FC2ブログ

【2400】150111 デッキ(X-10R)にリモコンを自作(実験編)・・・(^^; 

さて、年明け早々ヒモ族生活にどっぷり・・・って、それほどの音源がなくて、再びDSD5.6MHzのソースを録音して聞いてみたり・・・FMチューナーからの音を録音したり・・・

でも、やっぱりうちの環境では、たとえ4トラ19cmの市販ミュージックテープでも、デジタル音源よりはしっかりとした音楽が聞けるみたいで・・・

ま、それと何より、自力修復できたって事もあって?・・・ついついX-10Rのオートリバース機能を使いまくって、大喜び!(^^;

でもって・・・弄りたい病?工作熱?が出始めた?・・・ハハハ、何か弄りたい!

ってわけで・・・サービスマニュアルの回路図をみていて気が付いたのが・・・

リモコン端子・・・あれ?これって、スイッチ付けるだけで出来ちゃうの?(^^;

じゃあ、ちょっと試しにやってみよう・・・どうせ元は動かなかったジャンクだし・・・

ってわけで、パーツやさんで、使えそうな部品を物色・・・

とりあえず、本体にある操作ボタンと同じ数のスイッチと・・・動作表示用のLEDと・・・接続のケーブルと・・・一番肝心なのが、接続コネクタ・・・

ところが・・・ネットで検索しても同じような端子が全然見つからない・・・

何件かパーツやさんを回って見ましたが・・・どこにもない・・・ってか、元の規格が分からないので、たずねようもなかったりして・・・(汗

で、どうせ全然動かなかったジャンクだから・・・直接内部に半田付けしちゃえばいいかな?ってな安直な考えに・・・

【ユニバーサル基板にスイッチとLED】
2400-01ユニバーサル基板にスイッチとLED

ってわけで、まずは、入手してきたスイッチとLEDをユニバーサル基板に半田付けして・・・

でもって・・・RS232Cの20芯ケーブルを使って配線を接続・・・

【回路図見ながら現物合わせ】
2400-02回路図見ながら現物合わせ

それから、本体側のコネクター基板に、回路図を見ながらケーブルの半田付け・・・

【ケーブルの半田付】
2400-03回路図見ながらケーブルを半田付

で、トライ&エラーの現物合わせで、いろいろ繋ぎ変え・・・(^^;

と言うのも、本体の操作ボタンには右再生、左再生、POUSE、REC MUTE、RECとLED表示されるんですが・・・リモコンのコネクタには、右再生、左再生のLEDの回路がない!(@@;

あれ?・・・これないとどちら向きの再生か分からないじゃん!(^^;

ってわけで・・・リモコン接続のコネクタを利用することは完全に諦め・・・

本体操作部と全くパラレルに繋いじゃって・・・試して見ると・・・LEDが点いたり点かなかったり・・・

【現物合わせで調整】
2400-04現物合わせで調整

で、これまた現物合わせで、抵抗を入れて電圧調整を・・・(^^;

ま、毎度の、何かやってみれば、ひょっとして上手く行くかも?的なノリで・・・

何とか動いちゃうのが嬉しいですね!(^^;

【リモコン実験成功!】
2400-05リモコン実験成功!

ってわけで、どうにかこうにか、自作リモコン実験が成功!・・・\(^^)/

これで、ソファーに座りながら、曲単位で止めたり・・・

リバースのテープを貼っていないテープを、逆再生に切替えたり・・・

いやあ、何と便利なことか!(^^;

なんかアホみたい・・・わざわざクソ手間の掛かるテープを聞いていながら・・・ずぼらにもオートリバースのオープンリールに走り・・・

おまけに?・・・挙句の果てに?(^^;・・・リモコンを自作してまで付けちゃうって(^^;

ま、でも丸1日タップリ楽しんだ工作だし・・・その効果も充分なので・・・

σ(^^)私的には大成功!・・・ってわけで、このお話は、これにてお終い・・・?

明日は・・・更なる息抜きネタへ・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2478-d5a9c247