FC2ブログ

【2430】150214 横浜のM氏邸訪問(4)CDがというより・・・(^^; 

さて、σ(^^)私の音会師匠のIさんに繋いで頂いて、はじめて参加させていただいた横浜のMさんのお宅で、毎年恒例となりつつあるロック・オーディオ同盟の新年会・・・

横浜のMさんの愛機パラゴンのパフォーマンスを・・・何気に参加された皆さんが聞き覚えのあるダイアナクラールの曲でお聞かせいただいて・・・

そのプライベートライブやミニスタジオセッションさながらのプレゼンスに大満足!・・・で、その手応えから、更なるo(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクの期待に応えて・・・ベイシーのビッグバンドの素晴らしくご機嫌でカッコイイステージの再現に、大感激!(^^

アナログの魅力を再認識中のσ(^^)私的には・・・改めて、やっぱりアナログっていいなと痛感させてくれるサウンドで・・・既にちょっぴり興奮状態・・・

っと、それをご存知かのように・・・つぎはCDを軽く鳴らしてお話タイムにと・・・

で、おかけになったのが・・・ROSA PASSOSのAmorosa

【ROSA PASSOSのAmorosa】
2429-03ROSA PASSOSのAmorosa

っと、ご参加の方にはお馴染みのアーティストのようで・・・たくみ@深川さんが、ROSA PASSOSは、全部お薦めですよと・・・

で、話題はお薦めアルバムやお宝盤のお話がつぎつぎと・・・途中からはアルファベットと数字の暗号?が飛び交って・・・どの盤はどこの国のプレスのどのマトリクスって話題なんですが・・・ここにお見えの皆さんに共通語のようですが、無知なσ(^^)私には・・・(滝汗

【軽くCDをがemmのセパレート】
2430-01軽くCDをがemm?

と、その後で邪魔することも無く・・・でも、σ(^^)私的には非常に耳が引かれるサウンドが漂ってまして・・・ま、ボサノバって曲の雰囲気もあるんでしょうけど・・・

今のσ(^^)私的には・・・ああ、やっぱりCDってこう言う感じになるんだと・・・そう、非常に繊細で緻密に細かな表現、演奏も克明に展開されているんですが・・・非常に綺麗に整った佇まいがこの広いお部屋全体に、非常に気持ちよく広がる感じで・・・

均質で、もの凄く綺麗で細かな超微粒子が空間に展開するって言うか・・・やっぱりCD独特の音触って言うのがあるんだなと・・・(^^;

っと、話題は次第に、音楽制作会社サイドの驚くべき・・・と言うか、悲しくなるようなギャグのような実情とか・・・今の日本のレコード製作の驚くべき実情とか・・・そんな中でもせめて音源はアナログで録られていないととか・・・(^^;

いや、実はこの間の一番の話題は・・・どのアーティストのどのアルバムは、どこプレスのどのマトリクスが音がいいか?・・・でも、実はどの国のどのマトリクスが穴場と・・・アンダーな最新お薦め入手情報とかが飛び交ってたり・・・いや、ホント興味のある方には値千金の情報満載って感じで・・・(^^;

っと、今リクエストがありましたのでと・・・またまた画像はCDですが・・・

【Eva CassidyのSongbird】
2430-02Eva CassidyのSongbird

再びレコードの演奏をということで・・・Eva CassidyのSongbirdから・・・Fields of Goldをかけられました・・・

いやあ、いいですねえ!・・・σ(^^)私的には、ご本家スティングよりこちらの方が聞き馴染みがあるんですが(^^;・・・このボーカルにこのギターの音色、ホント気持ちいいなあ・・・ゾクゾク来ちゃいます!(^^;

で、1曲終わると皆さんから・・・いや、す晴らしい!・・・これホント素晴らしい!・・・録音もいいし・・・響きが綺麗だね・・・などなど、大絶賛・・・

っと、この後もと・・・つづけてWade in the Waterを・・・

おおお、いいですねえ!・・・澄んだ空間に綺麗にフィンガークラップのエコーが響く感じ・・・ボーカルが入ってくると、ボーカルのエコーとバックの演奏がもの凄くブルージーに空間を満たしてくれて・・・その厚みも濃さも全然違う!・・・(^^;

ああ、どんどん寂しくなって来ました・・・おさらいのためにうちで聞くCDの音とこの日の印象を比べると・・・(滝汗

って、つくづく比べること自体がナンセンスなのは分かってるんですが・・・CDだとホント綺麗に繊細な超微粒子的に空間が広がる感じで・・・音が薄く感じるんですよね・・・それも音が出てるところの厚み自体もそうですし・・・空間に展開される音全体も、前後感の点で薄い感じがして・・・あ、でも、結局これってCDが、と言うより、うちの音に足りてないところってことなわけで・・・(滝汗

で、曲が終わって皆さんからは・・・ライブ盤がレコードになってないのが残念ですね・・・ああ、Live at Blues Alleyですね・・・あのTall Trees In Georgiaとか凄くいいですよね!・・・あれのレコードが無いんですよね・・・あれのアナログマスターがあれば・・・(^^;

と、つづけて同じSongbirdから、People Get Readyがかけられて・・・

インプレッションズのカーティス・メイフィールドの作品で、ロッドスチュアートもカヴァーしてましたよねと・・・

うん、このキックドラムのドッて打音の炸裂感から空気のスッて引く感じとか・・・シンバルの厚みを感じる金属音とか・・・こう言う音ってσ(^^)私的にはJBLのイメージってかこの頃のJBLのウーファーとツイーターのイメージで・・・めっちゃ好きです!(^^;

それにしても、これだけ歌えるボーカリストが・・・何とも早すぎますね・・・もっとたくさんいい作品が作れていたでしょうに・・・

で、この後少々の準備の後・・・いよいよ・・・

あ、残念・・・今日はここで時間切れ・・・なのでつづきは明日に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2509-827114d7