FC2ブログ

【3457】171117-21 この間に入手したレコード・・・(^^; 

インフラノイズのデジタルアキュライザーとその感想を送るともらえるアリエナイザー・ミニの効果が大きくて・・・何で、こんな座布団で思う方向のサウンドチューンが出来るんだ?って不思議でしょうがないながら、その効果の大きさと正確さには驚くばかり!(^^;
そんな効果のレポートや関連情報が、JimmyJazzさんのブログのBBSや、インフラノイズご本家のブログに、つぎつぎと喜びの声と共にアップされてます!・・・(^^;


さて、オルフェのサンバ邸で教授メソッドのチューニングを再体験し・・・そのSN感と解像度感に刺激を受け、再度拙宅もオールチタンインシュに戻して・・・少しは目覚めのいいサウンドを期待したのですが・・・やっぱり、期待の方向へは特に変わらず・・・(汗

で、しばし何も手付かず?・・・とは言え、あれこれ弄ってはいたのですが・・・画像も撮らずにぼーっとしてたので、日記にアップするようなネタがなくて・・・(滝汗

っと、偶然、会社の帰りに中古レコード市が・・・って、いつもは中古CD&DVDがメインなんですが・・今回は比較的レコードのスペースが多くて・・・

【この日の入手は?】
3457-01この日入手したレコード

で、この日入手してきたのが、この3枚・・・いずれも1コインよりはるかにお安い盤・・・

何でこの時期レイチャールズ?・・・って、自分でも何でか思い出せないんですが・・・何かの情報を追っかけてて・・・映画Rayを思い出してたからか?・・・何故か目に止まって・・・

それと、ECMなので好きな感じのヨーロッパ系録音だろうとピアノソロのリッチーバイラークを・・・っとこれ3枚で1英世ほどですから・・・(^^;

で、サラッと聞いた感じ・・・1枚目はHhe Best Blues of Ray Charlesで、1940年代から50年代にかけてのR&Bで、ベスト盤・・・録音が古い感じで・・・実は知っている曲が1曲も無かったりして・・・(滝汗

2枚目は、同じくRay CharlesでLove & Peace・・・1978年録音の米盤で左下に切り欠きがあるカット盤で、ジャンルがFunk/Soulになるんですね(^^;・・・こちらは、オンタイムで知ってる頃の音源で、録音も普通に楽しめるレベルで・・・

3枚目は、Richard BeirachのファーストソロアルバムでHubris・・・ECMの1977年録音で国内盤ですが・・・一応期待通りのヨーロッパ録音で・・・ただ、演奏のメロディーラインにちょっぴり前衛的な香りがあって・・・(滝汗

で、同じ中古レコード市で気になるレコードがあったんですが・・・デジタル録音なので、買うのを3日ほど迷って・・・レコード市の最終日に残ってたらと思って行ったら・・・ああ、残ってたと・・・残ってるって事はと考えが及べばよかったんですが・・・(滝汗

【この日の収穫(その1)】
3457-02この日の収穫(その1)

1枚目左は・・・Hank JonesのThe Great Jazz TrioでCollaboration・・・伊藤八十八さんのEighity-Eight'sレーベルでの録音で・・・2002年と2004年の録音で、こちらはアナログ録音でアナログマスタリング・・・Elvin Jonesが亡くなってから出たので追悼盤の位置付けになったようですね・・・このレーベルはSACDをたくさん出してて、何枚か持ってるんですが、この盤は持ってなかったので、レコードでゲット!(^^;・・・Elvin Jonesの熱いプレーがいいですね!

2枚目右は・・・これが迷ったVenusレコードのデジタルマスタリングってやつで・・・2006年録音の日本盤で、Eric Alexander QuartetのGentle Ballads IIってアルバム・・・これ、CDも持ってるんですが・・・ま、レコードの方がよりぶっとく濃く滑らかに感じるからいいか・・・

と、そのぶっとさと・・・何よりジャケットの魅力に負けて・・・

【この日の収穫(その2)】
3457-03この日の収穫(その2)

1枚目左は・・・Eric Alexander QuartetのLazy Afternoonで、このGentle Balladsシリーズの4作目とのこと・・・2008年録音の国内盤・・・先の2作目と同じ?かと思ったんですが・・・2年後だから?人気が出たから?ちょっとこちらの方がクリアな録音と言うか・・・Hyper Mugnumな度合いが控え目?・・・でも、やっぱお酒飲みながらBGMで聞く盤ですね・・・(^^;

最後、2枚目右は・・・Andrea Pozza TrioのSweet Lorraineで、2005年録音・・・Hyper Mugnum Soundのレコードとしては、最初の方なのか?・・・先のEric Alexanderの録音がいいだけに、この盤の録音は、かなりカマボコに聞こえてしまう・・・演奏のノリがいいので残念?・・・それと、更に残念なのは、内周にでかい傷が数箇所入ってて・・・(汗

と言うことで、マジに息継ぎなネタでしたが・・・今日はこれでお終い・・・

明日は?・・・超久し振りのSPの健康診断?(^^;

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3547-fe9a7b57