FC2ブログ

【2544】150607 超音波レコード洗浄機の製作(プレ実験機:前編)・・・(^^; 

さて、うん十年ものレコードプレーヤーの若返り工作として・・・まずはトーンアームの内部配線を・・・対抗試合に勝ったφ0.3mmのオーグラインへ交換することに・・・

で、難なく交換作業を終え・・・いよいよアナログ三昧な日々へ・・・

っと、ところが・・・興味の矛先は・・・先に調達した超音波洗浄機の活用へ・・・

ってわけで、レコード洗浄と・・・活用すべく入手した超音波洗浄機・・・!

【2522】150524 レコード洗浄&超音波洗浄機&レコード・・・(^^; [2015/07/04]

なんと、既に入手したのは1ヶ月以上前・・・ってか、リアルタイムからだと、2ヶ月前には、プレテスト用にめがねの超音波洗浄機を入手・・・

【超音波洗浄機】
2544-01超音波洗浄機

で、入手後しばらくは、めがねや腕時計のベルト洗浄に使ってたんですが・・・

こいつを材料にして、超音波レコード洗浄機を作っちゃおう!ってのが今回のテーマ・・・

【分解開始】
2544-02分解開始

まずは、裏のネジ穴カバーを引っぺがして・・・分解開始・・・

【内部はこの程度の部品で】
2544-03元部品はこれ

で、あっという間に分解し・・・どうやってプレ実験機を作るかを思案・・・

何はともあれ、工作の作業性から、ステンレスの水槽部分を取り外し・・・制御回路と振動子を繋ぐ配線を外して・・・

【振動子のある底部のみに】
2544-04振動子のある底部のみに

最初は金切りのこで切断しようかと思ったのですが・・・ステンレスって思いのほか切れないんですね・・・早々にギブアップ!(^^;

で、仕方なく、今度は・・・ブリキバサミで、結構厚みのあるステンレス水槽から、振動子の付いた底部のみをジョキジョキ切出す・・・

これがまた結構な握力が必要で・・・手がもうわなわなで力が入らない・・・(^^;

で、どうにかこうにか、底部のみに切断完了・・・

【使うのはこれだけ】
2544-05使うのはこの2つ

ってわけで、3Kでお釣りが来る超音波洗浄機が、早くも破壊され、原型を留めぬ姿に・・・

で、使うのは、振動子の付いた洗浄槽の底部と・・・制御回路の基板と・・・スイッチの付いた蓋部分・・・上の画像では蓋の下に基板が隠れてます(^^;

【洗浄槽の製作】
2544-06洗浄槽の製作

で、おつぎは、いよいよレコード洗浄槽の製作となるのですが・・・材料は、ちょっと割高になっちゃいますが、比較的加工が容易なアクリルを使うことにして・・・

部材を頭で想定した設計図?に合わせてカット・・・したのが、上の画像の部材です・・・

って、おいおい!そんなんで大丈夫なの?・・・いやあ、思い付きのプレ実験機なんで・・・まずは作ってみて、駄目ならまたやり直すしか・・・って、相変わらず無策ですな!(^^;

ま、それはさて置き・・・、おつぎは水槽側面のアクリル板に超音波洗浄機の振動子が付いた底部をはめ込むために・・・この楕円の形に穴を開けて・・・

って、簡単そうに書きましたが・・・実は、この作業が一番大変で・・・アクリル板にけがいた線にそって半田ごてで溶かして繰り抜き・・・この匂いが結構きつかった・・・で、溶けた縁をカッターとヤスリで必死に整形・・・もう腕と手の握力がヘロヘロ(^^;

【振動部を接着】
2544-07振動部を接着

で、くりぬいた穴に超音波洗浄機の振動部を接着・・・一応、振動をアイソレートするため、シリコン系の接着剤で・・・

今回、速乾性の接着剤を使ったので、晩ご飯を挟んで、2時間ほどでつぎの作業へ・・・

と、キリがいいので、今日はここまで・・・

いよいよ明日は組み立て・・・(^^;

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2624-cfc7ab3f