fc2ブログ

【3258】170611 S-1EXのネットワーク修理でバランスは直ったか?・・・(^^; 

さて、何で勢い付いたのか?・・・自分でもさっぱり分かりませんが・・・どうにも、ゴミ屋敷的惨状に焦りを覚え・・・せめて、少しでも省スペース化をと思ったのかと・・・(滝汗

あ~!・・・そんなこと考えなけりゃよかった・・・とほほ(;_;

アナログばかり聞いてたからか?・・・SPの立ち上り立ち下りが、速度は遅いもののバランスが整ってきたのか?・・・それとも単に耳が慣れて来たのか?・・・眠い音ながらも、少しまともなバランスになって来たような気がして・・・(汗

で、ついつい勢い付いたのか?・・・突然、外出しのネットワークに改造してたS-1EXのネットワークを内蔵に戻し始め・・・

その結果・・・やらなきゃよかった!・・・Rchのネットワークのパーツ・・・抵抗1個とコンデンサ2個のリード線が、根本からポッキリと・・・(滝汗

で、仕方なく、折れた根元のリード線の先端をほじくり出して・・・辛うじてその先端に、元の線をはんだ付け・・・で、元に戻したつもりで音を聞いてみたら・・・

が~ん!・・・センターが右にズレてる・・・(大滝汗

って話を昨日書いたんですが・・・

仕方なく、破損した抵抗とフィルムコンデンサーを物色して・・・

ショップで、壊れたパーツの代替品をポチッと・・・

で、この日の夕方から翌日は、実家へ介護のフォローに戻ってて・・・

と、実家に到着してスマホのメールを見ると・・・へえ!もう部品を発送してくれたとのこと・・・ひょえ~!・・・これなら翌日の日曜の内に修理が出来るかも?ってことに・・・

で、実家での所用をちゃちゃっと済ませて・・・大阪の自宅へ帰宅すると・・・

【早くもパーツ到着】
3258-01早くも部品が到着

おお!確かにもうパーツが届いてた!・・・めっちゃ早い!・・・ショップさん!ホンマおおきにですm(_ _)m

【再びネットワークを引張り出して】
3258-02ネットワークを引張り出して

ってわけで、再びネットワークを引張り出して・・・

【リード線の折れたパーツを交換】
3258-03部品交換

フィルムコンデンサ2個と抵抗1個を、それぞれ両チャンネルとも交換して・・・

【取り外したパーツ】
3258-04取り外したパーツ

こちらが、取り外したパーツで・・・テスターで測るも・・・コンデンサーの新部品も正しい値が出ず・・・(滝汗

仕方なく、何はともあれ、音を聞いて見ると・・・

眠い音はそのままで・・・左右のズレは無さそう?(滝汗

ま、とにかくパーツ交換で、明らかな異常?が改善したことは何より・・・

ホントに問題無いかは・・・これから、じっくり確認しないと駄目ですが・・・(滝汗

ところで、左右のバランスはともかく・・・SPのネットワークを内蔵に戻して何か変わったところは無かったの?・・・ぎょっ(@@;

そう、それなんですが・・・

内蔵化に戻した直後には、ちょっと腰高で、中高域が強めになったかな?って感じがして・・・腰高は困るけど、はっきりカッチリした傾向は、ちょっと嬉しいかな?って・・・

ところが・・・今回のパーツ交換で、元に戻ったと言うか・・・中低域の厚みが戻って・・・代わりに中高域が引込んだと言うか・・・あ、それに、低域が少し緩くなった?・・・(滝汗

ま、これだけ大きく変えたんだから、あちこちが馴染むまではガラガラ変わるはずだし・・・と、自己暗示をかけて・・・結果は毎度の先送りと言うことに・・・(^^;

と言うことで・・・このオア話はこの辺りで・・・

で、明日は?・・・音友達が高い成果を上げている振動のアーシングの応用実験?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

情報ご教示のお願い

先日、念願のS-1EXを入手しました。早速ネットワークの交換を検討していて、貴blogにたどり着きました。そこで、厚かましいお願いですが、当該スピーカーのネットワークについて、以下の点に関しご教示頂きたく、ご連絡させてもらいました。
1.低音用ローパスフィルターのL,Cの定数は現品にて確認可能でしようか?
可能であれば、定数をご教示下さい。
2.L,Cを載せている板のサイズはどのくらいでしょうか?
自分で確認すれば良い話なのですが、もし事前に知ることが出来れば、部材調達が早く出来ると思い、お願いする次第です。
また、スピーカードライブの取り外しに当たって、注意すべき点がありましたら、お手数ながら、併せてご教示をお願い致します。

Re: 情報ご教示のお願い

藤江さま、コメントありがとうございますm(__)m
まずは結論から・・・
1.拙宅の機体は、ラベルや印字がありました。メモもしたはずですが、10年くらい前なので、見つかりませんでしたm(_ _)m
2.改造した当該機体が、現在実家にあるため測れませんm(_ _)m
3.初回のユニット外しは、固着していて大変です ねじを外し、ねじ穴の途中、バッフルとフレームの接合部に差し込めるL字の治具のようなものを作ってひっかけて引っ張るのがよさげ 表のバッフルとフレームの隙間に何か差し込むと塗装が割れる
内部配線は、SP端子にギボシ接続の上、はんだ付けされている

本記事は、ネットワークの外出し、専用BOX化、チャンデバマルチ駆動化後に、修理する際の記事ですが・・・本機体は、元に戻し、実家のサブ機にし、現在メイン使用のS-1EXは、二代目のほぼノーマル機(ねじ交換、ユニットの重心支持のみ施工)です
10年近くかけて、自分の望むサウンドになびかせようとしましたが、無理でした(汗
既にネットワークパーツ交換前提のようですが、S-1EXにどんなサウンドを求めておられますか?ノーマルを聞いて理想と現実の差に、ネットワークパーツ交換が必要か?を判断してからでも遅くないと思います
https://mtt2.blog.fc2.com/blog-date-201307.html#entry1883

先日、S-1EXの開発に携わられた方に来訪いただき、設計思想をお聞きしたら・・・
<拙の要約>
トランジェントの凄さを見せつける音にはせず、シャープなエッジ感は排除し、柔らかい温かみのある肌合いで、あらゆる音楽ジャンルが心地良く再現出来、品良く羽目を外さない。パーフェクトなタイムアラインメントを実現し、指向性の乱れを徹底して省き、音場が見通せるものとする。

と言うもので・・・頑なにこのサウンドポリシーから外れる要因を拒み、アンプの個性すらコントロールするほどの個性を持っているとのこと・・・

で、私はこのことを10年近く弄り倒してようやく理解し、元に戻したわけです
現在は、SPや機器のセッティングとルームチューンによる変化の大きさに気付き、SPのサウンドポリシーを最大限に活かす調整をして楽しんでいます(汗
そんな背景から、ネットワークのパーツ交換は、お勧めしません(爆

Mt.T2様

早速のご返事ありがとうございます。
また、貴重なコメントありがとうございます。ネットワーク交換については、以前使用していたSPで実施(コイルを直流抵抗が低いものと交換、キャパシターはオーディオ用フィルムコンに交換)して、かなりの改善が見られた経験から、今回もと考えていました。まず低音用ローパスフィルタのキャパシタ交換から始めようと思いましたが、貴兄のご経験ではかなりの難工事となりそうですね。もう少し検討してみます。本当に貴重な情報とアドバイス、ありがとうございます。

藤江

藤江様
せっかく、これから!と盛り上がっておられるところに水を注すようですみませんm(_ _)m
このSPの頑固さは、電気的な性質より、素材と振動のような気がしています・・・ツイーターのベリリウム、Midのマグネシウム、WHのカーボンコンポジットと・・・弄り倒してみて、いずれも担当帯域で、極めて癖の出にくい素材だと痛感しました・・・ゆえに、整い過ぎて、ユニットからの音離れが抑えられているところがあり、各ユニットの重心位置を支持して、ねじの締め付けトルクを15kg/m程度に弱くすると、歪まずに音離れがよくなりました・・・あと、足の調整で、左右それぞれの仰角のピント合わせ、アンダーボードやスパイク受けの素材などで、かなり音質が変化しました(汗
音色や音の性格を変えるのは難しいSPですが、アライメントに拘っているからこそ、音の空間合成のピント合わせの可能性が高いようです・・・と言いつつ、私自身、満足出来るピークを模索している状況ですが・・・(汗
ま、いろいろお楽しみください!(^^;

Mt.T2様

興味深い情報をありがとうございます。このSPについては中古とは言え、現在毎日音が変化(良い方向)しており、当分エージングが必要のようです。そのため、ここ3ヶ月程は改造については考えないようにします。音が安定してきた時点で多分また改造したい思いが強くなると思いますが、これはオーディオをやっている人間のサガですね。同じS-1EXユーザの好みで、これからもご教示の程、宜しくお願い致します。

藤江

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/3346-5f9627f3