FC2ブログ

【3297】170715 聴診器で振動確認&この日の収穫・・・(^^; 

さて、レコード三昧な日々に、興味を惹かれたCSポートの試聴会へ行って・・・スイッチング電源に対する印象を大きく変えられ・・・

同時に吸着スタビと同方向?・・・行き着く先は、重量級プレーヤーのどっしりサウンドってことも、何気に腑に落ちて・・・(^^;

同時に、送り出しの重要性・・・静かさ?済んだ背景?・・・音楽信号にまで影響を及ぼすと、生命感や勢いが無くなってしまうけど・・・可能な限りSNをよくすれば、非力な機器でも、聞こえて来る世界?・・・てか、見えて来るものがあるようだと・・・

ま、今更ながらに感じた次第で・・・(^^;

そう言う意味では・・・ここまで取り組んでいるプレーヤーの改造・・・低トルクDCモーター化や・・・マグネフロート化、スピンドルの接触面積低減、ベアリング化・・・ってのも、みんな同じ方向に繋がる対策だし・・・

このところの、振動のアーシングってのは、正に外乱、音楽信号以外のノイズを取るためにやってるわけで・・・

あ、そう言えば・・・以前はあれこれ試した際・・・確認のために、聴診器で確認してたのを思い出して・・・(^^;

このところ、テーマになりつつある?・・・PL-25E改とPL-31E改のサウンドの差を如何に詰めるかってところで・・・あれこれ対策して、かなり詰まって来て・・・

残る機構的な違いは・・・PL-31E改優位なスピンドルのベアリング化・・・対するPL-25E改のアドバンテージはモーターの振動アーシング・・・

で、これが現時点で、音にどれほど影響力があるのか?・・・はたまた無いのか?・・・(^^;

ここは一つ、思い出した聴診器で聞いてみようと・・・(汗

【PL-31E改を聴診?】
3297-01PL-31E改を聴診?

ってわけで、まずはPL-31E改のトーンアームのベース付近を聴診器で聞いてみると・・・

あ、微かにモーターの回転音が聞こえる・・・(汗

なるほど・・・もしこれで、PL-25E改が好結果なら、振動アーシングの効果あり?

【PL-25E改を聴診】
3297-02PL-25E改を聴診

ってわけで・・・PL25E改でも同じアームベース付近を聴診器で聞いてみると・・・

おおお!・・・31E改より格段に静か!・・・極々微かに聞こえる程度・・・ってことは、結構振動アーシングの効果があるってこと?・・・(^^;

と、これに気をよくして、あれこれ聴診器で聞いてみることに・・・

まず・・・じゃあターンテーブル上では?ってことで・・・ドライブベルトを外して、モーターを回して、ターンテーブル上の音を聞いて見ると・・・

吸着スタビ上では、どちらもほとんど聞こえない・・・あ、やっぱりPL-25E改の方は、微かに聞こえるかな?・・・(汗

なので、吸着スタビを外してプラッター上を直接聞いてみると・・・あ、PL-31E改は微かに聞こえるようになって・・・PL-25E改は、さっきより少し大きな音に・・・(@@;

なるほど!・・・やっぱり、milonさんが仰ってたプラッターの重量の差ってのが効いていそうな差ですね!・・・(^^;

となると・・・シェルやトーンアームの振動アーシングも差が聞こえるかな?・・・(^^;

ってわけで・・・アーシング素子を外してレコードをかけ(音は出さず)・・・アームベース付近の振動を聴診してみると・・・お、結構聞こえるんですね!(^^;

で、シェルのアーシング素子を装着して聞いて見ると・・・うん?ほんのちょっぴり音が小さくなったかな?・・・やっぱり差はあるような気が・・・

でもって、ピボット軸受上のアーシング素子を装着してみると・・・う~ん、こっちは違いがほとんど感じられない・・・(汗

ま、聴診器でのホントに微かな違いなので・・・プラシーボじゃないの?って言われると、絶対とは言い切れないのですが・・・何気に差がありそうなので・・・(汗

ま、もう少し、いろいろ聞いてみる価値はありそうですね!・・・(^^;

と、興味深い実験だったので・・・この日の収穫があったのを忘れてました・・・(汗

【この日の収穫】
3297-03この日の収穫

左はDiana KrallのWhen I Look In Your Eyesで・・・1999年録音を2009年と2016年にLPででてて・・・2016年のドイツ盤ですが・・・音は手持ちのSACDの音に似てるような気が・・・でも元はアナログ録音?・・・(汗

右は、1985年に出た中森明菜の赤い鳥逃げたの12インチシングルで・・・これはアナログ録音かな・・・CDもこういう生命感が感じられる音だといいのに・・・

と、今日のところは、これにてお終い・・・明日はまたプレーヤー弄り?・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3386-9ff60259