ】
3538-03パワーとプリの間へ

AC iPurifierをパワーとプリの間に・・・つまり6口タップの空き(1)に装着して試聴・・・

すると・・・先の空き(3)の時より、少しSNが上がってスッキリした感じに・・・

【プリとCDPの間へ】
3538-04プリとCDPの間へ

で、おつぎは・・・AC iPurifierをプリとCDPの間に入れて聞いて見ると・・・

まるで、予定調和のようですが(滝汗・・・SNがグッと上がって見通しがかなり良くなり・・・音のピークの音圧が高くなり、ダイナミックレンジが広がったような印象に・・・(^^;

要は、アナログ系とデジタル系を分ける形に入れると、効果が高いってこと?・・・(^^;

と言うことで・・・基礎的な実験を終え・・・今度は、クリーン電源をと・・・

元々、先の確認で、このクリーン電源のE/GとLとNのそれぞれの電位差がちょっと変で(汗・・・本来、E/GとNが電位差無しで、これとL間が100Vになると思ってたんですが・・・

実際には、NとE/G間が35Vくらいで・・・LとE/G間が55Vくらいと・・・変!(^^;

と言うことで・・・クリーン電源の中を確認してみることに・・・(汗

【クリーン電源のE/Gを確認】
3538-05クリーン電源のアース確認

で、クリーン電源のバックパネルを開くと・・・電源プラグのE/Gは、一方は電源回路の方へ・・・もう一方は、出力コンセントのアースラインに繋がっている・・・

【出力側のアースをフロートにしてみたら?】
3538-06出力側をフロートに

と言うことで・・・電源プラグのE/Gから、出力コンセントのアースラインに繋がる線を・・・一旦外して、出力コンセントをフロート状態に・・・

で、これならどうだ?と・・・クリーン電源の出力コンセントにAC iPurifierを装着してみるも・・・ダブルレッド・・・う~ん残念!(滝汗

ま、でも、クリーン電源の効果を確認するか・・・ってところで、またまた分割・・・(汗

つづきは明日に・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3629-1d430422