FC2ブログ

【3383】170903 REVOX B77mk2のシム調整&プチ模様替え&届いたもの?・・・(^^; 

さて、そろそろ読む方は、同じ様な内容ばかりで飽きて来たぞ!ってところかと思いますが・・・これがやってる方は、マジ夢中なんでそんなこと、これっぽっちも気にしてなくて・・・

ってわけで、あっさり昨日のつづきへ・・・(^^;

実家の所用にかこつけ・・・大阪の自宅リビングから溢れる機材を、少しでも減らそうと?・・・新たに借りてきたREVOX B77mk2を含めた、3台の4トラ・オープンリールデッキを持ち帰ったわけで・・・

REVOX B77mk2の走行問題をシムの調整で何とか聞けるようにして、3台を聞き比べた結果・・・やっぱりメインはREVOX B77mk2ってことに・・・

で、これを大阪の自宅に持ち帰ることにしたんですが・・・調整したはずのガイドローラーの幅が、最後に聞いたテープだと、まだ狭いみたいで・・・(滝汗

【ガイドローラーを分解】
3383-01ガイドローラーを分解

ってわけで・・・大阪の自宅に戻るなり・・・再びガイドローラーを分解・・・

で、ベアリングのテープ接触面に、曇りのような付着物が付いてたので・・・

【ベアリングのローラー面を研磨】
3383-02ガイドローラー面を研磨

まずは、研磨用のウェスで、ベアリングのローラー面を研磨して・・・

【ガイドの接触面も研磨】
3383-03ガイド面も研磨

でもって、ガイドのテープと接する面を、研磨用のウェスで研磨して・・・

【接触抵抗の様子を確認?】
3383-04ガイドの接触を確認

で、テープを装着して・・・研磨したガイドローラーとテープの接触具合を確認・・・(汗

すると、やっぱりちょっぴりキツイみたいで・・・もう少し間隔が・・・(^^;

なので・・・左右とも更に0.05mm厚みを増して・・・ベアリングの上下にそれぞれ0.2mmのシムを挟むことに・・・(^^;

【再生状況を確認】
3383-05再生は?

で、上下のシムをともに0.2mm厚にして・・・再生状況を確認してみると・・・

おっ!・・・どうやら、今度こそ上手く行ったみたいで・・・\(^^)/

【下段にX-10R,上段にB77mk2】
3383-06下段にX-10R、上段にB77

ってわけで・・・TC-9400Aを実家に持ち帰り・・・ワイヤーラックに、ジャンク上がりのオートリバース4トラ機を・・・で、空いたスペースの下段にTEACのX-10Rを入れて・・・

上段にREVOX B77mk2を置いて、動作確認・・・(^^;

【やっぱり倉庫は変わらん?・・・】
3383-07やっぱり倉庫は変わらん?

で、ラック上段にREVOX B77mk2を載せて・・・

う~ん・・・少しはスペースが空くかと思ったんですが・・・思いの他、変わらなくて・・・

結局・・・倉庫のようなリビングのまま・・・(滝汗

【届いたメディア】
3383-08届いたメディア

で、この日は、テープとレコードが・・・

テープの方は、1965年録音のレオポルド・ストコフスキー指揮、ロンドン交響楽団でリムスキー・コルサコフのシェヘラザード・・・

で、さっそく動作確認も兼ねて、REVOX B77mk2で聞いてみたんですが・・・なかなかドラマチックな演奏で・・・音も思いの他、鮮烈な感じもあって・・・(嬉

でもって、レコードの方は・・・ゴスペラーズのLove Notesで・・・2001年発売の2枚組ベストアルバム・・・

うん?・・・音作りが・・・今風?・・・CDっぽい(滝汗

ゴスペラーズのコーラスっていいなあ・・・とは思ったんですが・・・レコードでないとって理由が見いだせない・・・って言うか、どっちかって言うと・・・こう言うサウンドの傾向には、デジタルならではのオーディオ的快感の方が・・・

そう、σ(^^)私の好きなオーストラリアのコーラスグループ・・・The Idea of Northみたいな感じの方がいいかな?なんて、思っちゃいました・・・(汗

う~ん・・・やっぱりフォーマットがどうであれ音源に合ってるかどうかってことですね(^^;

と言うことで・・・今日はここまで・・・(汗

で、明日は?・・・またもう少し息抜きネタ?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3473-63232196