FC2ブログ

【3343】170814 大@神戸邸再訪(2)ライブハウスの自然な響?・・・(^^; 

さて、急遽お盆休みに約3年ぶりに伺った大@神戸邸・・・音楽室の響きが、3年の年月で適度に収まり、直接音がはっきり聞こえつつも、心地よい響きの残るいい感じに・・・

で、冒頭、あれこれお話しつつ、涼んだ後に・・・じゃあそろそろ聞きますか?と・・・

ふと気になったのが・・・最近困ってるレコード収納のこと・・・

【このサイズのレコードラックって?】
3343-01このサイズのレコードラックって?

このサイズのレコードラックって、安価なものが無くて困ってるって話を・・・っと、大@神戸さんから、ディスクユニオンで扱ってるよと・・・おお!貴重な情報・・・(^^;

ちなみに・・・この情報を元に、その後拙宅の収納大改革を・・・でも意外な結末に(^^;

っと、それは置いといて・・・まず、最初にかけられたのは・・・

【BILL EVANSのCDでThe Complete Village Vanguard Recordings_1961】
3343-02BILL EVANSのCDでThe Complete Village Vanguard Recordings_1961

BILL EVANSのCDでThe Complete Village Vanguard Recordings_1961から・・・Disk3のDetour Ahead(take2)を・・・

おなじみのワルツフォーデビーの盤より、こっちの方が鮮明ですよね?・・・(^^;

つづいて・・・同じくDisk1のGloria's Step(take1)を・・・

うん、やっぱこのBOXの方が全体に音がクリアな気がします・・・ま、演奏がもう一つ?だからSunday at the Village Vanguardにはtake2が採用されたってことなんですかね?・・・(^^;

でも、CDなのに太くて濃くて、いい感じだなあ・・・あれ?STUDER?

【この日の送り出し】
3343-03この日の送り出し系

確か前回は、CDはEMTのプレーヤーで聞かせてもらった気が・・・このSTUDERは前から?って聞いて見ると・・・大@神戸さんいわく、前からですよと・・・あ、ひょっとすると修理中とかだったりするかも?・・・多分、ディスクが回るのが見えるのは、今回初めて見る気が・・・

CDでもこの厚みと濃さ・・・それを、極々自然にライブステージが前方に展開するのは・・・JENSENインペリアルのポテンシャルの高さゆえか?・・・

ってか、STUDERのラインアンプの音作りなのかな?・・・うちのオープンリールデッキA807とも繋がる所がある音調です・・・(^^;

で、つづけて・・・Alice in Wonderlamd(take1)が・・・

やっぱり、前に伺った時より・・・直接音の強さと明瞭度が上がってる気がします・・・部屋の響きが落ち着いて来たんですかね?・・・前回はもっと部屋の響きがタップリだった気がしますが・・・今は、SPからの音が、より明瞭に強くなった気がするんで・・・

っと、大@神戸さんから・・・モノが増えているからかもしれませんね・・・(^^;

【アーチーシェイプのBlue Ballads】
3343-04アーチーシェイプのBlue Ballads

で、おつぎにかかったのが、アーチーシェイプのBlue BalladsからLittle Girl Blue・・・

おお、さすがにビーナスレコード・・・ってのもあるんでしょうけど・・・やっぱりプレーヤーの音が強いのかな?・・・なんとも渋いゆったりとした演奏で・・・とにかく太くて濃い!

で、おつぎは・・・σ(^^)私的にはお馴染みの曲・・・

【宮之上 貴昭のLive at the kitty kitty brown】
3343-05宮之上 貴昭のLive at the kitty kitty brown

宮之上 貴昭のLive at the kitty kitty brownからJubilation・・・

このギター、なんとも自然な感じで・・・部屋の響と相まって、まるでライブハウスで飲みながら演奏を聞いてるような雰囲気で・・・でも、前に聞いた感じだと、もっと前に出て来る感じだったのが・・・ちょっと後方にライブの空間が広がる感じになって・・・やっぱり、部屋の響きが落ち着いたからかなあ?・・・

っと、大@神戸さんから・・・それは、アンプを買えたからかもしれませんと・・・

あ、なるほど!・・・RCAのアンプからアルテックに変えられたんですね・・・

で、おつぎにかかったのは・・・ギター繋がり?・・・

【JoePass&JohnPisanoのDuets】
3343-06JoePass&JohnPisanoのDuets

JoePass&JohnPisanoのDuetsから、Alone Tugetherを・・・

ギターがとっても自然・・・って、アンプ通して鳴らしてるから、何が自然なんだ?って言われそうだけど・・・部屋の響と凄く相まって、演奏空間にいるかのような自然な響に感じられるんですよね・・・だから、まるでライブ空間にいるような錯覚に・・・(^^;

ってわけで、ギターを中心?にご機嫌に心地よい演奏をつぎつぎと・・・

で、おつぎが・・・ちょっと変わったCDを・・・なんですが、今日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

我が家では、オーディオマニア的なアルバムを持っておらず、かからないので、ご訪問でもシステムの特徴を掴みづらいかもしれません。
いまだにオーディオチェック用アルバムというのが、よく理解できていません(笑)
当方の想像ですが、JoePass&JohnPisanoの1曲目はアンプを通さず、ピックギター(フルアコ)の音を直接、マイクで録音しているのではないか、と思います。違うかな。。。

Re: タイトルなし

大@神戸さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
>オーディオマニア的なアルバムを持っておらず・・・
って、全然普通ですよ!(^^;・・・単にショウとかでかけられたソフトだと相対比較がし易いんでよく使われるんだと思うんですが・・・本来は、伺ったお宅の主が普段聞かれる曲を聞かせていただくのが一番です!・・・σ(^^)私的には、部屋も含めてシステム全体で、どんな音楽をどんな風に楽しんでおられるか?を聞かせていただきに伺っていますので・・・(^^;

>当方の想像ですが、JoePass&JohnPisanoの1曲目はアンプを通さず、ピックギター(フルアコ)の音を直接、マイクで録音しているのではないか、と思います。違うかな。。。

あ、なるほど・・・実際のところはσ(^^)私もどうか知りませんが(汗・・・仰るとおりなら、鮮度感や自然な感じも、なるほどなって感じに思えます・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3432-1f9d6eae