FC2ブログ

【2437】150214 横浜のM氏邸訪問(終)まるで究極音源のミニライブ・・・(^^; 

さて、ホント貴重な繋がり・・・音会師匠のIさんと、そこから新たに音友達となったヒモの師匠のGabachoさん・・・その繋がりのおかげで千載一遇の機会に遭遇・・・

今回いきなり参加させていただいた横浜のMさんのお宅で開かれたロック・オーディオ同盟の新年会・・・第1部では横浜のMさんが手塩にかけて育て上げられた愛器パラゴンの素晴らしいパフォーマンスをタップリお聞かせいただいて・・・プロが調整されたオーディオのサウンドプレゼンスをしっかり体感させていただいたわけで・・・

そのパフォーマンスを得て更に・・・究極の音源とも言うべき2トラ38をソースに・・・正にスタジオライブ体験のような奇跡のサウンドを聞かせていただいたわけで・・・

いやあ、ホントにサンタナにも驚きましたが・・・カーペンターズには・・・特にカレンの声の生々しさには・・・危険なほどの実体感を感じて・・・正に奇跡の体験!

とこれだけでも周りから羨まれるような感動体験だったんですが・・・ここから始まった第2部の凄い事といったら・・・(^^;

マスターの音を聞いてしまったからこそ、知ってしまった市販の大量生産メディアとの大きな隔たり・・・

ところが、レコードの場合はその製造方法に由来するのでしょうが・・・その源流へ遡った場合の奇跡の音との出会いがあるんですよね・・・

それが、この第2部ってわけで・・・

その道のコアな方々が、驚くべき情熱と愛を持ってめぐり合われた奇跡の盤・・・その中から選りすぐりの飛びっきりアイテムを次から次へとお聞かせいただいたわけで・・・

ホントこの音会では、危険な錯覚に陥る・・・ひょっとして世の中には、ファーストプレスどころかプロモ盤やテストプレスのようなぶっ飛びの究極サウンドの盤ばかりしかないのか?って勘違いしてしまうほどに、素晴らしい音源をつぎからつぎへとお聞かせいただいて・・・

いやあ、ホントに究極の音三昧って感じでして・・・

で、そんなぶっ飛びな体験の最後・・・Gabacho師匠のプレゼンタイムでは・・・もう、ホント驚きを通り過ぎて、呆れてしまうほど・・・

特に、昨日の最後にご紹介したクイーンのWe Are the Championsの冒頭にはもうゾクゾク!

曲が終わっての皆さんのコメントも・・・これは恐ろしいほどだな・・・ひえ~!なんて凄いんだ・・・っと大絶賛!

で、この盤は?との問いに・・・○○のテストプレスです・・・プロモ盤もお持ちだそうですが、全然違うそうで、このテストプレスの方が断然いいそうで・・・(^^;

で、昨日のお話につづいて・・・Gabacho師匠のプレゼンタイムの後半?・・・

おつぎは・・・多分、今日持って来た中で一番鮮度が高い盤で・・・フォリナーの「ダブル・ビジョン」すと・・・

っと、その盤は?との問いに・・・テストプレスですと・・・ハハハ、どうしてここにはそんなにゴロゴロあるんだろう?・・・信じられないなあ・・・と驚きの声があちこちから・・・

それじゃあ、1曲目を・・・と再生・・・

うわっ!・・・冒頭のギターの鮮度とドラムの生々しさと来たら・・・ホントこのドラムのキレとぶっ飛んでくる衝撃波と来たら・・・(^^;

って、それすら霞むようなボーカルの生々しさ!・・・なるほどGabacho師匠が今日一番の鮮度と仰るわけだ・・・ホント、横浜のMさんのシステムのパフォーマンスと相まって、まるでスタジオセッションかミニライブか?ってくらいの印象で・・・(^^;

で、おつぎは・・・B-52ってニューヨークのパンクのバンドなんですけど・・・買うなら絶対○○盤を買ってくださいと(^^;・・・

【B-52のRock Lobster】
2437-01B-52のRock Lobster

ジョンレノンがこの曲を聞いてハウス・ハズバンドをしている場合じゃないと、作られたのがダブルファンタジーだったと・・・なので、この曲がなければ、ジョンレノンは死んでいなかったかも知れない・・・ってそれだけ重要な曲だそうで・・・(^^;

おっ・・・ちょっとサイケな感じのするパンク・・・何とも微妙に面白いと言うか・・・めっちゃはじけた曲ですね!(^^;・・・でも、その鮮度や録音は、やっぱりGabacho師匠が推されるぶっ飛び盤・・・

で、これが最後の曲になりますと・・・

いつもプログレを1曲かけているので・・・プログレを・・・イエスのアメリカを・・・これは○○のプロモ盤でと・・・

うわっ!・・・これまた鮮烈・・・え?アメリカ・・・こんな曲だっけ?・・・ああ!サイモンとガーファンクルのアメリカね!・・・なるほど!それをイエスが歌ってるってわけか・・・ひょえ~!全く違う曲ってロックアレンジってことですもんね・・・でも、何はともあれすんごい鮮度の演奏ですね!・・・(^^;

で、曲が終わって・・・Gabacho師匠から・・・これで終わりですと・・・と、皆さんから、大拍手が・・・

いやあ、ここにくると、盤が好きな人は危ないですね・・・と、あまり鮮度の高い、素晴らしい演奏を聞かせていただいて・・・買うならこの盤をってレクチャーまで付いて・・・いや、ホント至れり尽くせり?なレコード演奏会・・・(^^;

どれもこれも、ホント凄い演奏、録音で・・・それをスタジオライブ的に聞かせていただいたわけですから・・・

いやあ、ホントに凄い!素晴らしい音会で・・・ホント貴重な体験をさせていただきました!・・・横浜のMさん、凄く楽しく、極めて貴重な音会体験をさせていただきました!・・・本当にありがとうございましたm(_ _)m

また、素晴らしい盤をたくさん聞かせていただき、楽しい時間をご一緒させていただいたご参加の皆さん、ホントにありがとうございましたm(_ _)m

是非、また機会がありましたら、ご一緒させてくださいませ~!・・・

よろしくお願いしますm(_ _)m

ってわけで・・・えっと、実際はここから横浜のMさんご贔屓の中華街のお店に移動して、第3部が・・・ハハハ、美味しいお料理とお酒もいただきながら、究極の情報交換にこれまた大盛り上がりで・・・この第3部でもホント貴重な情報やたくさんの気付きをいただいて、皆さんの考えもお聞かせいただいたりと、極めて充実した楽しいひと時に大満足・・・

重ね重ね、皆さんありがとうございましたm(_ _)m

と言うことで、この音会のお話はこれにてお終い・・・で、明日からはひきつづき?(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2516-576b3528