FC2ブログ

【2669】151024 酒仙坊邸再訪(8)フィルタライザーはアナログに?・・・(^^; 

さてさて、のんびり、一つずつおさらいしてたら、当日のまだ半分もおさらいしていないのに、もう8話にもなっていて・・・ちょっと焦ってます(^^;

いやあ、でもホント感じるところ、気付きや学びに繋がるところが多かったもので・・・ま、それなので、寄り道は極力しないようにして、でもおさらいはじっくり行きたいと思います(^^;

っと・・・元の音会のお話しに戻って・・・

タップリベラメンテとフィルタライザーの大きな効果を、デジタル音源のクラシックやコーラスで体験させて頂いて・・・

いよいよ今度は、アナログレコードで・・・ってわけで、まずはタップリベラメンテのみ使用しての試聴・・・

で、酒仙坊邸では全くかからないだろう系統と思って持参したマンハッタンジャズクインテットを聴いて・・・本来合うはずのJBLで打楽器を聴いた時には、このディスクは気持ちいいレベルまで鳴らないんじゃないかな?なんて不安もあったんですが・・・

うん?・・・この感じなら、結構行けるんじゃないの?って気が・・・

とここで、Kさんから、(クラシックで非常に大きな効果を生む)このツイーターは、Jazzに対して何ら悪い作用は無いと思いますと・・・

確かに・・・ってか、それ以上に、非常に大きな効果があると感じてます!(^^;

と、おつぎは・・・バッハの管弦楽組曲2番かな?ヴィヴァルディの調和の幻想でウイーン国立歌劇場室内管弦楽団の演奏を聞きながらのどを潤し歓談・・・

レコード入手するなら、オリジナルとは言わないまでも、本国盤を・・・ってな話とか・・・

で、おつぎにかかったのは・・・Kさんご持参のAR(Acoustic Reserch)のレコードを・・・

プチパチは多いものの(^^;・・・バランスの取れた非常にクリアな録音演奏で・・・なんでしょう?これ見よがしなところが全然無い、非常に自然なサウンドが展開・・・

っと、ここで酒仙坊さんが、ここまでの総括を・・・ソプラニーノは、ジャンルを問わず効果を発揮した・・・クラシックからパルシブな演奏まで・・・JBL4350Aも変わった・・・JBL4350Aはやはり重低音・・・少々効き過ぎの面があるので、これはちょっと調整要だけど・・・依然出なかったグランカッサのポンポンって弱音がよく出るようになった・・・それと、ホールの違い・・・サントリーホールとベルリンフィルの大ホールの響とその違いがよく分かるようになった・・・それから、スタンウェイの左手・・・ガンガンと弾いてビーンっと響くところが、よく出るようになった・・・FALは万能だけど、重低音は無理・・・

で、年齢から段々高域が聞こえくなってるが、ソプラニーノを入れると大きく変わるのが分かる・・・これは、高域を耳だけで聞いていないことや・・・経験から、音色で倍音の違いを感じている・・・それに、耳だけじゃなく、体の表面で感じているとか、超高域は頭蓋骨振動で感じているとか・・・色んな説があるって話に・・・(^^;

【フォノイコのACアダプタにフィルタライザーを】
2669-01フォノイコのACアダプターにフィルタライザーを

と、ここで左右1台ずつモノ使用のフォノイコ(iPhono)のACアダプター・・・これコンセント直のアダプターなので電源ケーブル(DC側)にフィルタライザーを巻いて・・・先のARのレコードを再生・・・

えっ!?・・・同じ曲?ビックリ!(@@;・・・めっちゃ変わりましたやん!(^^;

楽器の音がもの凄く解れて、ここの楽器の演奏が、それぞれ克明に分かるほど・・・アナログにこんなに効くとは思ってませんでした!

っと、酒仙坊さんが・・・アナログ(カートリッジからフォノイコが扱う信号は)は、微小電流だからだと・・・なるほど!それにしても、もの凄い効果ですね!(^^;

で、Kさんからは・・・凄く効くでしょう?ブラスがもの凄く柔らかくなって、演奏が凄く上手に聞こえる・・・これだけ鳴れば、もうマランツ#7は要らないとのコメントも・・・

なるほど、フィルタライザーは、それに匹敵するチューニングってことですね?!(^^;・・・いやいや、凄い!・・・今のは、タップリベラメンテ装着と比べてこの効果・・・これが元のタップからだったら、どれほどの違いになるのか!?・・・今日の比較試聴で、一番大きな効果!・・・もう、ホント驚くばかり!(@@;

酒仙坊さんも・・・これまでの試作品での実験で、フォノイコでの効果が一番大きかった!つづいてが、GPSクロックと、PCの電源・・・

と、つづいて、さっきのバッハヴィヴァルディがかけられた・・・

えええ!・・・ハハハ!・・・もう、笑っちゃうほどの大きな違い!・・・左右のフォノイコの電源にそれぞれフィルタライザー(最終試作品)を付けただけですよね?・・・バイオリンの滲みがピシッと収斂して、音圧が上がって・・・純粋な弦の響きがまた綺麗に重なり合って・・・さらには、フルートも埋もれることなく明瞭で、もの凄く心地よい綺麗なハーモニーに・・・

っと、Kさんが・・・これを見た目でマユツバと言う人が結構いるだろうなあ・・・コイルだけの効果は、誰もが試せるけど・・・それでは、この効果は得られなくて、何も変わらないって思う人がいるだろうな・・・でも、これは、芯が大切なんだよね・・・

なるほど、確かに、分かる人と分からない人は、やっぱりいるでしょうね・・・パルシブな音や単調な音ばかりの音源で試聴したら・・・ハーモニーを聞かない人だと違いに気付かずに終わるかも知れませんね・・・

じゃあ、今から今日最大の確認・・・クラシックを聞かない人が、この効果が分かるかどうか?・・・今から、一番大事なところを聞いてみましょうかと・・・

ってわけで・・・遂に・・・さっきのマンハッタンジャズクインテッドを・・・

ああ・・・大失敗!・・・一番のクライマックスが、時間切れで分断・・・(滝汗

ほんと、スミマセンm(_ _)m・・・つづきは明日に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

フォノイコライザーiPhono電源ケーブルでの効果

実はタップリベラメンテだけで十分で、フィルタライザーはそれほど効くまいと予想していたのですが、以前の試作品の試聴で効果に驚き、現在は模造品を使っています。この日のフィルタライザー最終段階試作品の効果もタップリベラメンテの状態から、まだ随分と伸び代がありました。本来このケーブルはACアダプターの後なので直流のはずであり、効果の発現自体が不思議で、スイッチング電源からノイズが漏れ出しているとしか考えられません。また、何かに巻きつけることによっても音圧によるケーブルの微振動がコントロールされるのかも分かりません。いずれにせよ、フォノイコライザー電源ケーブルでの効果には驚いています。最初にかけた曲はヴィヴァルディの調和の幻想でウイーン国立歌劇場室内管弦楽団の演奏です。イコライザーはデッカカーブで再生し、ウイーン流のイタリアバロックの雰囲気が出るかどうかがポイントです。

Re: フォノイコライザーiPhono電源ケーブルでの効果

酒仙坊さん、連日ありがとうございますm(_ _)m
σ(^^)私も、この日の一番最初のタップリベラメンテの効果を体験した時は、充分素晴らしいと思ったんですが・・・まさか、こちらの怪しげな巻物が、更に驚くほどに効果をアップしてくれるなんて、思ってもいませんでした!
特に、フォノイコの電源での効果は強烈でしたね!(^^;
おっと、曲名・・・度々申し訳ありませんm(_ _)m・・・修正しました(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2751-1510701a