FC2ブログ

【3450】171112 オルフェのサンバ邸(9)遂にハイエンドの香りが!・・・(^^; 

さて、おさらいがのんびりし過ぎて、少々連載が長くなっていますが・・・貴重な体験、絶好のチューニング作業への同席ゆえ・・・細かく書きつつ、急いで!・・・(^^;

で、教授のチューニングメソッドに習ってのオルフェのサンバ邸の調整・・・SPのスパイク受けをアルミへ・・・って、お馴染みの1円玉チューンの効果を改めて認識し・・・

いよいよ第3段階のチューニング・・・機材の振動処理をスパイク立てにと・・・パワーアンプの下のスパイクインシュをトランスポートに入れるも・・・パワーアンプが直置きでは、その効果を発揮しきれていない印象に・・・

ってわけで、DALIの小型SP用のスパイクにStereo誌付録のアルミのスパイク受けを組み合わせてトランスポートの下に入れ・・・アルミのインシュはパワーに戻すことに・・・

で、もう一度、奥村愛の愛のあいさつを聞いて見ると・・・

おお!・・・ピアノの中低域が厚みを増してとてもクリアに、響もふわっと・・・高域方向の伸びがよくなってバイオリンの倍音が艶やかに響き出した・・・

と、教授から・・・あ、煩いのが無くなった・・・音量上げられるでしょう?と・・・

で、他の曲もと・・・曲はポコポンにしましょうと、再びアーロンネビルを再生・・・

ポンポン、ポコポン、カン、チンチン~♪っと・・・おおお!全然違う!・・・透明感がアップして細かい音も聞こえつつ・・・低域方向の伸びと厚みが出て安定感が増し・・・他方、高域方向の音数が増え解像度が上がって音が解れて抜けと広がりがグンとよくなった・・・

と、教授から・・・めっちゃよくなったんちゃう?演奏のうねりも出て来た・・・で、daisiさんから・・・このカンカンカンやチンチンチンの量ならいいんじゃないの?と・・・と、皆さんからも、大分しっかり出て来たなと・・・

と、オルフェのサンバさんも・・・出て来た出て来た!これはよくなった!正解!っとご機嫌なご様子で・・・モモンガさんからも、これは正解やね、オルフェのサンバさんが不満やったとこも出て来たし!と・・・

っと、そうすると・・・DACも同じセッティング方法にした方がいいってことになりそうですね・・・パーツは揃ってるんで、やっちゃいましょう!と・・・

で、まずはDACの下の御影ボードの下に入れてるインシュを撤去することに・・・

【らくらくヘルパー】1510-01
1510-01らくらくヘルパー.jpg

と、ここでオルフェのサンバさんが取り出したのが・・・らくらくヘルパーって、箪笥を移動させるのに、その下にローラーの付いた台を挿入するために、家具を持ち上げるハンドジャッキなんですが・・・これ、σ(^^)私がずっと以前にご紹介したもので・・・重宝していますとのことで・・・ご紹介した甲斐があったと言うものです!(^^;

で、このハンドジャッキで、DAC下の御影ボードと床の間に入れたインシュを撤去して・・・

もう一度、ポコポンのアーロンネビルを聞いて見ると・・・やっぱり、もう一息なのに中央に音が固まっちゃって、抜けと広がりの不満を持ってしまう・・・

と、教授が・・・やっぱりスパイクを入れないとあかんなあと・・・(汗

で、すぐさまここまでに撤去されたインシュから・・・簡略タイプのスパイクタイプのインシュを、今度はDACと御影ボードの間へ・・・

でもって、もう一度、ポコポンのアーロンネビルを聞いて見ると・・・

おおお!・・・効きますねえ!・・・凄く透明感が増して・・・空間を満たす響きの密度が上がって・・・演奏のうねりが一層はっきりと・・・

で、教授が・・・今日の最初からだと全然違うなあ!・・・とりあえず今あるものでやると、ここまで出ると言うことで・・・

っと、オルフェのサンバさんが・・・満足!

じゃあ、最初に聞いたモモンガさんのSACDを聞いてみましょうと・・・

【最初に聞いたSACD】3442-03
3442-03前日入手のCDを

福田進一とライナー・キュッヒルのデュオ・コンチェルタンテを再生・・・

と、教授から・・・ほら聞けるようになったやん!・・・で、バイオリンのパートを聞いて・・・うん!OK!OK!・・・ハイエンドの音が出るようになった!いいんじゃない?と・・・

なるほど・・・バイオリンの響きが艶やかに凄く綺麗に伸びて空間への回り込みも・・・

と、モモンガさんからも・・・激変や!って・・・(^^;

じゃあ、後はネットワークプレーヤーでハイレゾを聞かないと・・・うん?・・・ネットワークプレーヤーの系統は、プリへのアナログ接続なんで、今のチューニング効果の恩恵は、全く受けてない・・・(滝汗

ま、前日のライブ音源のコピーが終わったんで、それだけでも聞いてみましょうと・・・

っと残念ながら、また中途半端なところで今日の時間切れ・・・

なので、つづきは明日・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3540-b1dd2d95