FC2ブログ

【3482】171223 AC iPurifierが到着するもクリーン電源の改修(後編)・・・(^^; 

さて今回、無音の力?を感じたくて・・・ifi Audioの新製品AC iPurifierを試すことにしたんですが・・・(^^;

AC iPurifierのAC電源の極性とアースを診断する機能によって、いろいろな問題?課題?が明らかに・・・(滝汗

その最大の現実が・・・クリーン電源のDUSSUN X-1200の不思議な電位差・・・っと、そうそう昨日電位差に+/-を入れてたんですが・・・これAC電源なんで+/-ってなくて・・・GROUNDとHOT側の電位差が65Vくらい・・・GROUNDとCOLD側の電位差が35Vくらいってことで・・・(^^;

で、この事実を知って、慌ててX-1200を開腹し、内部を確認したんですが・・・ブロックダイアグラムや回路図があるわけでもなく・・・って、あったからといって無知な素人の私に、正常か異常かの判断は出来ないんですが・・・(滝汗

開腹して目視で分かったのは・・・クリーン電源X-1200のAC入力のGROUND線は・・・電源回路基板へ繋がると同時に、そのまま出力コンセントのGROUNDにも繋がっているってこと・・・

で、トランスの巻き線構成がどうなってるのかも分からないんですが・・・X-1200は、GROUNDとHOTとCOLDの3線の入力から・・・HOTとCOLDの電位差100Vを2系統出力していると言うことで・・・やっぱりGROUNDからは浮いている?みたいに思われるってことに・・・(滝汗

で、AC iPurifierはどうやらGROUNDとの電位差でAC出力の極性を見ているみたいなので・・・クリーン電源X-1200の出力に、さらにAC iPurifierの効果があるか?って実験は出来なさそうって結論に・・・

っと、一方で、以前は凄い効果だと大喜びして使ってた磁気抵抗を利用したフィルターですが・・・どうもちゃんとした論理に基づいて使わないと逆効果もあるって認識も持つようになって・・・このX-1200の開腹時、以前闇雲に装着してたファインメットビーズが目に付いて、ちょっと気になったもんですから・・・

今回、開腹ついでに思い切って、一旦ファインメットビーズを外してみたんですよね・・・

【取り外したファインメットビーズ】
3482-01取り外したファインメットビーズ

で、以前と同じく、プリの電ケーにハム対策の3P⇒2Pアダプタを付けてクリーン電源に接続して・・・CDPはそのままでそれぞれ別の系統に接続して・・・って、要は結局以前のままに繋ぎ直して聞いてみたんですが・・・

あれ?あれれ?・・・何となく眠さが半減したような感じに?・・・(@@;

ちょっと、あまりに想定外と言うか・・・そもそも今やろうとしていることからすると、まだ何も変えてない元のままの状態だったはずなのに・・・何で出音の印象が変わるの?(@@;

ただ、このファインメットビーズは、うちのシステムの音の眠さを意識した後、随分経ってから装着したので・・・うちのシステムが眠い音と感じた直接の原因ではない事は間違いなくて・・・今回の眠さ改善は半信半疑?・・・って言うか、ひょっとするとファインメットビーズで除去してたノイズの刺激を、逆に眠さ改善と認識している可能性もあるわけで・・・(滝汗

と言うことで、こちらはまたしばらく様子を見ることにして・・・(汗

本日の本題?・・・AC iPurifierの効果の確認なんですけど・・・さて、困った(滝汗

一番、効果を試したかった送り出し系のクリーン電源への追加装着が意味を測れなくなっちゃったから・・・(汗

となると・・・装着できるところは1箇所しかない・・・(^^;

【パワーアンプの電源にAC iPurifierを】
3482-02パワーアンプの電源にAC iPurifierを

と言うことで・・・AC iPurifierを、唯一正常動作するパワーアンプのテーブルタップに装着することに・・・(^^;

で、いろいろ聞いてみたんですが・・・その変化は?・・・(汗

う~ん、少しSNがアップして何気にすっきりしたかな?・・・そう言えば見通しが少しよくなったような気も・・・それと、演奏がハッキリしたのか?ダイナミックレンジが少し広がったような気も・・・

どうも、最初の期待があまりに大きすぎたのか?・・・ハイエンド機のような無音、静寂の力を感じるって変化では無くて・・・(滝汗

まあ、これはいずれ送り出し系で試してみないと駄目ですね!・・・(^^;

でも、それよりファインメットビーズを撤去しての変化の方が大きくて・・・(滝汗

いずれにしても、しばらく聞き込んでみないと駄目ってことですね・・・(汗

ってわけで、今日はこの辺で・・・で、明日は?・・・クリスマスイブ!(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

こんばんは

Mt.T2さん、こんばんは。

昨年末1番の私的注目商品がコレでした!ってタイムパラドックスが2ヶ月でしたっけ(°▽°)

実はつい最近別の電源系アイテムを試してみたのですが、凄い効果を発揮した故なおさらifiはどう?と気になってる今日この頃です。ちなみにisotekです。

当方はアナログとDS内蔵アンプが1つのタップで完結というシステムですのでダイレクトにタップに刺しての効果が1番大きかったですよ。

上流機器での効果はどうでるのでしょうね?楽しみにしてます(°▽°)


Re: こんばんは

おいけさんコメントありがとうございますm(_ _)m
isotekは、一昨年に音友達が導入されて、効果を聞かせていただきました。
http://mtt2.blog60.fc2.com/blog-date-201603.html#entry2858
AC iPurifierとの違いは、isotekがパッシブフィルターのグループで、AC iPurifierがアクティブフィルターになるってところでしょうか・・・
isotekが静にじわっと効く感じに対して、AC iPurifierはガッツリ聞く感じ・・・って、元の環境によってその効果の大きさは違いますから、実際どうなるか?ですけど・・・とにかくAC iPurifierは、コストパフォーマンスが高いと感じました。
空きコンセントに挿すだけですし、極性とアースの状態も確認できますので・・・挿す位置での違いも含めいろいろ試せます。
静に、ピントが合って、見通しがよくなりますが、少しスッキリし過ぎ?線が細くエネルギー感の点で寂しく感じるかも?・・・でも、無くなったのはノイズによる刺激だったのかも・・・2ヶ月たった今もまだ時々抜いたり挿したりして確認中・・・でもこれだけ楽しめれば充分かな?・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3572-6d0e7783