FC2ブログ

【2565】150711 CEC PH-53でMCカートリッジのバランス伝送の音を聞く!・・・(^^; 

さてさて、半年掛りのひそかな計画?・・・って、そんな大げさな!・・・と言うのも、このところホントにもとの目的を忘れ、いつの間にやら超音波レコード洗浄機にうつつを抜かしてたんで・・・

そう言う意味では、ようやくオーディオらしい新たな取り組みテーマに戻ってきたって感じではあるんですが・・・

バランス伝送の音を聞くって、楽しみにしてた週末・・・このところの所用の対応がまた発生し・・・ちょっとおあずけ・・・実家へ・・・

でもって、所用を済ませ・・・帰りに恒例のハードオフでのジャンクレコード漁りを・・・

で、まずは一軒目・・・

【まずは一軒目では】
2565-01まずは一軒目で

こちらでは、少々Jazzものが獲れました!(^^;・・・でも、金額的には0.5~1漱石・・・八神純子とシャカタクは毎度の100均です・・・(^^;

で、おつぎは2件目・・・

【つぎに二軒目では】
2565-02つぎに二軒目

ポピュラーものは基本100均なんですが・・・柳ジョージは、何でか分かりませんが、ほんのちょっぴりお高い・・・人気あるの?(^^;

ってなわけで、大阪の自宅に戻って・・・

いよいよ、待ちに待ったMCカートリッジのバランス伝送の初試聴!

で、何はともあれ、バランス伝送にするには、XLR端子へ入力しなきゃいけないので・・・

【比較試聴用の変換アダプタ作成】
2565-03比較試聴用の変換アダプタの作成

まずは、比較試聴用の変換アダプタを作成しました!・・・ま、シールドがなくても、ハムさえ起きなければ、比較実験くらいは出来るかな?と・・・

単純にプレーヤーから・・・と言うか、カートリッジからのRCA端子への信号を・・・プラスをXLRの2番(Hot)に・・・マイナスを3番(Cold)へ・・・で、シールドは無いのでオープンで・・・

で、フォノアンプのPH-53のRCA入力と、XLR入力を聞き比べてみると・・・

おお!・・・グッとSNがよくなって・・・ストレートに音数がドッと出てくる・・・で、解像度も高く、細かな音も結構鳴り分けて・・・空間の展開も、ナチュラルにあるべきところに楽器が並び・・・その並びと演奏場所に応じて空間が広がってる感じに・・・

ま、ある意味、これまで使ってたエレキットプリのTU-875改のかまぼこ型凝縮系のサウンドとは、かなり逆向きの方向性?・・・(^^;

ホントは、σ(^^)私的には、この両方のいいとこ取り的なサウンドが欲しいんですが・・・

実際のところ、SNの向上度合いも、期待してたほどではなかったし・・・情報量や解像度の向上も、めっちゃぶっ飛んで、大騒ぎするほど・・・までは行かなかった・・・

って言うより、ちょっと期待し過ぎってことでしょうか?・・・(^^;

実際、気になっているのは・・・トーンアームやカートリッジのパフォーマンス・・・入門機のアームで、キッチリ情報が吸い上げられているのか?・・・往年の名機?なカートリッジで今時の機器のキャパを埋めるほどの音が拾えているのか?・・・なんてところが・・・

特に、カートリッジは・・・例えば針・・・楕円やラインコンタクトならどうなる?とか・・・って、また、違う方向へ行きそうな気配がありますが・・・(汗

ま、何はともあれ、仮実験ながら、σ(^^)私的には、一番やりたかった、MCカートリッジからのバランス伝送が試せたということで・・・

究極のハイレゾ音源?で、これからトレンドになりそうな最先端のお遊びが実現出来たわけですから・・・よしとしときましょう!

まあ、まだまだやれることはたくさんありそうですし・・・

しばらくは、もっと色々出来ることを試してみようかと・・・(^^;

ってわけで、今日のお話しはここまで・・・明日は?

明日は早速、ちょっと遊んで?って、またそのパタ~ン?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2646-4061d10a