FC2ブログ

【277】090412 カンタービレ(2)(えっ?カンタービレの話しは?) 

さてと、毎度ながらのなが~い前フリと、σ(^^)も言っとりますので、皆さんもそう思われていると思いますが・・・・

最近、このブログをご覧になっている方々から、無駄に、無理やり引っ張っり過ぎだとのご指摘をいただきます・・・・

以前も書きましたが、拙ブログは、いわゆる垂れ流しのおぼえ書きです・・・・ですから、情報や刺激を端的に求めていらっしゃる方々には、じれったく、要領を得ず、邪魔でしかないでしょうね(^^;・・・σ(^^)もそう思います。

また、そうでなくとも、お話しとしてご覧頂いている方々にも、物足りないパッとしないお話しだと言う印象を持たれている方も多いように感じます。

この点については・・・・やめときましょう(^^;


さて、DAPとかメモリオーディオとか騒がれ、いつしか若者の間には完全に定着してしまった携帯音楽プレーヤーですが、iPodを中心とするこれらのプレーヤーは、携帯電話の機能も含め、ダウンロードファイルの再生機として、膨大なシェアを獲得し、完全に音楽産業のメインターゲットになっています。

連携するPCとの関連やDLNAに対応するネットワーク機器の台頭など、恐らく、益々競争は激化し、今後数年で、その主流となる方向性が、目まぐるしく変わるような気がします・・・・

まあ、そんななかで、シーラカンスのごとく取り残されたオーディオファイルが、どのような潮流を選択していくかは・・・・他人事ではなく、当事者なわけですから・・・・焦ってしまいます(^^;

無視して、本当のシーラカンスになる気は無く、何らかの形でダウンロード再生の世界にもアプローチしていかざるを得ない・・・・

そんな中、σ(^^)が選択肢として残ると思うのは、今のところ3つ・・・

1)iPodを中心とするメモリオーディオプレーヤーをトランスポートとする
2)元ファイルを直接扱うPC自体をトランスポートとする
3)PCなどで取り込んだファイルを再生するネットワークDAC
(要はリンのDSです)

ただ、技術的な可能性から素人予測してみると・・・・結局、3つの合わせ技になりそうな予感・・・・(^^;

結局、NASのようなサーバー機が、コンテンツデータベースとなり、マルチメディアコントロールセンター(ネットワークDAC兼コントロールアンプ・・・初期はPCが先行し、直ぐにAVアンプが吸収しそう)を加え・・・・

最後に、携帯電話が、持ち出し端末と家ではハンディコントローラーとなるんじゃないかと・・・・

って、誰でも思いつく形態ですが、オーディオ&ビジュアルの生き残る道は結局の所、こんなとこかな?って・・・・(^^;

と言うことで・・・・って、実は全然関係ないんですが、iPodとiTunesで、そのさわりの部分を疑似体験・・・ってことからスタート・・・・

でもって、今時点なら、オーディオ寄りの観点で行くと、iPod関連ではWadiaの170 iTransport、PCトランスポートではRMEやWISEなどのIEEE1394インタフェースのオーディオインタフェースが、オーディオ機器としては、比較的手が出しやすい価格かと・・・・

ただ、ネットワークDACと言う面では、今の製品価格は、半年で技術革新が起こりうる世界では、とても手を出す気には・・・・

と言うことで、σ(^^)の今一番の注目アイテムは、昨日の乙+iconシステムの流れからも、やっぱりiPod関連と言うこになるわけです・・・


すみません、思いに耽って、またまた寄り道が過ぎたようで・・・・

昨日のお話しの続きに戻るとしましょう・・・・

想い入れ強く、Ge3チューンドアナログドックと、出川式電源をリュックにしのばせ、町田のカンタービレに・・・・

一応、事前には、アナログドックとの音の差を聞かせて欲しいと、伏黒店主にはお願いしてあったんですよ・・・(^^;

ただ、まさかこんなに大掛かりに危ないヤツを持ち込んでくるとは、思ってもいなかったことでしょう(^^;

イベント開始より、30分以上前にショップに到着すると、丁度、何かを検討中のお客様と伏黒さんが、お話しておられるところでした・・・・

【カンタービレの店内】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20090428231017a5f.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">277-01カンタービレの店内.jpg

既に声を聞かせてくれていたのが、CREDO 3032 という初めてのスピーカーでした。

とても、重厚でシックな面持ちのスピーカーです。

いや~!カッコいい!

これが国産で、しかも20年近く前の製品だ何て・・・・!!

この時、流れていた音量は、そんなに大きくなかったんですが、繊細そうなのに太く輪郭しっかり・・・・

緩すぎず、硬すぎず、神経質さの全くない・・・・・

いやあ、つまりは、非常にバランスがいいということなんですが・・・・

非常に楽しみな音を出してました・・・

いや!・・・というより、とってもσ(^^)の好きな音でした!!

・・・・またやっちゃった~・・・制限オーバー・・・・

何か、引っ張りすぎとか、頂いたご指摘のこと考えてたら、思いに耽るモードに入っちゃって・・・・

結果的に、余計に回り道しちゃって・・・・(^^;

何とか、明日は、すんなりと・・・・

まあ、例によって、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/299-8a58f67d