FC2ブログ

【2326】141012 オルフェのサンバ邸再訪(6)アンプの下にも静のインシュを・・・(^^; 

さて、ケーブル変更により、再生のバランスを整え、低域の締まりを改善し、鳴りっぷりよくなったオルフェのサンバ邸再訪のサウンドに・・・まだ先があると・・・

バランスよくストレートに出して、さらに出音のメリハリ、抑揚を出せば、音楽がグッと伝わると・・・SPのインシュをaetから静の新生品に変更し、なるほど、演奏の表現の幅がグッと広がり、音楽にグッと色取りが・・・

っと、アナログ再生タイムに入り・・・アナログらしい再生には、まだ何か足りないと感じられたのか・・・大佐が、アンプの足も変えてみましょうかと・・・

アンプの下は、かなり厚みのある御影石を敷いているが、これで振動は抑えられないのか?との問いかけに・・・多少重くても、振動モードを変えることは出来ても、抑えるのは難しいですよと・・・どちらかと言うと、敢えて音作りする道具だと・・・

ってわけで、アンプのインシュも、スパイク受けをaetから静の新製品に変えて・・・

【アンプのインシュも静の新生品に】
2326-01アンプのインシュも静の新製品に

と、ハムノイズが入りだして・・・どうやら、フォノ系にモーターのハムノイズが入り込んでいるようで・・・配線の取り回しとアースを触って、多少ハムノイズは小さくなった・・・

以前は、気にならなかったとのことで・・・フォノ系のケーブルの取り回しや、モーターの強化電源周りの配線の取り回しで結構変わりますよと、この場はそのままに・・・

で、アンプのスパイク受けをaetから静に変えて、どう変わったかを聞きましょうよと、再び、桑名のレコードから、同じ曲を再生してみると・・・

ほう!・・・中低域のグリップがいっそうアップして、バスドラやベースに重量感と弾力感が出始め・・・ボーカルも重心が下がってボディの存在が出て来た・・・バックのコーラスが滑らかに透り、力加減がよくなり、リアルに・・・曲のノリが明らかにアップ!

と、皆さん、濃くなりましたね・・・コーラスがちゃんとバックで一緒に歌ってる感じが出てきましたねと・・・

ハムが出始めたのは、インシュ変更で、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになったからか?との問いに・・・それは、全く別の要因で、ハムは、当日の電源環境とケーブルの取り回しとかでコロコロ変わるもので・・・再生パフォーマンスアップとは関係ないと・・・(^^;

で、アンプを変えるとなると、とんでもない出費になるが、スパイク受けの変更だけで、まだまだこれだけ音楽が魅力的になるようになったわけで・・・根本的に調律が出来ないままに機器を変えても、何ら変わらないと・・・

結局、剛のもの同士を組み合わせても皺の位置を変えてるだけ・・・柔と剛のバランスを取ることで、色んなジャンルの曲に対応できるようになると・・・

じゃあ、オリジナルのゴム足のままの方がよかったのか?との問いかけに・・・いや、それもケースバイケースで、どう調整するか?調律するか?ってことだと・・・床からの振動おあるし、再生音で振動の影響も受けるし、機器自体の電流の流れによる振動もあるし・・・どこでどうやって調整するかってことで・・・

【Alexandra Stan の Mr Saxobeat】2275-02
2275-02Alexandra Stan の Mr Saxobeat

ってわけで、再び持参CDをと・・・Alexandra Stan の Mr Saxobeatを・・・

あ、これは、最初のバランスからは、随分中低域に重心と厚みが移ってるはず・・・もし、この日の最初の音で聞いてたら、もっと高域重視で、バスドラに力は無かっただろうと思われる・・・このバスドラの重量感、弾力感は、曲のノリを一気に倍増させますね!(^^;

うちもこんな感じにこの帯域が出るようになれば・・・今のうちの音は、大分重心は下がってきたけど・・・遅いんですよねえ・・・だからとにかくもっさりしちゃって・・・(滝汗

っと、ここで再びdaisiさん持参のCDから・・・大滝詠一のSong Book IIから・・・

【大滝詠一作品集Vol2】
2326-02大滝詠一作品集Vol2

小林明の歌で、熱き心にを再生・・・

ああ、これって大滝詠一の曲だったのですね・・・農家出身のσ(^^)私的には、ついつい農機具のCMが頭に浮かんでしまうんですが・・・(^^;・・・って、いやいや演奏や歌のそのものの直接の音とエコーや空間の音の違い、差がしっかり分かれて聞こえると言うか・・・直接の音がしっかり鳴るんで、曲の盛り上がりやバックの盛り上げがとっても分かりやすく、自然と曲に聞き入ってしまいますね・・・

で、つづいてもdaisiさん持参のCDで・・・こちらも大滝詠一がらみで・・・(^^;

【こちらも大滝詠一がらみ】
2326-03これも大滝がらみのCD

えっと・・・ナイアガラフォーリンスターズのレッツ・オンド・アゲインから・・・信者のオルフェのサンバさんもはじめて聞かれるとのことで・・・空飛ぶカナヅチ君を・・・

へえ!こういうのもやってたんだ・・・ああ、なんか色々な曲のエッセンスが・・・で、ああ大滝詠一の曲なんだって分かるのが凄いですね・・・

と、信者の方々は・・・ロケットはどっち向きに飛んで行った?と言う点を・・・(^^;

で、おつぎは・・・っと残念、今日はここで時間切れ・・・

って分けで、つづきは明日・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/2402-489c2e41