FC2ブログ

【2486】150411 大佐邸訪問(7)プレーヤーの存在が消えると・・・(^^; 

さてさて、今やデジタル再生一色の大佐邸・・・そう言えば、初めて大佐邸へお伺いした時は、丁度HB-1の導入を決められ・・・それまでのメインSPであるアルテックと両方があった頃で・・・何とその時はまだ、EMTのターンテーブルもありまして・・・

635】091122 トラウトマン大佐邸訪問(4)アナログ音源の厚さ・・・(^^; [2010/04/24]
【636】091122 トラウトマン大佐邸訪問(5)アルテックに酔う・・・(^^; [2010/04/25]
【637】091122 トラウトマン大佐邸訪問(6)最終話:HB-1再び・・・(^^; [2010/04/26]

まさに、アルテックからHB-1への変わり目であり・・・レコード再生からPCオーディオへの変わり目って時期にお伺いしてたわけですが・・・

オリジナル盤、プロモ盤、テストプレスとレア盤偏重になりつつあったσ(^^)私に・・・大佐が、私の見解は・・・と語られ始めた・・・

レコードの再生って、そのほとんどが、レコードプレーヤーの音を聞いているんですよ・・・以前、EMTを持っていた時は、レギュラー盤でも、これだけ鳴りますの?!って言うぐらい追い込んでいましたが・・・

っと、ここで、その追い込んだEMTで再生した信号をデジタルファイル化した音源から・・・アートペッパーのミーツザリズムセクションを再生・・・

おお!何とももの凄く濃くて分厚いサックス!・・・凄い!す晴らしい!・・・そう言えば、初めてお伺いした時、このめっちゃ濃くて分厚いサウンドも聞かせていただきましたね・・・

で、大佐いわく・・・これが、追い込んだEMTの再生をPCにデジタル録音したものなんですけど、前は、こんな感じで鳴らしてたんですが・・・やっぱりEMTの音が乗ってるんですよ・・・

でも、この後に、ターレスの音を聞いて・・・調整がキッチリ嵌って出音の音離れが強烈によくなって、SPの存在がなくなるって状態があるでしょう?・・・レコード再生でも、プレーヤーの存在が消えるっていう鳴りっぷりをするこもとあるんですよ・・・そういうサウンドをターレスで体験してして・・・

めちゃくちゃEMTは大好きなんですけど、今ある現実はしっかりと受止めないとあかん・・・・プレーヤーが行き着くところまで行くと・・・プレーヤーの存在が消えて・・・テープは、元の音はこうだんたんだと思える音に出会ったと・・・

だから、レコードにも装置にも、愛着を持ち過ぎちゃあ、あかんと・・・情が移って、こいつがかわいいから、音が悪いわけが無いって思ってしまっていたと気付いたと・・・プレーヤーでかけているという感じが無くなって、マスターテープにはこう言う音が入ってたんだと・・・

勿論、プレーヤーに盤を乗せて聞くって言う味わいまでも否定するわけでは無くて・・・現に、当初は、盤の寸前で針を浮かせた状態でCDを再生していたくらい、その雰囲気は好きでしたから・・・でも、突き詰めて行くとその存在が消える音が出るんだと知った・・・

っと、ここで曲は・・・ジェフベックのライブ・・・Performing This WeekからCause We've Ended As Loversを再生・・・

うひょう~!この咽ぶようなギターがめっちゃかっこよく、気持ちいいですねえ!(^^;

プレーヤーの存在が消えるって言うのを知って・・・その更に元になるテープを聞くというのは凄いと思いますが・・・その手間はレコードとは比べ物にならないし・・・まあ、それゆえレコードの方が普及したんでしょうけど・・・プレーヤーの存在が消える再生が出来ることを知って、盤に固執する必要はないと思ったとのこと・・・

それに・・・テープはもうほとんど入手はし難いじゃないですか・・・レコードの方がまだまだ入手しやすいですよね・・・

と、ここでファリアの三角帽子をかけられて・・・

おお!・・・なるほど!・・・クラシックがここまで部屋の空間を越えた展開で鳴るように、大変身したんですねえ!・・・(^^;

で、大佐は、このファリアの三角帽子をそのターレスのプレーヤーで聞いて・・・同じ盤を自宅のEMTでも聞いて・・・MTの存在はこれなんだと分かった時・・・EMTを手放す決心をしましたと・・・勿論Jazzを当時の味わいも出して聞くのには、凄く合うんだけど・・・プレーヤーは消えないと分かったからEMTを手放したと・・・

で、話変わって・・・Mt.T2さんのところは・・・っと、σ(^^)私にとって、凄く大事な話になったんですが・・・ちょと時間が足りない・・・(滝汗

なので、このつづきは、明日の最終章へ・・・

ってわけで、ちょっと短いですが、今日はここまで・・・つづきは明日に・・・

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2566-fbee094b