FC2ブログ

【3497】180112-13 届いた音源&洗って聞いてもう一つ・・・(^^; 

さて、アリエナイザー・ミニのお陰で、ユニットを弄り過ぎて眠いい音のうちのシステムでも、演奏のメリハリ、歌の抑揚がグッと出て来て、とっても楽しめるように・・・(^^;

オリジナルのアリエナイザーPSI-1000が、音楽の深みがを感じさせてくれるのとは違って・・・音触が分かりやすく、演奏や歌の機微がスッと見通せる・・・うちのシステムの悩ましいところを見通せるような・・・(^^;

ってわけで、アリエナイザー・ミニで、眠い音のうちのメインシステムも・・・ちょっぴりカッチリと見通しのよい音に・・・(^^;

と、そんな嬉しいサウンドになったところへ届いたのが・・・

【マリア・カラスのSes Recitals 1954-1969】
3497-01マリア・カラスのSes Recitals 1954-1969

マリア・カラスのSes Recitals 1954-1969ってBOXで・・・1982年発売の仏盤11枚組のBOXで・・・なにを思ったかついぽちっと・・・(滝汗

で、おつぎが・・・こちらの4枚で・・・

【この日届いたレコード】
3497-02この日届いたレコード

まず1枚目は・・・左上のカサンドラ・ウィルソンのTraveling Milesで・・・1999年発売の2枚組欧州盤?・・・で、CDのおどろおどろしい感じかと心配したんですが・・・

確かに、お馴染みの低い声で歌ってますが・・・あれ?っと思うほど普通で・・・(^^;

で、2枚目右上は・・・スペシャル・トリビュート・トゥ・ビル・エヴァンスって、1983年発売の2枚組の日本盤で・・・14人のピアニストが、エヴァンスをトリビュートして1曲ずつ演奏したもので・・・もちろん元はエヴァンスの曲なので、雰囲気はエヴァンスなんですが・・・やはり、皆さん少しづつ、おのおのの雰囲気があって・・・面白い(^^;

で、3枚目左下が・・・ジョン・コルトレーンのOle Coltraneで・・・いつの再発盤か分かりませんが、ステレオの米盤で・・・1961年の録音なのかな?・・・でも、ちょっとレンジを広げた感がありありで・・・あ、左右に真っ二つ?な再生で・・・これでいいんですかね?(^^;

最後の4枚目は・・・バディ・リッチのThe Wailing Buddy Richで・・・1965年発売のモノラルで、再発の米盤・・・演奏はめっちゃアグレッシブでご機嫌なのに・・・うちのシステムではドラムがサラッとした感じに聞こえてしまって(滝汗・・・でも、トランペットとか熱い演奏に聞こえるんですけどね・・・(滝汗

ってわけで・・・毎度のごとく、自作超音波洗浄機で洗っては聞いて・・・

【洗っては聞いて】
3497-03毎度の洗っては聞いて

っと、今回マリア・カラスが11枚組なので・・・洗うのも結構大変で・・・

結局、マリアカラスを聞く前に・・・他の4枚をちらと聞いて・・・最後、マリア・カラスは、1枚のみ聞いて・・・一旦箱の中に・・・(滝汗

で、最後に届いたのがこちら・・・

【TDKのヘッドイレイザー】
3497-04TDKのヘッドイレイザー

こちらは、お馴染みの・・・って、テープデッキを使ったことがある人でなければ、存在すら知られてないですかね?・・・(^^;

こちらは、もちろんジャンク品で・・・動作保障なしの叩き売り品だったので、思わずぽちっとしちゃいまして・・・(滝汗

で、接点磨いて・・・電池入れたら・・・LEDは点灯、消灯と上手く動いていそう?・・・で、磁石を糸で吊るして・・・動作させると・・・磁石が動くので・・・どうやら上手く動いているみたいで・・・よかった!(^^;

ってわけで、この日のお話しは・・・これにてお終い・・・(汗

明日は?・・・また実家で?・・・毎度の息継ぎネタです(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3588-9558712d