FC2ブログ

【3474】171212 アン・バートンの音源3種類?・・・(^^; 

さてさて・・・美味しいウィスキーに素敵なJazzボーカルのライブを聴きながら・・・オーディオ話に超盛り上がった翌日は?・・・(^^;

何気に、以前聞かせていただいて、おっ!と思ったレコードを発見!・・・(^^;

思わずポチッて・・・この日届いたのは?・・・

【この日届いたレコード】
3474-01アンバートンの45回転盤とダイレクトカット盤

左が・・・アン・バートンのHe's Funny That Wayの45回転盤で・・・このダイレクトカット盤は既に持ってまして・・・

同じく、右側が・・・Sume Other Springで・・・これもダイレクトカット盤で・・・

【2751】160109 横浜遠征:横浜のM氏邸再訪(2)・・・(^^; [2016/02/18]

もう2年ほど前の、横浜のMさんのお宅で聞かせていただいた・・・Iさんが持参された盤・・・

で、先のHe's Funny That Wayのダイレクトカッティング盤と・・・Sume Other Springのダイレクトカット盤を1枚のCDに収めたのが・・・

【1191】110918 拙宅オフ会Part1:S-1EXを9分でゲル浮揚!脅威のハンドジャッキ・・・(^^; [2011/11/10]

この時の拙宅音会でかけた・・・先のダイレクトカット盤2枚を収めたCDで・・・

【3種類のアン・バートン】
3474-02CDも入れて3種類

画像の左上と下の2枚を合体したのが・・・中央左のCDで・・・ダイレクトカット盤と同時?に録られた78cm/sのテープから作られた・・・45回転盤が右と言うわけ・・・(^^;

って分けで、3種類を聞き比べて見ることに・・・

まずは・・・下のHe's Funny That Wayダイレクトカッティング盤は・・・

お!これが自然で厚みもあって、濃く生々しい鮮度感がある?・・・(^^;

でもって、同じく左上のSume Other Springのダイレクトカッティング盤は・・・

お、これも同じ傾向のナチュラルな厚みと濃さで・・・何気に生々しい感じが・・・(^^;

で、He's Funny That Wayの45回転盤を聞いて見ると・・・

あ、これはやっぱり一度78cm/sのテープに落としてしっかり音作りしてあるからか?・・・とてもボーカルがしっかりと・・・バックのピアノやベースも鮮度感があって細かな音も聞こえる感じで・・・テープ録音ならではの良さとミックスの効果が確認できたかと・・・(^^;

でもって最後に・・・この45回転盤と同じく78cm/sのマスターからHe's Funny That WayとSume Other Springの2枚のアルバムを合わせてCD化したものを・・・

あれ?・・・こりゃあうちのデジタルディスク再生は・・・中低域に厚みを持たせ、暖か味のある温度感を感じるけど・・・やっぱ鮮度感とエネルギーが今一つ?・・・(滝汗

う~ん・・・この78cm/sマスターってどんな音なんでしょうね?・・・45回転盤のリニアリティの高さを感じる再生を聞くと・・・この音源のテープが聞ければなあなんて・・・

ないものねだり的な思いが頭をもたげますが・・・そんな音源、手に入るわけも無く・・・

で、音的には45回転盤がインパクトが強いんですが・・・案外一番聴きやすく思えたのはダイレクトカット盤で・・・カートリッジやフォノイコ次第なんでしょうけど・・・これで音色のバランスがCDみたいな中低域寄りの安定型だったらなあって・・・(^^;

ま、そんなないものねだりの妄想と戯れ・・・本日のお話しは、これにてお終い・・・(^^;

で、明日は?・・・また息継ぎの音源ネタ?・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3564-14ada153