FC2ブログ

【3529】180210 オルフェのサンバ邸(太刀魚&チタン実験)(9)・・・(^^; 

さて、今回のおさらいは・・・って毎度そうですが(滝汗・・・ご当人方の迷惑も顧みず、あれもこれも曝け出し過ぎで・・・ごめんなさいm(_ _)m

でも、今回ホントに色んな気付きや学びが多くて・・・ついつい覚え書きが増え・・・さらにはσ(^^)私の愚考φ(..)メモもちんたら追加しちゃってて・・・蛇足に蛇足を重ねた上に読み難い長文で・・・重ね重ねスミマセンm(_ _)m

と言いつつ・・・楽しんでつづきに行きたいと思います・・・(滝汗

えっと・・・教授アイテムのチタンインシュでESOTERICのセパレートプレーヤーとLuxmanのセパレートアンプにモニター系SPがどんな音に?って興味で推し掛けた結果・・・その特徴が少しは分かったかな?って感じになって・・・

ヒートアップし過ぎたので、一旦コーヒーブレイクにリビングへ・・・(^^;

と、ここでオルフェのサンバさんの好みをお聞きしたり、daisiさんの経験談をお聞きしたり・・・オーディオ雑談は延々とつづき・・・SPの仕組みの話とか・・・信号再生と演奏再現の違いについてとか・・・そもそも音源の影響の大きさについてとか・・・(^^;

じゃあ、この後何やりましょう?って話から・・・まずは、太刀魚電源ケーブルをと・・・

オルフェのサンバさんが、壁コンからパワーアンプのテーブルタップまでだけなら・・・と仰るところを、半ば無理矢理?(汗・・・やっぱインシュ入れたトラポとDACから行きましょうよ!って押し切って?・・・(滝汗

ま、σ(^^)私的には、オルフェのサンバさんは、最終的にフル教授メソッドの方向性とはちょっと違うテイストを好まれているだろうって思っているんですが・・・果たしてどうか?(^^;

と言うことで、オーディオルームへ戻って・・・まずはトラポとDACの電源ケーブルを・・・

【外したESOTERICの高級ケーブル】
3529-01外したESOTERICの高級ケーブウr

ESOTERICの高級ケーブルから・・・トラポを太刀魚君1SEにDACを太刀魚君1に差換えて・・・

【トラポとDACを太刀魚君に】
3529-02トラポとDACを太刀魚君に

と、daisiさんが・・・コーヒーブレイクの前に変えて通電しとけばよかったですねと(汗・・・ああ、確かにと思いつつも・・・(^^;

さっき、最後に聞いた課題曲・・・10ccのI'm Not In Loveから・・・

ほう、SN感がよくなって静かになった一方、音圧が上がったみたいで・・・冒頭のパーカッションの打音がかなりドライに締まって・・・ギターのエッジやコーラスのしゅわしゅわの粒立ちが一気にリアルな粒々みたいに(^^;・・・音数が相当増えた印象で、広がりも増して、空間の密度がグッとアップ・・・ESOTERICだLuxmanだって片鱗はどこかへ・・・まんま教授サウンドの方向へガラッと色を変えたみたい・・・(^^;

と、オルフェのサンバさんからは・・・これに関しては、変えた方がいいに決まってるはなあ・・・でも、カラヤンはどうなるかな?と、9番を再生・・・

う~ん・・・透明感は一気に増し、音数が増えつつも解像度はアップしてシステムを入替えたか教授サウンド的クリーン電源を入れたのか?ってくらいの変わり様で・・・御影とチタンインシュと太刀魚君って3点セットの効果がフルに発揮されたって感じなんですが・・・やはり冒頭のオケの方が強くなり、男声が大人しく・・・レンジのフラット&ワイドレンジと同じように演奏も均等にオーディオ的クオリティーがアップした感じに・・・

と、daisiさんから・・・随分なドーピングですね・・・筋肉増強剤を処方したみたい・・・こうしてガラガラ音が変わるとハイエンド人は、いくらあってもきりが無いので大変やなと思いますねと・・・(滝汗

で、オルフェのサンバさんからは・・・もう、音数が全然違うね・・・ピッコロとか今まで聞こえてなかったもんと・・・

と、daisiさんが・・・金額や見た目は置いといて音はどっちがいいですか?と・・・で、オルフェのサンバさんからは・・・こっちがいいと・・・(超滝汗

で、おつぎは、アーロンネビルを・・・

うん、正にハイエンド教授サウンドらしい、透明感と音数がアップ、個々の音の厚みも空間の密度も高く増した・・・でも全ての質が上がって、こちらも演奏とボーカルが対等に・・・(汗

と、オルフェのサンバさんが・・・チンチンチンってのが生々しいなと・・・

で、おつぎは大貫妙子のピュアアコースティックを・・・

あ、もう笑っちゃうほどの透明感と音数・・・こう言う曲は、ホントに大得意ですね・・・

と、オルフェのサンバさんが・・・こうなるから教授がいいって言うんだよねと・・・

で、daisiさんが・・・さっきのピッコロがよく聞こえるとか、チンチンチンが生々しいって言うところだけ意識すると、木を見て森を見ずになる可能性が高いですよと・・・

そうなんですよね・・・何かの意識が高くなるということは、代わりに意識が行かなくなるところが出てくると言うことですから・・・σ(^^)私みたいに、変化を面白がるものには、延々と楽しめるんですが・・・求めるサウンドのイメージがある人は、しばらく聞いてると、そのイメージとの差が気になってくるので・・・そこが思いの方向かどうかを聞いとかないと・・・(^^;

例えば、バイオリンのソロとかボーカルとか・・・情感のダイナミックレンジの広い演奏を聞いた時にどうなるか?とかを聞くとまた印象が変わると思いますよ・・・(^^;

と、今度は、雑誌付録のCDからモーツアルトをちょっとだけ聞いて・・・ここで定位の確認をしておこうと・・・神尾真由子の24のカプリースを・・・

っと、残念・・・また中途半端に時間切れ・・・なのでつづきは明日に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3620-47b17637