FC2ブログ

【2440】150215 I氏邸再訪問(2)克明ながら癒しのサウンド・・・(^^; 

さて、約6年半振りのI氏邸訪問・・・あまりシステムに変更はない・・・なんて言っちゃいそうな変更?・・・って、ちょっと待って!・・・プリもプレーヤーも変わってるやん!(^^;

ハハハ、でも同じLINNの機器同士の変更なので(^^;・・・見た目は、フロントパネルのセンターにちょっとシルバー部分が入ったくらい?・・・いや、同じメーカーで、デザインも統一感があるので、違いが薄いかも知れませんが・・・それでも、冷静に考えれば、プレーヤーとプリが変わってるんですから・・・恐らく聞き比べると、かなり違うはず!・・・(^^;

が・・・さすがに6年半も前の記憶との比較では・・・よく分かりません(^^;

ま、何となく以前の落ち着きよりは、少し明るく高域方向への抜けが増したかな?と思うくらいなんですが・・・って、日記上はまだ1曲聞いただけでしたね(^^;

ってわけで、直ぐに続きへ戻りましょう!・・・

で、おつぎにかけていただいたのは・・・ギターでビートルズの曲のカバー?・・・

【イョラン・セルシェルのプレイズ・ビートル】
2440-01イョラン・セルシェルのプレイズ・ビートル

イョラン・セルシェルのフロム・イエスタディ・トゥ・ペニー・レイン/ セルシェル・プレイズ・ビートルってCDから・・・Here, There And Everywhereを・・・なんでも、この演奏は、武満徹の編曲だそうで・・・

ガットギターの暖かな・・・それでいて語りかけるようなしっかりとした演奏で・・・ナイロン弦の少し哀愁を感じる艶と響きがとっても心地いいですね・・・

あ、そう言えば、以前伺った時の印象も、こう言う暖かくほっこりする感じだったような気がしますね・・・(^^;

で、おつぎは・・・ロックは、この後もかかるでしょうから、趣向を変えますということで・・・ここからはレコードと言うことに・・・

で、まずはJazzを・・・アルバムThe GREAT KAI & J.J.から・・・

【The GREAT KAI & JJ】
2440-02The GREAT KAI & JJ

おっ、このリズムセクション錚々たる面々ですね!・・・A面がポール・チェンバース、ロイ・ヘインズ、ビル・エバンスですって!・・・で、B面は、トミー・ウィリアムス、アート・テイラー、ビル・エバンスですねえ・・・

で、演奏の方は・・・冒頭のシンバルからリムショット・・・おっ!いい感じ・・・柔らかな独特の音色のトローンボーンが2機も・・・ベースのノリがめっちゃご機嫌ですね!・・・さすがに、著名な演奏家ばかりの編成ですね!(^^;

で、曲はThis Could Be The Start of Somethingから・・・Georugia On My Mindへ・・・

このトロンボーンって楽器は、基本的に構造からか?キツイ音がし難い?・・・ずっと非常に柔らかで暖かなサウンドに包まれてる感じで・・・

続いて、曲はBlue Monkから・・・Judyから・・・Alone Togetherから・・・Side by Sideへと・・・って、そうなんです、レコード片面全部聞かせていただいて・・・

いやあ、じっくりとじわじわ暖まる演奏で・・・ゆったりと癒されました・・・

で、おつぎは・・・Jazzボーカルで・・・アンバートンのニューヨークの想いから・・・

【アンバートンのニューヨークの想い】
2440-03アンバートンのニューヨークの想い

1曲目のNew York State of Mindを・・・

お、これ録音がいいですね・・・高域の方まで非常に無理なくストレートに抜けた感じで・・・シンバルのシャンシャンって音が、鮮度も音自体も非常にいい感じで・・・ボーカルの語りかけも非常に心地いい・・・

曲は続いて・・・You Started Somethingを・・・

うん、ボーカルの歌が、じっくり噛み締めるようにこちらに囁きかけてくる・・・ディナーショウ的スペース・・・ってか、スタジオ録音ですね・・・日本の音源ってことでしょうか?TRIOレコードって・・・

で、こちらも片面を全部聞かせていただいて・・・ま、それこそディナーショウを楽しませていただいたみたいな満足感で・・・

と、Gabacho師匠が・・・TRIOの自主制作だから・・・多分音がいいんですね!と・・・

いや、なるほど・・・そう言えば、この聞き疲れすることなく、それでいてボーカルやソロの機微も余すところ無く出されている感じは、あちこちのお宅に伺っておられるI氏ならではのサウンド作りって気が・・・

ということで・・・ここからはとっく色を高めて・・・

っと、残念・・・今日はここで時間切れ・・・なので、つづきは明日に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2519-989b3276