FC2ブログ

【3485】171229 大佐邸再訪(HB-X1ホンジュラスマホガニー導入)(序)・・・(^^; 

さて、この年の最後の訪問は、新たなSPを導入された大佐邸・・・と言っても前回伺ったのは、この夏・・・約5ヶ月ぶりの訪問と言うことに・・・(^^;

【3304】170722 大佐邸再訪(ルームチューンへの進展)(序)・・・(^^; [2017/08/24]
以降、全7話・・・

この夏に伺った際は・・・「静」の赤い高価な調音パネルを導入されて、いよいよ空間展開の再現に本格的に・・・って感じだったんですが・・・

秋のオーディオイベントが終わり・・・しばらくした頃・・・大佐から電話があり・・・遂にHB-X1を・・・しかも、これまたカスタムメイドのホンジュラスマホガニーモデルを導入するとのことで・・・落ち着いた頃に聞きにおいでと・・・(^^;

で、導入後およそ1ヶ月・・・そろそろ導入後の音出しも一段落した頃かな?って思ってたら・・・大佐からそろそろどう?って連絡が・・・(^^;

と言うことで・・・この年の締め括り?として・・・まずはそのカスタムメイドのHB-X1ホンジュラスマホガニーの声を聞かせていただきに伺ったと・・・

そもそも大佐とは・・・上の前回訪問記の冒頭のリンク先・・・そのまたリンク先・・・と辿っていくと・・・なんと、およそ8年前!(@@;

まだ、アルテックのSPを使われていた頃・・・大佐は、この年デビューしたkisoAcousticのHB-1の可能性に閃き?を感じられ・・・オーディオショウの後、この時デモで使われてたHB-1を借りて試聴されることに・・・

で、当時σ(^^)私が大はしゃぎしていたPhileWebのコミュニティーを通じてそのことを知り・・・是非聞かせて欲しいと伺ったのが最初で・・・

実はこの時、σ(^^)私的には、試聴機のHB-1のポテンシャルの高さは感じつつも・・・一番衝撃を受けたのは、FMアコースティックで鳴らされるアルテックのライブ会場さながらのサウンドだったりして・・・(汗

特に、エアチェックテープからデジタルファイルに落とされた音源やアナログレコードをEMTで再生した音を直接デジタルファイル化された音源の驚くほど濃くぶ厚く実体感のあるサウンドだったんですが・・・(^^;

大佐自身は既にその時・・・その目指すサウンドをよりリアルに実現するには、このHB-1のポテンシャルに掛けべきと判断され・・・カスタムメイドのオールハワイアンコアのHB-1をオーダー済みで、届くのを心待ちにされていたと・・・

つまり、おおよそ8年前に・・・このカスタムメイド・オールハワイアンコアHB-1の鳴らし込みを始められたってことで・・・

しかも、なんとなんと!・・・8ヶ月あまり鳴らし込まれたこのハワイアンコアHB-1を、拙宅に持ち込んで聞かせていただいたことも・・・(滝汗

当時の日記には、元気な頃の拙宅メインSPのS-1EXも、必至に上手く鳴らせば何とかなる!って自分自身に言い聞かせようとしている様が・・・(大滝汗

この時、あまり詳しく書いてませんが・・・最初にHB-1のデモ機を大佐邸で聞いたイメージから・・・8ヶ月あまり大佐の調教を受けたハワイアンコアHB-1の別格な鳴りっぷりの差を体験し・・・こりゃあいつまで経ってもうちのS-1EXが追いつけるわけ無いなと・・・それどころか、HB-1はまだまだ大佐の鳴らし込みで成長していくはずと・・・

この時の衝撃は、強烈なコンプレックス?ジレンマとなり・・・結果、S-1EXのユニットを弄ると言う禁断の大失態に突入したのです・・・なんて、わけではありませんが・・・(滝汗

おまけに、その後、大佐のお誘いもあり・・・kisoAcousticのご本家にまで伺い・・・HB-1をスタックしたサウンドや5チャンネルサラウンドにしたサウンド体験まで・・・(汗

そして遂に・・・その2年後・・・つまり、トータル約3年鳴らし込まれたハワイアンコアHB-1を聞きに伺ったわけで・・・

この時遂に、大佐がアルテックでは出せない体感ライブサウンドがHB-1なら出せるはず・・・と決断されて目指してこられたサウンドを実体験することに・・・(^^;

で、そのさらに1年半後・・・鳴らし込みがほぼ完了し、モンスターと化したハワイアンコアHB-1と、このとし登場したばかりのHB-X1の試聴機を聞き比べさせていただいて・・・

生成りのHB-X1のポテンシャルの高さは感じつつも・・・改めて大佐の鳴らし込みによるハワイアンコアHB-1のモンスター振りを痛感した次第で・・・

このSPの楽器性と言うか・・・鳴らし込みによるスケールとサウンドクオリティの変わり様がどれほど凄いものかと、怖くなったほど・・・

一方で、このSPのホントのポテンシャルを聞いている方ってどれほどいらっしゃるんだろう?って心配も・・・と言うのも、馴染んだ程度にエージングされた試聴機のサウンドからは、絶対に大佐が鳴らし込んだHB-1の鳴りっぷりは想像できないだろうと思ったから・・・(汗

っと、当の大佐は、この後・・・kisoAcousticのご本家からの影響?もあり・・・その再現されるサウンドが・・・ライブハウスのど真ん中の体感サウンドから・・・コンサートホールの1階中央席のサウンドへと・・・新たな方向への模索を始められて・・・

一昨年の春には、さらなる音場展開を目指して・・・KitHitのスーパーツイーターを導入され・・・徐々に更なるコンサートホールの再現に向けた調整が進行し・・・

前回、「静」の赤い高価な調音パネルを使っての新生大佐サウンドへと・・・

っと、おさらいのおさらいしてたら・・・それだけでも中途半端に・・・(滝汗

と言うことで、今日はこの辺りで・・・つづきは明日に・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3575-152df105